お取引先のお話

2012年06月14日

重要お得意先の東海バネ工業さんが70周年を迎えられた
先日、その記念式典がホテル阪神で行われました
全社員とOB社員を中心に開かれました(東和会として参加させて頂く)
何と言っても69期連続黒字で70周年!信じられない企業です

式は私の経営の師『渡辺良機社長』の挨拶から始まった
「こうして皆さんと共に喜べる日も持てたことに感激しております。・・・・・・・・・(中略)
東海は社員のための会社です。あと30年で100周年、皆さんのための素晴らしい会社にしていきましょう。」
一言一句が感動を呼ぶ
師は常々教えの中で
「経営に裏技はない。いかに社員のモチベーションを上げるかや!」を強調される
続いて行われた永年勤続表彰や資格獲得表彰を観ていると分かる
永年

活き活きとした社員さんたちの顔
満身の笑みで手渡す渡辺社長の顔
因みに一級の国家資格を取った人には、アメリカ旅行と支度金が授与された(凄い!

この後、記念の基調講演が行われた
一橋大学の古川教授と元東大教授の片平氏
片平

双方とも、東海バネが躍進している理由を分析された
この話は非常に参考になりました
我が社にも取り入れたいことが沢山ありました

続いて懇親会へバネット

あちこちに企業キャラクターの“バネット君”が見える
・・・・そらモチベーション上がるわ!・・・・

最後にみんなの顔が映っているパネルにサインをしていきます
写真

社員のための会社
永遠に彼らの中に残っていくでしょう

次はわが社の140周年や!
社員とその家族を中心に立派にやりたい!


tenhiko1875 at 11:46コメント(0)トラックバック(0) 

2012年05月02日

平成24年春の褒章が発表された

私が経営の師と仰ぐ『渡辺良機 東海バネ工業社長』が受賞された
渡辺

73年入社(創業者に見込まれて、ヘッドハンティング)
84年に社長に就任された
今年創業70周年を迎えられる
現在、69期連続黒字を続けられている
『競争しない競争戦略』、『言い値で買ってもらう』等の経営哲学で
多品種微量の受注システムを展開されている
東京スカイツリーやH2ロケットなどの重要な所に使われている

師が常に仰る言葉を常に頭に置いている
 『経営には奇策も裏技もない。社員のモチベーシヨンを10%上げたら業績は上がり、 逆に10%下げたらすぐに会社は傾く。』
身に染みて感じる言葉です。

今回の受賞は我がことのように嬉しい限りです



tenhiko1875 at 10:10コメント(0)トラックバック(0) 

2011年12月08日

2年毎に行っている3社の忘年会が5日開催された
台湾で超優良企業の
春源鋼鐵さん http://www.cysco.com.tw/
今年も董事長以下幹部5名が来日され
日新製鋼大阪支社から支社長以下5名とわが社から7名
総勢19名の忘年会となった
会場心斎橋の大成閣
一寸広い目の会場

李董事長先ず李董事長の挨拶
『3.11東日本大震災のお見舞いと1日も早い復興をお祈りします・・・・』
実は震災直後に多額のお見舞いを日本赤十字に頂いています
感謝します
金金君が同時通訳
感動で詰まる場面も

中尾支社長社長大阪支社長に続いて私が歓迎の意を



この日の設定は半年前に行われた
というのもカンペイに使うお酒を集めるのに時間が掛かるからです
台湾でもレアで超高級なお酒(コウリャン酒)
なんと56度
この日5本を飲み干した
春源さん一行は大阪と東京で5日連続で忘年会を
(正に三方良しを経営理念にしておられる)
約40本を持ち込んだという
月に10本集められないらしい

乾杯杉原我が社の杉原常務が
シャンパンで『日本式で乾杯!』






その後は全て56度で台湾式カンペイ
台湾から持参されたショットグラス
この人数で5本/720mlは多い
カンペイカンペイ1カンペイ2




あちこちでカンペイの嵐



カンペイ3カンペイ4カンペイ5







友好の輪が広がる

3姉妹カンペイ6
毎回そうだが
このひと時が何とも言えない
心の通う付き合い
これをベースにしている実感がでる

この後、金君の企画でビンゴ大会
ビンゴビンゴ2ビンゴ1












被り物から
K−POP カラーのカレンダー
常務にあたったのは『本日のイケメン』のタスキ
どっとうけた!

