2007年12月04日

親バカ万歳!?

 我が社ではインセンティブの一つにベスト社員が毎月選ばれる。その月に最も活躍した人を、全員の投票で選ばれる。営業、CSセンター(工場)、管理・SP(セールスパートナー)の3グループに分け、夫々から自薦、他薦の2名を推薦する。投票前日には推薦演説が行われる。
この制度はもう20年以上続いているが、獲得はそう簡単でないようです。最近でも「3年ぶりのベスト社員です」とか「新人の時以来です」なんて人もいる。年々、レベルが上がっているのと、選ぶ側の目が肥えてきている。賞金は1万円だが、それ以上の値打ちを感じているようです。
ちなみに、インセンティブは他にもあり、半期で各部署の最高貢献者に1泊2日のペア宿泊券や商品券を出している。最も栄誉のある賞は年間を通じて、最も貢献した人に年間グランプリがある。最高は天彦賞(10万円)、成長賞(5万円)、新人賞(3万円)、即戦力賞(3万円)、場合によっては特別賞も設けられている。これも、全社員の投票で決まる。

 そのベスト社員の推薦演説会に今年4月より入社した我が娘(長女)が推薦された。複雑な心境であったが、素直に嬉しかった。結果はベスト社員にはならなかったが、彼女が天彦産業に入社する経緯を知っているだけに、評価したかった。
大学3年生の時、就職活動を行っており、最も興味を持っていた『食』の世界を極めたいということで、『和民』の渡邉社長の考え方に共鳴していた。会社訪問もして、直接話も聞いて、その意を強くしたと思う。
妹がカナダに留学して、成長を目の当たりにした彼女は、もっと見聞を広げないと『食』の道でも通用しないと判断。パース(オーストラリア)への留学を嘆願してきた。真剣だったので、それに応じた。
10ヶ月が過ぎ、帰国前に家族でパースを訪れました。私が社長を就任して半年が経った頃でした。娘の自立を目の当たりにした私は、費用対効果の適正に満足していました。帰国後、休学していた大学に4年生として復学した。進む道は『食』の世界と思っていた。
昨年秋、就職活動をしていない彼女に気がつき、妻に「志野は和民に決まったのか?」と聞いてみると、意外な答えが返ってきた。「お父さん、何にも知らんの?あの娘は天彦産業に入りたいらしいよ。」腰が抜けそうになった自分を覚えています。そのくだりは「パースに行った時、久し振りにみた父親の姿にビックリしたらしい。疲れている、緊張している、今までに見たことのない父親像。きっと社長業のプレッシャーなんや。」そして「自分はこんなに自由にさせてもらっればかりではいけない。お父さんの役に立ちたい。それが恩返しや!。」と決意したようです。
そんな自分を見せたことに、恥ずかしさと、『食』の道を断念させることに、抵抗はあったが、素直に言っているので、これも人生かと許可を出した。
入社して、想像以上に意欲的に活動してくれる。接し方は社長と一社員のそれだった。母親に「会社にはお父さんはいない。社長がいる。」といっているようで、その振る舞いは、大したものです(親バカ?)
社員一義に考える私を評価してくれており、心強い賛同者を得た気持ちで一杯だ。
 親バカ万歳!
私の夢の実現、社員と共に夢を実現する喜びをパートナーとしてそばにいてくれる娘に感謝したい。
 親バカ万歳!胸張って、親バカ万歳!


tenhiko1875 at 11:45コメント(2)トラックバック(0)ひばりの独り言 | 天晴社員へ 

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by 西谷 浩   2007年12月05日 19:46
樋口志野さんりっぱ。会社にはお父さんはいないその言葉親バカ万歳
2. Posted by fukuda.n   2007年12月17日 09:12
弊社も12月3日に賞与、12月20日年末調整折込の給与
加工品の内製化,エリア戦略をみた中計のトップダウン、新たなCIの確立等、友ちゃんのブログの温度はないが、粛々と経営展開しております。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Profile

tenhiko1875

社員の本音はこちら
過去ログ