2013年03月19日

結婚記念日

3月7日は結婚30周年の記念日
どう過ごそうかと色々考えてきたが、決算月の3月ではゆっくりできる時間がない
シンプルにホテルでディナーということにした
娘たちにも事前に予定が空いていることを確認
家族で記念の時を共有することにした
あらかじめホテルにはサプライズとしてお祝いデザートを頼んでおいた
乾杯乾杯!
あっという間の30年
特に経営に携わった後半は早かった気がする





年齢差が10歳ということで
友人・知人から注目を受けていた
それは良いにつけ悪しきにつけだった
33歳と23歳からスタートした結婚生活
最初の10年は営業に専念!?
体のいい言い訳・・・・
迷惑を一杯かけていた気がする


結婚記念日娘2人に恵まれて
家族で色々な所には行けた気がする
今でもそうだが、家族との時間は楽しい
毎週どこかで鍋をつつく日がある
食事時間、それも家での夕食タイムが好きなんです
得意の握り鮨も月に一度はやります

社長になった年
突然、眠れない日が続いたことがあった
週末の金曜日の朝
そばにいて気にしていてくれた家内から
『今週眠れてないでしょう?どうしたの?』
AM5時頃だった
「・・・・ちょっとなー」
『私で良かったら話してみて?』
「・・・・・・・」
『社長になって変わったことが有ったんじゃない?』
「・・・実は今まで耳に入ったことが届かなくなって・・・」
『はははは専務が社長になったんよねー?お父さんの後は誰がやってるの?』
「えっ!そうか!社長が会長に、専務の俺が社長になったから・・・」
未だに鮮明に覚えているが
この一言が全てを解決してくれた
彼女と結婚していて良かった!と本当に思えた瞬間でした
言うまでもなくその日からぐっすり寝ることが出来たんです

色紙色紙1
サプライズを仕掛けたつもりが
娘たちが手作りの色紙と花束を
そしてディナーショーの
女性歌手がテーブルに来て
お祝いの曲を

色紙に書いてある文字は
潤んで読めなかった
帰宅して読んだが
あの場で読まなくてよかった
きっと声を出して泣いてしまってたかも

素晴らしい結婚記念日でした
改めて家族に感謝
そして最愛の妻にも「ありがとう!」


tenhiko1875 at 16:59コメント(0)トラックバック(0)ひばりの独り言  

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Profile

tenhiko1875

社員の本音はこちら
過去ログ