耳寄り情報

2017年04月07日

1875年創業の我が社
滋賀の甲賀の牛飼という田舎で創業
《前挽き鋸》を製造していました
素材は島根の安来から玉鋼を仕入れ
それをフイゴで熱して叩いて伸ばしていました(鍛造)
板にしたら刃を付けて、焼き入れ
背の所をしっかりさせる様に叩きます
硫酸で酸洗をして、砥石で研磨します
ざっとこんな工程で出来上がりです

その前挽き鋸がNETオークションで出ていたそうです
親しいN物産の部長が落札したとの連絡がありました
昨日現物を持参してくれました
P1180553
過去の経営危機の時に
すべて処分をしてしまい1枚も手元にありませんでした
創業123年記念冊子を作る際、様々なルートに手を廻し
10枚10万円で購入した前挽き鋸
たった1枚天彦銘がありました
それとは比較にならないほど今回の物はきれいに保存されていた
北海道の開拓に使われたものと思われます

何よりうれしいのは部外者が気に留めていてくれたことです
P1180549
















実は5月6日に封切りさせる映画【たたら侍】
この玉鋼がテーマになっています
業界が協賛していますが前評判は高いそうです
谷野社長、村上先生 006


tenhiko1875 at 16:47コメント(0)トラックバック(0) 

2017年01月31日

西宮戎で一番福の福男がわが社に来た!
1月30日8:30朝礼開始後数分して
突然ドアが開き黄色い法被姿の男性が福の字の額を抱えて入ってきた
何時ものように朝礼をしている最中の出来事
本来の朝礼はすっ飛んでしまった感じ
大サプライズ!
(実は仕組んだ張本人は私)
『みなさん!今年の福男が福をまき散らしに来てくれました^0^』
『存分に福をもらってくださーい!』
スマホのシャッターがあちこちで
やっとみんなが何が起きているのかを察知したよう
P1180429








石切・福男 024福男の鈴木隆司君(専修大学)
「みなさん、この度福男になりました鈴木です よろしくお願いします」
パイロットを目指している彼
中々の好青年
神奈川出身の彼はテレビ等で知り、一度出てみようと夜行バスで西宮入り
1月10日午前0時のくじ引きで5番を引き
見事、一番福をゲットしたらしい
手に持っている福の字は村上画伯が毎年書いて贈られる

厳しい環境が予想される今年、この福男にあやかりたい
P1180441
P1180430P1180431P1180432P1180433P1180434P1180435

tenhiko1875 at 14:13コメント(0)トラックバック(0) 

2016年11月07日

坂本先生の新刊が出ました
11月10日出版です
先行で買って読みましたが、参考になりました
驚いたことにわが社の事、経営の師の東海バネ工業の事も掲載されていました

是非皆さんお読みください


_SX338_BO1,204,203,200_[1]

tenhiko1875 at 14:53コメント(0)トラックバック(0) 

2016年09月03日

8月27日、28日で駒澤大学で開催されました
定員300人に対して320人の参加者
如何に日本の経営が変革しようとしているのが分かる

28日理事会に続いて総会が開かれました
坂本会長のあいさつ
学会・台湾 004「経済産業省、厚生労働省に続いて総理大臣も注目しだしました。この国が勝ち残るためには、人を大切にする経営が一番・・・」

ただ、学会と言いながらこの考え方に共鳴する学者の数はまだまだ少ない
『人を大切にする経営』は理論より志が優先される
また、この経営にマニアルは無く
その経営者の得意な形で展開されます

有名な″伊那食品工業”をそのまま真似ても成功しません
凄く奥深いものです

続いて基調講演です
1.帝国ホテル 小林会長
2.島根電工 荒木社長
3.双童日用品有限公司 楼董事長

学会・台湾 006特に帝国ホテルの会長の話は聞き入りました
日本の迎賓館と言われるホテル
その価値の追求は中小企業も大いに参考になる
東日本大震災の時に帰宅できない都民に開放した話は恐れ入りました
本当に帝国ホテルが好きな社員集団であることが分かった




島根電工も双童さんの話も素晴らしかった


翌日は分科会
何と私は第一分科会のコメンテーターに指名されました
学会・台湾 010学会・台湾 011
この様子はご想像にお任せします


tenhiko1875 at 14:47コメント(0)トラックバック(0) 

