2015年08月28日

140周年記念式典(第1部)

8月22日(土)大阪 太閤園で“140周年記念式典”と第2部“天晴カーニバル”
社員の自作自演での式典とパーティー
私自身も興味津々でした

AM11:00開会
P1150510司会は副社長が
第1部の企画はトキメキ委員会が中心だったという







「最初に140年を振り返って頂きます」
P1150511P1150513
前方のスクリーンにスライドショーが音楽と共に
前挽き鋸が映し出される



1875年初代彦三郎が27歳で創業
修行先の天王寺屋福本九左衛門さんから
暖簾分けの“天”の字を頂き『天彦』がスタート
感動の中で私5代目までが綴られていく

感極まって私が挨拶に立つ
P1150518初代が41年間
2代目が17年間(享年53歳で他界)
3代目父が49年間
4代目長兄が22年間
そして私が11年目
合わせて140年の歳月が流れた
企業寿命30年説は確かな位、幾度の危機があった
良く生き延びてきたと思います

今回のサプライズの一つ
経営の恩師である法政大学大学院 坂本光司教授
ビデオレターでご挨拶を頂いた
P1150533『140周年おめでとうございます。
この場に居合わせられないのは残念至極・・・・・』
7分の挨拶の中身は感激の嵐
勿体ない、数々のお褒めのお言葉
サプライズ2!
『65万の人が読んでいただいている
“日本でいちばん大切にしたい会社 5”に書かせていただきます!』

一瞬静寂の会場から
「うをー!」の声
思わず頬をつねりました


続いて、役員紹介と役職者紹介

永年勤続表彰へ
P1150545特別功労賞に角田さん
予期していなかったようで
目が潤んでいました

P115054910年表彰で
上海天彦の副総経理 朴明東君が
感動していました




P1150571



20年表彰
30年表彰と沢山の人が登壇しました
P1150576








代表して大橋次長が挨拶
入社時の事を懐かしく語ってくれました
あっという間の30年という気がしました
まだまだやってもらわないと





P1150596第1部の締めは
社員代表として新宮課長が
「一杯怒られてきましたが、今管理職となり
怒ることの難しさをしみじみ感じています」
一致団結して
150年、200年に向かっていこうと
力強く語ってくれました


今回の記念式典は社員とその家族、OB、株主だけの身内で行いました
会場内で全員の記念写真と太閤園自慢の庭園で社員のみで記念写真
素晴らしい第1部でした!
集合写真(室内)1集合写真(中庭)2


tenhiko1875 at 15:56コメント(2)トラックバック(0)ひばりの独り言  

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by 二天   2015年09月02日 18:26
140周年、真におめでとうございます。
素晴らしい快挙と存じます。

貴社とは、以前、もう20年位前に、
お世話になりました。
その時の御恩を、未だ忘れ得ず、
諸事、当社業務に邁進しております。

貴社のように、当社も、末永く業務展開を
果たしてまいりたいと存じております。
御礼、お祝いを申し上げます。Ken's Office
2. Posted by ひばり   2015年09月24日 17:54
コメントありがとうございます
感激しております
今後ともよろしくお願いいたします

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Profile
社員の本音はこちら
過去ログ