2008年04月01日

さあー新年度スタート!

毎年この日(4月1日)は会社の正月と思っている。3月31日には「良い年でありますように」と。

「平成20年度事業年度式並び新入社員入社式を行います。一同起立!」
中居次長の司会で始まった。
先ずは会長のお言葉から
「複雑な経済環境や複雑な政治情勢に、しっかり立ち向かって欲しい・・・」
会長






「続いて、社長のお言葉を・・・」
何時になく緊張する。年度方針や目標を話をしました。
社員も何時になく?聞き耳が立っていて、目標を共有できた気がした。

花壇会場の大会議室から玄関を見ると、今期のキーワード「JUMP133」の文字がベコニアで画かれているではありませんか。委員会の一つスッキリ委員会が造ってくれたようです。新年度のムードがより高まった気がする





今年の新入社員は一人、山下君。
辞令を渡して、新入社員としての決意を話してくれた。

新人実は入社前に、京都の禅寺で研修を受けてもらっている。社会人の心得等、二泊三日でミニ修行を体験してもらう。結構、目からウロコ状態で帰ってくるようです。
その山下君、突然、「ボイスセラピーを行います・・・ファイト!ファイト!ファイト!」と大きな声で・・・この場でやった人は後にも先にも、彼が初めて
役員席含めて社員はビックリ!
元気のいい新人が入ってくれた。体育会系の我が社にはもってこいかも

続いて、昇格者へ辞令授与
5名の昇格者がいたが、目玉は女性が3名いたことです。
“チーフ”という役職名が初めて登場した。(TWS、管理部、営業部から
今期は女性の戦力化を謳っています。
男性と同じ土俵でということでなく、女性の持ち味を生かした昇格制度を作りたかった。
昇格者戦力化と言って、制度の整備をしないのでは、経営者のエゴになってしまう。
オリジナリティーを持たした、今回の昇格は、社員の納得が得られた。
名前を呼ばれた3名の女性は、鳩に豆鉄砲状態の、ポカーンとした顔だったように見えた。これが快感なのです(ちょっと趣味が悪い?)


永年勤続者表彰に
司会している中居次長が20年勤続を受けるので、急遽、大橋君が代役
表彰の挨拶で、また涙・・・直ぐに感極まるのが、この人の良い所かも

全社員経営理念の唱和を終えて、記念撮影。当然、あの花壇の前
新年の初出式と違って、皆の気迫が伝わってくる記念写真だ
正に、天彦産業にとっては、今日が正月なのだ

tenhiko1875 at 14:30コメント(0)トラックバック(0)天晴社員へ  

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Profile

tenhiko1875

社員の本音はこちら
過去ログ