2008年01月29日

少し日本式にアレンジした(タイ結婚式)

前号で予告していましたが、タイ式結婚式を満喫してきました。
と言っても、新婦がクリスッチャンなので、本来のタイ式ではありませんが

小林5

五つ星のマリオットホテルのガーデンプレイスは芝生
午後2時
バージンロードに可愛い子供が花びらを撒いて先導する
その後に、新婦インちゃんとお父さんが腕を組んで入場
待ち受ける新郎小林君・・・(こんな顔見たことがない)

神父さん(アメリカから来られた韓国人で、凄く偉い人らしい)の前に
賛美歌【I COULD SING OF YOUR LOVE FOREVER】が流れる
参列者の合唱が始まる
英語が不十分な私は、軽い孤独感を覚えながら、サビの所だけ口ずさむ
日本でのそれとは全く違う

神父さんのお説教が30分に渡ってあった
端々の単語を聞き理解しようと・・・
神父さんのオーラが出ている。なんて優しい顔なんやろう・・・
後半になると、新郎新婦だけじゃなく、会場の皆が涙している
新郎の妹さんが母親に通訳、二人とも感激の涙が・・・
私の目にも熱いものが・・・この神父さんのオーラは凄い!
隣の席に同業の日本人社長が理解されたようで
『こんな心のこもったお説教は聴いたことが無い。日本語に表現できない。あんなお説教を言ってもらえば、お互い慈しみあうはず。素晴らしい・・・!』
彼の目も赤く染まっていた。

両親への花束の贈呈があった
国際結婚、特有の雰囲気があったが、涙涙のご両親と新郎新婦の姿は、日本で見るそれと同じだった。小林6

1時間半のウェディングは感動の内に終った
夕方6時からリバーサイドでパーティーが予定されている(披露宴)

6時に指定の場所に行った。日本人お顔ばかり・・・えーっ?
タイに10年居るコンサルの福田さんが
『タイ人は6時からだと、7時に来る人は早い方、7時半頃来るよ。そして、いつの間にか始まり、延々と続き、いつの間にか終焉する。恐らく日付けは変わりますよ・』と
ビュッフェスタイルで、各々のテーブルで乾杯が、食事が・・・
開始の合図があったのかどうかは分らない

前日、突然新郎が『社長!忘れてました。パーティーで最初に一言添えて、乾杯お願いします。』
『・・・・・そんなー今頃???』
慌てて、スタッフのPinちゃんにタイ語の特訓
サワディークラップ
ポン チュウ ヒグチ(私は樋口です)
コーサディーン ホワム ギンディー クラップ(ご結婚おめでとうございます)

7時頃
なるほど、タイ人がゾロゾロ集まりました。
家族連れで・・・
7時半には隣に重要なパートナーBSSのSuvit夫妻が到着
全く、遅刻の意識は無さそう
即、飲み食いが始まる
小林3

新郎新婦が入場してきた(実は受付横で、6時からずっと立礼していたらしい)
小林4

壇上にご両人が立つと、司会者から『ミスターヒグチ!』のご指名
特訓のタイ語でやりました。反応は上々いい気になって、後は日本語でべらべらと
次にアメリカ人が乾杯 そしてタイ人が乾杯
私の時より、大うけしている

正面のキャンドル、ケーキカットと進む
小林1

後は歌うわ、飲むわ、子供ははしゃぐわ、わっしょいわっしょい
新郎の親族達といっしょになって「乾杯」を歌ってしまいました。
途切れることなく、舞台へ各国の人たちが入り乱れる
これが日付が変わるまで?


時計を見ると10時、4時間が経過した
正面の舞台に、新郎新婦と新郎のお父さんが
『両家を代表して、一言お礼と中締めのご挨拶を・・・・』
と日本式を入れられた。
小林2小林7小林8









新郎からもお礼の言葉があって、お開きに
心配していた日付が変わるまでは、避けられました。

心の底に思い出の残る結婚式を体験できました。小林君に心からおめでとうと言いたい。良かった!

帰りがけ、新郎のお父さんに声をかけられました

『息子はずっとタイですかね・・・・?』

『・・・・』

言葉が出なかったこと、お許し下さい。
きっと彼が決めると思います。

tenhiko1875 at 13:16コメント(1)トラックバック(0)天晴社員へ | ひばりの独り言 

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by fukuda.n   2008年01月30日 10:44
タイ結婚式で満喫・・・・
片言のタイ語乾杯、即席でも立派にこなされたと思います。
私の元部下の長男が、サンタクララでの結婚式で、日本語がわかる人が皆無でひたすら耐えた話を聞いた事あります。国際経験の豊富な社長とのレベルの差を感じてます。
お疲れ様でした。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Profile

tenhiko1875

社員の本音はこちら
過去ログ