取引が始まったのが1975年
我が社の創業100周年の年
以来36年
深い絆でお付き合いさせていただいている
改めて感謝と誇りにしたい


tenhiko1875 at 18:53コメント(0)トラックバック(0) 

2011年08月04日

天彦タイでお付き合いのある蟷獲枩叉http://www.sanyoseiki.co.jp/は
平成12年からスタートした更生会社から本年6月終結された
その記念式典が仙台の秋保温泉の佐勘で行われた(7月15日〜17日)
社員約200名と来賓100名の300名を集め開催
仙台と言えば東日本大震災の爪痕残る地
『なにか支援できるかも・・・』と渡辺管財人の提案で決定
代表取締役会長として、経営を続投される渡辺会長
再建の過程は凄いの一言!
本この著書にその中身が綴られている
読めば読むほど奥深い内容
社員の力の偉大さを本当に感じられています
わが社の経営に大いに参考にさせてもらった







記念式典
初日 各種社員表彰式
   トミー・スナイダーLive
   懇親会
2日目各部署の改善提案発表会
   記念式典
3日目記念コンペ


稲作会場トミー






渡邊会長とは何度か話す機会があり
エキスを沢山いただいた
会長と『弁護士は人の心が分からん奴がなってはいけない
最近の弁護士は私欲に走り過ぎ
何を求められているのかが分かっていない』
力になるのは社員と豪語される
あらゆる活動に個人資金を入れられている
『何でも経費でやれるほど育ってないから』
平気で語られる

トミーとトミーは渡邊会長を尊敬していると
この日も住まいのパリから直接来たという
人脈の広さは普通でない
元ゴダイゴの彼
ガンダーラはやっぱり素晴らしい


記念式典で役員の皆様が挨拶されたが
其々に感慨深いものが伝わってきました祝賀会祝賀会1







最終日の記念コンペで
なんと!優勝してしまった
凄い縁を感じました
今後ともよろしくお願いします


tenhiko1875 at 16:51コメント(0)トラックバック(0) 

2011年07月01日

上海天彦と密接な関係でお取引のある“富康機械有限公司”
毎回ここには立ち寄ることにしている
市内から約1時間の経済特区にある
上海汽車の元技術部長の浦さんが独立して経営している
弊社設立以来のお付き合い
必ず、昼食時間に合わせて行く
上海のどの高級レストランより、ここの昼食は美味しい!

ふこうこの日は松本君と同行
なんと上海ガニを煮つけで用意してくれた
調理は弟さんの浦さん
カニ味噌が絡まって最高の味付け
旬は11月だから煮つけが一番という
まさに、暴れ食い

小エビの踊り(白酒53°に漬け込んである)
甘エビのように子持ちで、美味だった
白酒とのハーモニーは何とも言えない
暴れ食い・・・・
(帰国後、お腹の具合が・・・これが原因か?

富康野菜料理やスープは林ママが
わたしと同い年の1949年生まれ
妙に気が合う
この方の味付けは抜群!
レストランと違って、油の使用を控えている
カニといい、鳥といい、野菜といい素晴らしい
『ハウツー、ハウフー
わずかな手持ちの中国語で・・・・
toで取引している
万国共通のコミニケーション
私にはこれしかない


tenhiko1875 at 13:14コメント(0)トラックバック(0) 

2011年05月25日

京都で成功している企業は凄いところがある
任天堂、日本電産、オムロン、京セラ、ワコール等々
今回講演を依頼された人材経営の会の一社
山本精工http://www.hilltop21.co.jp/にその可能性を感じた
5月21日(土)経営方針発表会
午前中は経営側から具体的に決算報告と年度方針を示される
山山本副社長
彼は京都の大学の講師も務めている
常々言っていることは
『楽しくなければ仕事じゃない!』
試作Netで有名
短納期で設計、試作まで提供する
素晴らしいビジネスモデルを展開している


日常はフリーな雰囲気の会社も今日は正装
『1年のうち今日くらいは・・・』と副社長
山1ピリッとした空気が流れていた
山2午後は各部署の発表
前期の報告と今期の目標を
驚いたのは、全員が発表するスタイル
パワーポイントを使って
正面をしっかり向いた堂々とした姿勢

全員経営、参画意識の強さを感じた
わが社に取り入れたい所は沢山ある

依頼された講演はこの後、第2部
山3逢人夢セミナーとして
先月クリロン化成さんの岡山工場と同じ内容を話した
土地柄か、企業風土か
反応は違った
「仕事そのものは楽しくない!その周辺の充実が楽しく見せる」
表現は違うが副社長と考え方は同じ
私の人生観を話させてもらった

