天晴社員へ

2015年09月24日

年2回の全社会議
9月19日上期全社会議が開かれました
今回は2部制になっており
1部は営業各課の新規開拓状況
2部は各委員会活動の中間報告

8:30スタート
営業一課
営業二課
海外営業課の順に現状報告がありました
テーマは
「現在の環境下で昨年と同じことをやっていたら売上は20%減少する。新商材、新規顧客の開拓は必至」
だんじり 005だんじり 003各課の発表は課員全員が主役です
この形式は伝統です
課長を軸に方向を決め
全員がそれを具現化する
夫々の経験値でやれることはあります
新人だから・・・という甘えは許されません
SP(セールスパートナー)は絶対戦力です

今回の報告は途中経過が多かったが
中身の濃さは過去より上
我々を取り巻く環境に対する危機感がある
夫々の能力開発に動いている

常々営業にはこう言っています
『森見て木を観る習慣をつけろ!木を観て森観ていると全体が観えない!』
どうしても現状に囚われ、積み上げの答えを出してしまいます
周囲の動きにマッチしなくなるからです
今回はだいぶ修正がされていました

新規開拓は営業活動で最も楽しい仕事です!
過去の経験から私の持論です
つまり、楽しくなければ開拓など出来ない

お客様に喜んでもらう=契約
こんな楽しいことはない!

第2部
【委員会活動】
3年間の休止があったが、それが生きてきたと思える発表
業務と委員会は同等の価値を持つ
この認識が広まったことが今回の大きな成果です

tenhiko1875 at 14:11コメント(0)トラックバック(0) 

2015年08月21日

台湾の重要お取引様である“春源鋼鐵”さん
来日された林総経理と蔡副総経理
林総経理は5年ぶりの来日
体調問題でタイミングが合わなく
5年の月日が経ちました
今回の来日は春源鋼鐵と深い関係にあった
M社社長のお別れの会に参列されるためでした

その翌日、わが社に来社
なんと来社は15年振り

台湾でトップの鉄鋼商社の春源鋼鐵は
CSCは勿論、新日鉄住金、JFE、日新にとって重要な流通です
日本の全商社と取引がある

そんな中わが社のような中小流通との取引は稀
『天彦とはハートtoハートでやれるからだ!』と林総経理

P1150499我が社の理念
“三方よし”の考え方に強く共鳴していただいている
海外のお客様と信頼関係をベースにお付き合いできる
この自信は今日、タイ、上海へ進出出来たことに繋がる






2年に1度、幹部全員が来日して
我々と高炉メーカーとの忘年会を実施してくれる
本当に感謝で一杯です


会食は庭園のある料亭で
季節の『鱧しゃぶ』でおもてなし
台湾の人は総じて食通
気に入ってもらえるか心配でしたが
「凄く美味しい!凄く楽しい!凄く良い仲間ね!」と林総経理と蔡副総経理
最高の1日でした
春源さん 010


tenhiko1875 at 12:46コメント(0)トラックバック(0) 

2015年07月25日

南風会ボーリング大会が19チームで行われ、見事!我が社の天ちゃんチームが3位
大阪支部決勝大会に出場が決まりました
南風会団結社内予選で勝ち残った6人が
天ちゃんチーム、彦ちゃんチームの2チームに分かれ
決勝進出をかけ、出場しました
今年は新人藤本さんが入り
決勝進出の可能性がありました
練習ラウンドでも良いスコアを出していました
私もマイボールを2個用意し気合を入れました

スタート!
天ちゃんチームは
藤本、志野、私
1ゲーム目、3人とも滑り出し好調
マークが付く付く
『よーしっ!』
『やったーっ!』
「へーい!」
応援に来てくれた社員も一緒になって
「OK!もいっちょう!」
優勝も狙えるかのスコア


スコア
2ゲーム目
緊張からかオープンフレームが続く
・・・・・・・
「頑張ってー!」
応援席から
私の方は少し伸ばしたが
後の二人が急降下
女性ハンデ30点
これを期待した






成績発表!
『3位、天ちゃんチーム 980点!』
「やったー!」
3年ぶりの決勝進出
8月8日梅田で
藤本社長志野出田東尾藤

tenhiko1875 at 14:48コメント(0)トラックバック(0) 

2015年06月30日

我が社の玄関に農園が出来たんです
宮脇農園と名付けています
昨年も枝豆に挑戦したんですが失敗
今年は土を入れ替え、元肥をしっかりし、酸素も供給し
万全の準備をしたようです

結果!