2016年08月16日

「日本でいちばん大切にしたい会社5」が出版されてから大きな変化が起きています
その一つに東京MXテレビから出演依頼がきました
月島のスタジオで収録がありましたが
8月1日に放映されました
関東地域以外へは翌日からYOUTUBEで流れています

下記アドレスでご覧ください
(笑ってください

https://www.youtube.com/watch?v=22M_TXmyKDs


_DSC2554

tenhiko1875 at 11:55コメント(0)トラックバック(0) 

2016年07月19日

大切なお客様の新事務所に行きました
東海バネ工業さん、福島区から阿波座に移転されました
ワンフロアの素晴らしいオフィス
村上先生・東海バネ 006あちこちに新感覚
経理以外はフリーデスク(ノンアドレス)
好きな時間に中央でアナログ会議をする
中央には大画面テレビがあり
兵庫県豊岡工場と常時つながり
テレビ会議が出来るシステム
双方へ出向いての会議が不要となり
生産性の向上に繋がるという





村上先生・東海バネ 007頭の整理が出来るように
フリースペース
心理学を汲んだ配色
憎い限り
人材採用にも大きな効果をもたらしそう








奥にある会議室はシックで落ち着いた空間

村上先生・東海バネ 019そこへ富士山を
弊社よりお祝いとして贈らさせて頂きました
あの気功の村上画伯の逸品
絵のタイトルは
『百扇舞う吉祥富士』
壁に設置したら
「おーっ!凄いパワー」
会議室中に気が漂う
「大発展間違いなし!」
この先生の絵を飾られた企業やお店は
全て繁栄の方向です


実は弊社の玄関にも・・・・
あやかります

tenhiko1875 at 16:01コメント(0)トラックバック(0) 

2016年06月17日

6月14日初めてスタジオでテレビの収録を経験しました
東京の隅田川沿いの月島撮影所
東京MXテレビ 9チャンネル
『未来展望〜百年の計〜』毎週月曜日20時〜30分番組
今回の収録は8月1日20時〜放送されます
東京以外はYOUTUBEで流されます


控室に14:45到着
台本を渡され目を通す
控室で脚本を若い担当者と打ち合わせ
「この内容どおりに話さないといけないの?」と私
『出来るだけお願いします。ただ、MCが流れを作りますので・・・』
「覚えると忘れた時に慌てるので、私なりにさせて欲しい」
『そうしていただけるならその方が自然ですから良いと思います』
大きな流れだけ把握して臨むことに

『それではスタジオへお願いします』
いよいよかー!
カメラテスト『カメラ調整します』
スタジオ内には10名くらいのスタッフが
いずれも若い人達
『メイクさせていただきます』
額の汗を拭いて
『このままで大丈夫です』
ドウランでもされるかと思っていましたが・・・





二人のMCが入ってこられた
元フジテレビの長谷川豊さんと
元日テレの阿部哲子さん
ディレクターと打ち合わせディレクターが来て
『第2部からスタートします。モニターで案内しますから』
「どのカメラを観るのですか?」
3台のカメラが配置されているので聞いてみたんですが
『お二人のMCを見て話してください』
カメラ目線はダメなようでした





『では本番3秒前!3、2、1ハイ』
阿部さん『本日のゲストは(株)天彦産業の樋口社長です』
長谷川さん『よろしくお願いします』
長谷川さん『ところで社長は学生時代、モノマネ芸人を目指されてたんですか?』
私 「・・・・・・・??????」
まさかの展開
阿部さん『どなたかのモノマネお願いできますか^0^』
私 「番組の趣旨が変わるのでは・・・・^0^」
と言いながら
ある方のモノマネを(放送で見て下さい)
MC二人とカメラさん他スタッフも大うけ
完全にヒートアップ
この後の喋りに火がついて
喋りまくりました
(どんな編集をされているか・・・・)

最後に二人のMCさんとスリーショット
阿部さん・長谷川さんと本当にすみません
余りの上手い振りに
喋りまくり
でも、しっかり社員自慢は出来たと思います

tenhiko1875 at 11:37コメント(0)トラックバック(0) 

2015年12月26日

夢のような出来事で新年を迎えます
「日本でいちばん大切にしたい会社5」坂本光司著(あさ出版)に
なんと!我が社が掲載されました。
1月16日発売!
おそらく平積みで並んでいると思います
南港南・著書 024











