2008年04月30日

IKEAに行ってきました

関西に初上陸
噂のIKEAに行ってきました。
スウェーデンから関東に上陸し、この度神戸に、8月には大阪(大正区)に進出を予定している。

ポートピア跡地ということで、広大な敷地にある
高速から降りると、丁寧に看板を持った人たちが誘導してくれていた
これなら迷うことは無い

駐車場に止めて、入り口へ
予想通り、連休中の開店もあって、入場制限
2,30分後に店内へ
2階のショールームから、1階のマーケットプレイスへと順路を示される

ショールームは「リビング、キッチン、ダイニング、ベッドルーム、子供部屋、オフィス・・・」と区画を分けており、まるで迷路
お買い物カードと鉛筆を持って、欲しい物をチェックする
商品には番号が書いてあり、その番号の置き場で受け取る仕組み

IKEA1

1階には家具以外の周辺小物が、沢山置いてあり、カートや専用の袋に入れながら、買い物を進めていく。そこを抜けると、セルフコーナー(写真)がある
自動倉庫らしく、棚に番号が書いてあり、2階でチェックした商品を探す
ここの商品は全て、自宅で組み立てが原則
段ボールの箱があり、カートに自分で積み込む

ワクワクしながら、欲しい物を選んだ家族の顔が一変した
選択した商品が無かったのです
店員に聞くと『棚に無い物は、本日売り切れました。』の応え
ガックリしている家族の顔、遠く奈良から、それも入場制限を受けながら・・・

IKEA2

そして、最後のレジに
ベルトコンベアに買った物を乗せる
バーコードでチェック・・・支払いを済ます

次ぎは梱包エリアへ
えっ!?
袋を買うの?紐を自分でかけるの?大きな物はどうするの?
周囲に店員はいない
後ろを見れば、宅配コーナーが
ここでもセルフで手続きをしている

激安に挑戦!がこの店のうたい文句
確かに安い
しかし、ショールームで買いたいものをカードに書かせて、
セルフコーナーの倉庫で、売り切れはない!
この間、1時間は充分費やす
ITを駆使しているなら、ショールームで商品在庫の案内はあるべき
梱包や宅配、袋まで買わせる思想
欧米思想では普通なのだろう
お年寄りは、ここでの買い物は無理、もっとも、客層は2〜30代が多かったが
このシステムに慣らされてしまうのだろうか?

米国の大手企業が、社員第一、顧客満足を優先しだしている中
日本人らしくない仕組みが、浸透する怖さを感じたのは、私だけでないと思うが


tenhiko1875 at 12:57コメント(2)トラックバック(0)天晴社員へ  

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by 共栄鋼材:吉田 雄一   2008年05月01日 06:39
4 貴重なGWお疲れさまでございます。
情報ありがとうございました。社長のブログの内容もホント
濃くなってますなぁ。毎回めっちゃんこ楽しみです。
更新が待ち遠しいのはアタシだけではないでしょう。

この手の商売が増えるという事はまだまだ我々に商機と
勝機と正気ありと考えます。
身をもってのマーケティング調査でしたよね。
我々は顔の見える商売していきましょう!

追伸
昨日までHAWAIIに行って参りました。
コオリナ、ハワイカイでのゴルフも最高でした!
さぁ、夏休み目指して仕事するぞっ!
その前に賞与の査定、
そのまえに値上げ対応、どうしましょう?

後半のGWも楽しみましょう!
では引き続きヨロシクお願い致します!共栄鋼材:吉田
2. Posted by ハンガー   2008年05月01日 20:22
次は大正店でお会いできたら嬉しいです!

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Profile

tenhiko1875

社員の本音はこちら
過去ログ