2008年04月15日

後出しジャンケンは卑怯?

4ヶ月ぶりに、新潟へ出張してきました。
三条地区のお客様を数社訪問してきました。
鉄鋼業界の猛烈な値上げ攻勢に、頭を痛めている
「背景は理解しているが、対応策が見えない」が共通した声

M社の社長が面白い話をしてくれた
『内は常に、後出しジャンケン。』
『???』
『世の中からバターが消える報道をテレビで観た。これは酪農業へアタックだと開発部隊に研究させた。今使っている酪農器具を徹底研究し、我が社でより良い物を開発させた。』
『それが後出しジャンケン?』
『樋口さん、分らん? 後出しジャンケンで負ける人はいる?つまり、今より良い物を開発すれば、今の商品に勝てるじゃない。』
さらに、この社長は
『買って下さいと言えば、安くしないといけない。売って下さいの商売を追及することが、開発やね。』
 なるほど、後出しジャンケンは卑怯ではない。立派な戦略です。

『樋口さん!参考になった?』
『いやーエエ勉強させられました。ありがとうございます。』
『この話、会社で使うんやったら、参考書代もらっとくでー』
『もっと、脚色して、良い参考書にして、持ってきます。』
『後出しジャンケンかいな・・・』

tenhiko1875 at 14:34コメント(0)トラックバック(0)天晴社員へ | お取引先のお話 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Profile

tenhiko1875

社員の本音はこちら
過去ログ