五色川・天彦農園 005立派な茄子が3つ
五色川・天彦農園 002農園管理者は
中居君、西君そして宮脇君
あえて宮脇農園と名付けました
初収穫の立派なナス3個

宮脇君「みんなで話し合って、初収穫は社長に食べて欲しいです!」



『ありがとう!明日の朝礼でみんなに見せよう


美味しい料理を考えよう
腕によりをかけて
最高の茄子料理を創るぜー!


tenhiko1875 at 10:13コメント(0)トラックバック(0) 

2015年02月23日

2月5日〜10日まで2班に分かれてタイへ行ってきました。
昨年は沖縄、2009年には北海道と研修旅行は実施してきたのですが、本来の海外研修旅行でなかったのです。
本来というのは、社員との約束事のことです。
【年度計画の利益目標を達成したら、海外研修旅行を会社負担で実施しよう!】
それが10年目にして実施できたのです。
弊社はタイに現地法人(天彦タイ)がありますので、そのメンバー20人との交流をメインに企画してくれました。合同のパーティーは素晴らし感動の時間でした。
言葉の通じない社員どうしが肩を組んで乾杯したり、握手したりと笑顔いっぱいでした
『海外でも天彦の風土は作れるんや!』と確信しました。
      
DSC00091DSC00108P1140573







































(10年の永年勤続表彰のPinさんです)
     
島根 001































経営の師と仰ぐ東海バネ工業蠹亙媼卍垢ら常に言われている話
『経営者の仕事は社員のモチベーションを上げること、10%上げれば驚くほど業績が良くなる、しかし10%下げたら明日にでも倒産する。』
昨年は安倍総理が来られたりで社員のモチベーションが確かに上がりました。師のお言葉が心に響いた研修旅行でした。
合同パーティ 集合写真
























tenhiko1875 at 13:44コメント(0)トラックバック(0) 

2014年07月28日

初めて上海の副総経理の自宅に招待受けました
30階以上の高層マンション群にある一室
7階にそれはありました
上海 011
ドアを開けて入ると、直ぐにリビング
かなり広く、シャンデリアやペチカが
余りの広さに驚きました
通常は両親と6人で生活している

早速、各部屋を見せてもらったが
なんと5LDK
172屬箸い広さ
購入価格も聞いたが、伏せます^0^
ただ、この国は固定資産税が無い(80/一人以上はあるが・・・)

上海 019
長男とスキンシップ
直ぐに慣れてくれた
親しくなるのに言葉は要らない
指相撲を教えたら、直ぐに対応してくれた
子供は素直で良い

上海 022
リビングのテーブルに今夜のメニューが並ぶ
山東省出身のお母さんの手料理
『一寸脂っこいかも?』と副総経理
鶏、牛肉、アスパラ、豆、地の食材の数々
「毎日こんなに種類で食べるの?」
『今日は少し多いくらい』
ビールと紹興酒が用意されていた
『パイチュウ(白酒)ありますよ!』
流石に断りました^0^

全く脂っこくなく、どれも美味しかった
「ハウツー」と片言
上海の中華店で食べる料理は美味しいと思わないが
この家庭料理は今までの中でもランクが高い
良い体験をさせてもらった

当の副総経理
『日本の天彦イズムを持つ上海天彦を作りたい!』
常々言ってくれている
事務所には彼が書いて額に入れている
上海 001
【三方有益精神】

本当に良い縁で巡り合ったと感謝しています

tenhiko1875 at 16:51コメント(0)トラックバック(0) 

2014年05月15日

夢のような出来事 “安倍総理の来社”から数日後

総理官邸から色紙が送られてきた

総理の色紙 002



















村上先生の『福』と並べさせていただきました


毛筆の素晴らしい“不動心”の文字

そういえば、あの日に用意したのはマジックインキ

書き難そうにしておられた

総理もきっと納得いっておられなかったのでしょう

激務の中、このように気を遣っていただき

感謝の気持ちで一杯です

宝物に致します



tenhiko1875 at 14:48コメント(0)トラックバック(0) 

2014年04月21日

4月18日歴史的な出来事 『安倍総理が来社
このお話は4月4日に経済産業省、近畿経済局、中小企業庁の方々が沢山来られ
また、何時もの取材か?それにしても人数が多いなーと思いました
総務の上田次長と二人で対応しました
局長から『政府要人と申し上げましたが、実は安倍総理が御社を訪問されます。』
「・・・・・・・・・?」
私も上田も全くピンと来ず
「安倍さんってどちらの?」と失礼な返事をしてしまいました
時の総理大臣と分かり
私も上田も固まってしまいました
更に経済産業省の方から
『官邸からのお願いですが、当日まで総理が来られることは口外しないで下さい』
ご近所だけでなく、家族にも漏らしてはいけないという条件でした
これが苦しくて