山4続いて懇親会に
最上階に食堂がある
超高級レストランと勘違いする
都給食(西嶋社長)が入られて
和食、イタリアン等が一杯並ぶ
クイズ大会ありのとにかく和気藹々
茶髪、でっかい指輪のS部長
耳にピアスのT部長
茶髪モヒカンのEマネージャー
ほんとに自由人揃い
『何にも規制のない会社ですわ』と副社長
山5女性の活躍の場も一杯
キラキラした目で話しかけてくる
何人と話したか覚えていないが
時計を見ると深夜1時
なんと7時間の懇親会



京都の成功企業に
大化けする日は近い


tenhiko1875 at 15:49コメント(0)トラックバック(0) 

2011年04月11日

桜満開の岡山に行ってきました
4月9日土曜日 快晴
場所は『人材経営の会』の発起人会社でもある
クリロン化成・岡山工場http://www.kurilon.co.jp/
私の準備不足で岡山駅にお迎えに来ていただくことに
(土井さん、福田さんホンマにすみません
工場までの両脇に満開の桜並木が
岡山経由で高知に時々行くことはあるが
岡山で降りるのは久しぶり
本当は結構思い出の地かも・・・
結婚前に牛窓に行ったことがある
(もちろん今の嫁さんと・・・

工場に着いたのが40分遅れ
(申し訳ない・・・・
子会社の『有・桃太郎製袋』がその会場
約30名が待っていてくれた
開会まず最初に
栗原社長に私を紹介していただいた
この社長は工学博士
私とは正反対に頭脳明晰
私は口から先の社長
余りある紹介に冷や汗


セミナーいよいよ90分1本勝負のスタート
『話の流れを説明します
まず天彦ってどんな会社なん?
次にこのおっさんはどんな奴なん?
最後に皆さんが
おえりゃーせんのー
と受け狙い・・・みごと滑る

気持ちを立て直して
前にいる皆さんを見ると
本当に真面目な人たちばかり
授業を聞くかの顔つき

『こんな生き方もあり?』
私の人生観を話をすることに
ここからは吉本新喜劇流
受け狙いの連発
もうお構いなしの独壇場

車座2部の車座で質疑応答
事前にいただいてた質問は真面目そのもの
(どうしょう…トンチンカンな答えしたら・・・)
そこは私をよく知っている福田さんが司会
うまく繋いでくれました


途中から皆さんの目が変わってきたので
本当に気合が入りました
自分の社員に話しているかと勘違いしたほどでした

そして大好きな懇親会へ
瀬戸内の旨いものを集めた居酒屋さん

懇親会両手に花
『乾杯!』木村課長の発声
私の前には矢沢永吉(息子2人もはまり込んでいる)風
斜めに井出らっきょ風のスキンヘッド
並びにはおぎやはぎ風のそれぞれ班長が
もう壁が突破られた
エニアグラムで花が咲く
うらやましい限りの良い奴らばかり
時間の経つのを忘れ
なんと11時半
5時間の懇親会
最高の岡山
生涯忘れることはない

tenhiko1875 at 14:16コメント(0)トラックバック(0) 

2010年11月29日

半世紀にわたるお取引先である
株式会社 近正さん http://www.chikamasa.co.jp/
このほど創業100周年を迎えられた
トッカーノ
イメージキャラクターはブラジルの国鳥『トッカーノ』
現相談役が30数年前にミッションでブラジルへ行かれ
そこで見たトッカーノを採用されたそうだ
特徴ある嘴は現物もカラフルらしい






11月25日リーガロイヤルホテル堺で祝賀会にご招待を受けました
近正1
来賓の数は250人を超えていたと思う
お祝い太鼓の披露で始まった
2代目の相談役
3代目の会長
4代目の現社長と
夫々素晴らしい実績を残されている

帝国データーによると
創業100年以上の企業は約22,000社
全体の 0.3%だそうです
内製造業は5400社と言われている
創業して10年以内に消える企業は90%
いかに凄いことかわかる
おまけに
2009年のリーマンショック時に
過去最高の売上、利益を上げられ
更に今年は増収増益の予想
素晴らしい企業の近正さんと半世紀にわたってお取引させていただいている
改めて感謝したい

社訓・心得を読ませていただくと
正しい経営をされているのが分る
社員と想いを共有し、一歩一歩実現されている
学ぶことが一杯だ!