南港南・著書 025





2005年6月5代目を拝命した私ですが
経営の方向に自信が持てませんでした
2008年12月
“おはようパーソナリティー道場洋三”を車中で聴いていたら
「日本でいちばん大切にしたい会社」(新刊書)を紹介していました
思わず自分の目指す経営だ!と大声で叫びました
すぐに買って読もうとしたら売り切れてました
予約しました
手元に入るなりむさぼり読みました
涙が止まりませんでした

その年の12月24日
本の最後にアドレスがあり、早速メールを入れました
『迷いが解けました!ありがとうございます・・・・・・・』
なんと2日後に坂本先生から電話がありました
「あなたの会社に直ぐに行きたい!」
腰が抜けそうになりました

2月9日に来社
「あなたは正しい経営をしています。ずっと続けて下さい・・・・」
この言葉が今日の私を創ってくれました

そんな出会いから7年
まさかわが社を掲載していただけるとは夢にも思いませんでした
140周年の今年でしたし
新年は150年へのスタートの年です
本当に感謝しかありません


tenhiko1875 at 19:34コメント(0)トラックバック(0) 

2015年11月20日

遂に完成しました
140周年記念冊子が出来上がりました
記念誌トキメキ委員会さん
ご苦労様でした
そして
ありがとう

8月22日の記念式典の後
三か月という短時間で完成させてくれました

本当に素晴らしい

中身の充実ぶりもプロ級









坂本光司先生との対談も掲載させていただきました
P1150492

tenhiko1875 at 11:46コメント(0)トラックバック(0) 

2015年10月23日

10月20日、21日と小豆島に行ってきました
人本経営の小林先生からお誘いを受けて、家内と行きました
初めての小豆島です
四国には高知をはじめ4県には何度となく行ったことがありますが
不思議に小豆島は機会がありませんでした

電車で行くとしたらどこから行けばいいの?
神戸?姫路?岡山?高松?
新幹線ルートだから岡山からと決めていました
いずれにしても船を使うわけですね

今回宿泊するのは
有名な予約の取れない宿
“島宿真里”http://www.mari.co.jp/

その店主・眞渡さんに電話で行き方をお聞きしました
「高松からの方が便数が多いので良いですよ」

高松の駅に着くと目の前が港
素晴らしい景観です
行先は池田港へ

オリーブ 001眞渡さんがお迎えに来てくれていました
池田港から見る景色はオリーブの木だらけ
緑や紫の実が一杯
今が収穫のシーズン
世界一のオリーブオイルが摂れるという

中でも高尾農園さんで生産現場を見せてもらって
絞りたてのオリーブオイルの味は驚き
日本酒造りに似ている
上澄みも飲ませてもらった
オリーブオイルの常識が変わりました

ミカンは1圍械娃葦澆杷磴錣譴襪
オリーブは1圍隠横娃葦漾
1本の木から40埃穫できることがあるそうです
島中オリーブの木だらけになるのは分かる

小豆島と言えば
オリーブ、そうめん、醤油

小豆島 012醤油屋さんの屋号は
山か金だそうです
有名なメーカーでマルキン醤油があります
今回は『正金醤油』さんに案内してもらいました
http://shokinshoyu.jp/gaiyou.html
社長が自ら案内してくれました

昔ながらの木の樽造り
120樽あるという

工場に入ると何とも言えない醤油のいい香り
小豆島でこのような伝統的な木の樽造りは1割以下
大半がステンレス製のタンクを使って量産している
正金さんは本物造りに拘っておられた

小豆島 011上から見ると凄い
このフロアだけで33樽あるという
薄口、濃口、もろみと調合段階で出来ている

島宿真里さんの夕食に4種類の醤油でお刺身を頂きましたが
全て正金さんの醤油
何とも言えないコクがあり
深みのある味でした
もろみ醤油はきっちりゲットして帰りました









小豆島と言えば
なんといっても
二十四の瞳
映画村に足を延ばしました
レトロな校舎が
小学時代を思い出しました
雑巾がけをした廊下が懐かしいです

良く叱られたなー
小豆島 020小豆島 022





tenhiko1875 at 14:28コメント(0)トラックバック(0) 
Profile
社員の本音はこちら