2012年08月27日

タイの近況報告

8月21日〜25日バンコクへ出張してきました
前回は昨年の12月だったので、興味津々でした
スワナプーン空港に着陸して、かなり距離のある駐機場で降ろされました
飛行場内は隙間狭しと、各国の飛行機が駐機していました
確実、150%は増えていると思いますし、この国が右肩上がりだと感じられます
定宿のホテルにチェックインしたのは現地時間で17時
現地駐在の小林MDが迎えに来てくれた
なんと!彼の運転でホテルへ

この日はオフィスのスタッフと現状報告の会食です
スタッフ女性

新しい仲間が参加してくれました
創業時からいてくれるPINさん、3年目のJIPさん
私が
「計画達成して海外旅行に連れってよ?」
二人口を揃えて
『小林さん次第ですよ・・・・
正にダイバーシティを絵にかいたような二人
ありがたい仲間です

後日、テパラクのTIT工場へ
TIT全景

本社からスーパーヴァイザー西谷君が元気な顔を見せてくれた
作業責任者を中心に加工スタッフ
TIT現場

新事業に携わる3人とも
テパラク

タイ人の育成は難しいとされているが
小林、西谷両名が上手くやってくれていた

タイの経済は昨年の洪水を忘れさせるほど好調
50%を支える観光も日本人を筆頭に戻ってきている
工業は自動車中心に外資系が25%を支える
タクシン系の政府は農業に集中し、世界の食料国へまい進させる方向
日系企業も難しい中国からタイへ重心を置き、
ベトナム、インドネシア、フィリピン、マレーシアをタイからオペレーションしている
インフラを充実させ、ミヤンマーも視野に入れた戦略が水面下で起きている

主力のローカルへも訪問した
BSS
DDC昼食

いずれも信頼関係が構築できており
将来戦略に議論を交わした
ウィンウィンを主体にした戦略を実感してきました

彼らは世界視野を持って活動している
日本では得られない沢山の情報を習得してきました


tenhiko1875 at 15:50コメント(0)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Profile

tenhiko1875

社員の本音はこちら
過去ログ