2013年12月09日

『ホワイト企業』に選ばれて

この度出版された経済産業省監修の著書『ホワイト企業』に選ばれましたホワイト企業就職活動解禁日に合わせて出版されたようですが
まさか、我が社が掲載されているとは知りませんでした
先の“ダイバーシティ100選”に選ばれたことが要因だと思います
特に女性の活躍推進がテーマでした
今年はダイバーシティに明けて
ホワイト企業で暮れるようです
非常にありがたいことです
選んで頂き感謝申し上げます



いち早くTV東京のWBS(ワールドビジネスサテライト)から取材が入りました
12月2日の取材で同日放送というめまぐるしさでした
CS撮影事務所内緊張






ディレクターのAさんは先のNHK『ルソンの壺』で東海バネ工業を担当された方でした
何かの縁を感じました
約5時間の取材を終え、15時頃帰られました
放送が23時ですが、東京駅には19時頃着き、帰社後編集と大変な忙しさ
放送の中身は下記アドレスからご覧いただけます
http://www.tv-tokyo.co.jp/mv/wbs/newsl/post_55504/
上手く編集されてホッとしました

生意気ですが、『ホワイト企業』に選ばれて思うことが有ります
メディア的に仕方ないのかも知れませんが
どうしても産休育休の女性にスポットが当たりますが
実は、我が社の女性は総じて優秀です
過去から不思議なくらい優秀な女性が来てくれます
鉄鋼業の男社会に何故?
ここが注目をされていると思います
鉄鋼業だから女性は・・・・?
こんな風には想ったことが有りません
《事務員さん》なんて扱いもしません
SP(セールスパートナー)と呼び、販売目標を共有してもらいます
国内担当の女性も図面が読めるよう勉強してくれます
加工のことも勉強し、お客さんの困りごとに対処してくれます

『ブラック企業』に対する『ホワイト企業』のようですが
ちょっと違和感は隠せません

男性女性関係なく
☆私はこの会社で必要とされている
☆私はこの会社で役に立っている

社員と相対する経営者の心得はこの気持ちを如何に持たせるかだと思います



tenhiko1875 at 17:57コメント(0)トラックバック(0)ひばりの独り言  

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Profile

tenhiko1875

社員の本音はこちら
過去ログ