4月18日14:55
到着安倍総理が到着されました
SPが先導、次に総理の車、後の2台もSP
ドアを開けるのはSP





名刺交換名刺交換
会長と私が
総理からも名刺を頂きました






制服制服とヘルメットをお渡し







ウェルカムボードで歓迎ウェルカム






場内案内場内を案内
SPが先導して、後ろには国会議員が数人
写真には映らない方々沢山おられる





厚板に興味厚板のヤードで立ち止まり
神戸製鋼所・加古川時代の話が
『厚板を担当していたんですよ






懇談風景懇談会場で
女子社員たちが待ち構えています
報道は全局が、プレスも全社が来ておられたそうです



いよいよ総理と女子社員が懇談
リハーサルでは緊張の連続でした
懇談本番スタート!
進行役は私が
私が緊張すると伝染するのでとリラックスを装う
ところが
安倍総理の女性たちへの目線が柔らかく
笑顔が素晴らしく、彼女たちの肩の力が一気に下りた気がしました

総理懇談懇談2






彼女たちの話ぶりに安心と驚きを感じていました
懇談3真剣に聞いて頂き
要所の抑えどころは流石でした
コメントも入れて頂け
『女性の活躍推進を掲げる安倍政権の成長戦略の正に企業に来て良かった』と
勿体ないお言葉に一同感激
総理笑い
調子に乗った私の冗談にも
安倍総理は反応して頂け
ありがたい限り





懇談は無事終わり玄関へお見送り
懇談終了色紙
厚かましく、色紙を書いていただきました
座右の銘なのでしょう『真実一路』と書いてありました




わがまま言って全社員と記念写真を
集合写真素晴らしい笑顔
守秘義務で前日知らされた社員たち
工場内を含め
全社の整理整頓
当日の役割分担等々
見事にやってのけてくれました
安倍総理の来社は勿論の事ですが
なにより社員たちが素晴らしくこの日をやり上げてくれたことが嬉しい
警護班から厳しい規制の話を聞いていただけに
本当に良くやってくれました
握手警察から
『社員たちから総理に握手やモノを渡すことは厳禁です!』
にもかかわらず
なんと総理から社員全員に握手をしていただき
社員たちは大感激でした

お帰りになって大阪府警の責任者の部長が
『社長と上田次長のお蔭でバッチリ決まりました』
『特に上田次長の事前の対応は素晴らしく、本部のトップも天彦産業では絶対大丈夫だと太鼓判でした』
本当によくやったと思います
上田次長ご苦労様

現在、首相官邸のホームページに当日の全てが動画で掲載されています
http://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg9706.html 




tenhiko1875 at 11:34コメント(0)トラックバック(0) 

2014年04月04日

平成26年度事業年度式 4月1日

新たな年度がスタートしました
企業理念まず私から企業理念の共有と
平成26年度経営方針を再確認しました
今期は皆の目も違い
新たな可能性へ希望を感じました




続いて
昇格人事と辞令の交付
今回は昇格要件を満たしている人を推薦し
本人に小論文を書いてもらいました
その結果、昇格が決まりました

竹中主任となった海外営業・竹中さん






出田課長代理となった第二営業部門・出田君






水田係長になった管理部・水田君





檜木主任となった第1営業部門・檜木さん






いずれの人も素晴らしい昇格論文で
我が社の将来に大きな勇気がわきました

また今回は初めての試みに
我が社の企業活動に様々なご協力を頂いた方々に感謝状と記念品を贈りました
社会奉仕活動の
プルトップ、ペットボトルの回収へ大きな協力を頂いたご家族

出張チケットの手配で尽力いただいた旅行会社の女性

急な配送に協力いただいた運送屋さん

クレーム等の調査に協力いただいた機関

等々8名感謝状をお贈りしました

辞令全員

tenhiko1875 at 15:45コメント(0)トラックバック(0) 

2014年03月25日

下期全社会議を終えました
各部門のインセンティブ目標の成果発表です
全社会議1全社会議2尾藤

上期は経過報告でしたが、今回は成果発表
各部門の目標に多少の温度差はあるものの
中身の濃い発表でした
今期のキーワードは“キャッチボール”でした
社内のコミニケーションを高める目的です
発表の中身は夫々の部門で役割を明確にし
情報共有を部門内でしっかりやってくれたように思う
過去の全社会議と比較してもスキルアップが十分感じられた
女性の活躍も目を引いた

質疑応答で若手の的を付いた質問があり、さらに中身が濃くなった


午後からは平成26年度経営方針発表を行ないました
経営方針方針
全社会議の中身が充実していたので、凄く入り易かった
いつもと違って、今回は経営理念や基本方針を再確認することから始めました


キーワードは“次の一手!”としました
経営は環境適応業といわれています
その環境は増税があり、大きく変わる気がします
また為替も後半には大きな変化を示す気がします
起こりゆるあらゆることに対処していく必要があります
正に“次の一手!”が非常に大事だと思うからです

経営は社員第一、社員は顧客第一
これはわが社の大原則です
愛社精神を高め、大切なお客様のお役立ちを常に考え
本当に必要とされる流通でなければ生き残れません

社内の機運は以前より増して高まっています
楽しみな1年がスタートします


tenhiko1875 at 17:17コメント(1)トラックバック(0) 
Profile
社員の本音はこちら