中締めのご指名を頂き
V字に拡がる
近正さんバージョンの万歳三唱で〆させていただいた


tenhiko1875 at 17:49コメント(0)トラックバック(0) 

2010年10月29日

10月27日 17:00〜
第17回天晴れセミナーを大会議室で開いた
今回の講師は米谷印刷工業株式会社・米谷社長です。
http://www.p-yonetani.com/
熱弁米谷社長との出会いは
大阪産業創造館の異業種交流の場からです
100名くらい来ておられた中で
同じテーブルになり、話をさせてもらった
企業理念『徳して得とれ』
この話に完全にはまり、共鳴しました
中でもユニークなユメール封筒の話
即、わが社に取り入れる約束をしたのが昨日のよう

あれから2年、友好を温めさせて頂いた。
いつかは天晴れセミナーにお呼びしよう
そう社員と約束していました
やっと実現
セミナー全体難病む90分ぎっしりの講演に
食い入るように聞いていた
前半はユメール封筒の話
後半は自らの人生観を話していただいた
お父さん(現会長)の話は特筆ものだった
縁の大切さ
目標の持ち方等、エキスが一杯の話
懇親会
懇親会でも質問の嵐
あっという間に予定時間が過ぎていた
異業種の話は本当に参考になる

社員の感想文の中から一部紹介
『天晴セミナーでは楽しいお話を聞かせていただきました。「徳」になる行動
をすればいずれは自分にも「得」がかえってくるという部分では、自ら行動
することで良い循環が生まれると理解しました。
懇親会では、社長という立場は「タイミング・距離感・バランス」が必要だ
と教えていただきました。
「社員とは気持ちをリンクしながらも良い距離感がなければ厳しいことも言
えない、伝わらない。だから社員のプライベートは聞かない」
「自分はラクビーの監督のようにフィールドで動き回っている選手(社員)
が自分たちで考え行動できるよう、フォローにまわり小さな石ころ(問題
点)があれば拾い、選手(社員)が安心して活躍できる場を提供する」
「「情報があがってこない」は自分が上から目線だからでる言葉。下にいれ
ば自然と情報は降りてくる」
など、なんだか目からうろこな言葉がたくさん聞けました。
とても楽しい時間で時が過ぎるのを忘れてしまうほどで、名残惜しい気持ち
でした。
またこのような機会があれば、お話をお伺いしたいと思います。
ありがとうございました。』


tenhiko1875 at 14:20コメント(1)トラックバック(0) 

2010年04月27日

先週は月火と新潟で、金土と呉に出張でした。
いずれも日新製鋼さんや三井物産さん、日本鉄板さん等仕入先への訪問でした。
大手企業はこの時期になると移動があります。その挨拶をかねての出張です。
新潟は長女と同行でした。
実は彼女がWebビジネスでは画期的といえる刃物製品を受注したのです。その打ち合わせのため、メーカーさんに行きました。
思いもかけない父娘のビジネス出張、道中妻からメールが
「母の立場で言わせてもらうと、父娘で一緒に出張に出るなんて夢のようです。こんな風に、導いてくれたすべての事に、感謝の気持ちで一杯です^0^」
ポイントをしっかり付いた商談を側で見ていて
(娘が営業として、成長している・・・信じられない)

新潟関連会社の野水鋼鐵店の武田社長がしっかりセットしてくれていたし
懇親の場を含めて、非常に充実した2日間だったと思う
娘にとっても、初出張がこんなに充実したことで、大きな自信になったに違いない

週末は広島の呉に新宮君と出張
メインの仕事を終えて、日新製鋼の呉製鉄所へ
2年ぶりの訪問
セットをしてくれたのは友人付き合いをしてくれているYさん
私の意志を心底理解してくれている。孫が出来て丸くなったが、仕事には厳しい人だ
PTAの用事で会食に来れないと謝罪に来てくれたK君
「社長が来ているので、是非付き合いたいのですが、不在投票でPTA会長にされる可能性があるので・・・すんません!」
彼は我が社のお客さんにも非常に信頼が厚い人物
部長に昇格したI部長
「社長が来たら外せないよなー」
彼は研究熱心で前向きな人物
最も若いのに、一寸年を感じさせたI君
彼はチームで無くてはならない存在に成長していた
入社当時から知っている私にとっても、嬉しい姿だった
Yリーダー、Tリーダーも同席してくれて感激
特に初対面のTリーダーは良いキャラしている
部下達が凄く動きやすそうだった

大好きな地酒“雨後の月”を一杯頂き、カラオケでひばり節を
(あいも変わらず・・・すみません^0<;)
翌日は名門、広島カントリー倶楽部・西条コースへ
46・45の91、目標どおりで大満足!

素晴らしい人達の中で過ごした1週間
やっぱり、仕事は人と人
ITでは処理できない、限りなく続く信頼が築ける
皆さんに感謝・感謝・感謝

tenhiko1875 at 13:13コメント(0)トラックバック(0) 
Profile
社員の本音はこちら
過去ログ