2015年09月24日

充実の上期全社会議9.19

年2回の全社会議
9月19日上期全社会議が開かれました
今回は2部制になっており
1部は営業各課の新規開拓状況
2部は各委員会活動の中間報告

8:30スタート
営業一課
営業二課
海外営業課の順に現状報告がありました
テーマは
「現在の環境下で昨年と同じことをやっていたら売上は20%減少する。新商材、新規顧客の開拓は必至」
だんじり 005だんじり 003各課の発表は課員全員が主役です
この形式は伝統です
課長を軸に方向を決め
全員がそれを具現化する
夫々の経験値でやれることはあります
新人だから・・・という甘えは許されません
SP(セールスパートナー)は絶対戦力です

今回の報告は途中経過が多かったが
中身の濃さは過去より上
我々を取り巻く環境に対する危機感がある
夫々の能力開発に動いている

常々営業にはこう言っています
『森見て木を観る習慣をつけろ!木を観て森観ていると全体が観えない!』
どうしても現状に囚われ、積み上げの答えを出してしまいます
周囲の動きにマッチしなくなるからです
今回はだいぶ修正がされていました

新規開拓は営業活動で最も楽しい仕事です!
過去の経験から私の持論です
つまり、楽しくなければ開拓など出来ない

お客様に喜んでもらう=契約
こんな楽しいことはない!

第2部
【委員会活動】
3年間の休止があったが、それが生きてきたと思える発表
業務と委員会は同等の価値を持つ
この認識が広まったことが今回の大きな成果です

tenhiko1875 at 14:11コメント(0)トラックバック(0)天晴社員へ  

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Profile
社員の本音はこちら