2013年11月05日

感動の竣工式

10月31日大安 新潟・三条市
“株式会社 野水鋼鐵店”の新社屋竣工披露パーティーが開かれました
http://www.nomizu-koutetsu.co.jp/
野水と言えばわが社とは義兄弟会社みたいな存在です
その野水に念願の新社屋が完成しました
新社屋日新製鋼のカラー鉄板を使った
非常にモダンな社屋です
1階が事務所
2階は社長室とミーティングルーム
さらに目を引くのはリラックスルーム
なんとキティーちゃんの壁紙
3階は大会議室兼食堂
隣りにはレストランが開業できそうな厨房がある
そして極めつけは屋上に農園が・・・
詳しくは次号で公開いたします

パーティ会場は三条市内の“おお乃”
看板入り口に案内看板
『次代(つぎ)の第一歩』の言葉が目を引く
正にいいえて妙の表現
この日を迎えるまで
数々のドラマがありました
それだけにこの言葉は心に染み入る

PM4:00式典が始まった
先ずは野水鋼鐵店・武田社長が挨拶に
武田社長創業107年目に新社屋で新たなスタート
歴史を紐解き
5代目の決意を
また、新社屋の完成までのプロセスを
施工を決断した時から
社員の心の動きなどを入れて話していった
途中、感無量になって
目に熱いものが光る
『本当に社員が一丸となってくれたことで今日を迎えられました』
『・・・・・・・・』
『本当に皆!ありがとうなー!』


続いて来賓の方々のご祝辞
中尾常務エッチング日新製鋼の中尾常務が素晴らしい祝辞とステンレスに社屋の社員をエッチングした記念の額を贈られた。



式典に続いてパーティーへ
開宴の挨拶に私が指名され登壇
開式の挨拶武田社長の感極まる挨拶の余韻が会場に残っている
原稿は準備していましたが、来賓の方々が全て言い尽くされ
想いのままに話すことに
あの出来事からこの日までが脳裏に浮かぶ
武田社長とは35年共に歩んできた中
彼の心中は察するに余りある
各社員の心からの頑張り
必死で前を向こうとしている姿
自分たちで支えていこう
一丸となっていこうとしている社員の姿を
想いのまま話させてもらった

あちこちですすり泣く声も
耳を貸せばこちらも話せなくなると冗談を
社長を支えてきた奥さんの企画管理部長
社内の細かい出来事にもしっかり目を向けていた
なにより大変だったのは武田社長
責任を一手に引き受けて
社員の声を出来るだけ多く入れてきた


パーティーは佳境に

フルート会場吉澤







社員代表に吉澤チームリーダーがお礼の挨拶

本当に素晴らしい会社になった
本当に素晴らしい社員たちが集う会社になった


tenhiko1875 at 17:15コメント(0)トラックバック(0)お取引先のお話  

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Profile
社員の本音はこちら