2012年01月31日

小中学校の同窓会

昭和36年貴生川小学校卒業
昭和39年貴生川中学校卒業
この二つの同窓会を同じ場所で、同じ仲間でやってきました
???どういう意味???
というのは小学校と中学校はグランド挟んで同じ場所にあって
同じ仲間が9年間学び舎を同じにしていたのです
同窓生は132人
私が同じクラスにならなかった人は数人程度で
一度は同じクラスになっている
だからすごく仲が良いし、兄弟に近い感覚
同窓会2この日に集まったのは40名
当時の先生が4人
2年に一度開催している
過去は4年に一度だったが
『もっと仲間と集いたい!』
女性の声が多く、そうなった
今回は少ない方で、いつも50人以上集まる

幹事は常任でやってくれているY君、I君
彼らは当時の成績上位者
あうんの呼吸で決まったそうだ
同窓会小学校の担任の先生と
6年中4年担当だった種村先生は今80歳
音楽の青山先生(当時25歳)
お互いに想いで一杯の先生たち
あの時にタイムスリップ
笑顔で杯を交わす


種村先生から
『友ちゃんはお母ちゃんの影響をよくうけていたなー』
「やっぱり・・・今振り返るとそう思うことが多いんです」
・・・・話に花咲き
「先生、覚えていますか?沢山殴られましたわ
『友ちゃんはやんちゃやったからなー
「先生、10人が並ばされ、順番にピンタしたことがあったこと
『覚えてる覚えてるあの子もおったなー』
「そうです!僕は10番目に並んでたんですが、先生は9番目でピンタを止めて『お前はもうええ!』言うて助かったんです
『何でやったんやろ?』
「先生、9番目ピンタの後、手をなぜてました
『思い出した!あのなーピンタってこっちの手も痛いんや友ちゃんの時は手が腫れ上がってなー』
「運が良かったんですねー

同窓会1中学時代の担当 角出先生
中学2年生の時
卒業生を送る演劇を提案された
【夕映え】という劇だった
なんと主役に指名されたのです
(同級生が脳腫瘍になって、その友達とどう対処してくべきか)
これがテーマだったように思う

角出先生から
『あの劇は良かったなー、皆泣いてたでー。友ちゃんは役者や
「楽しかったし、あんなに一生懸命練習したことは他にない
「先生、僕を指名してくれた時『お前は志望校K高やったら大丈夫や!だから主役やってみよや』と言ってくれましたよね」
『そうやたんかなー?』
「野球部もやりながら、演劇の練習で、毎日遅くなってました」
『頑張ったなー』
「達成感がありましたよ!
「でも先生、その翌日ですよ!『友、このままやったK高危ないで!』って言ったんですよ大丈夫言ってたのに」
『そらー出来る奴やから言ったンや悪く思わんといて』
「えー思い出ですわ



同窓会4『ブログ読んでるでー』と田代君
法政大学の坂本教授との関わりも知ってくれていた
地域の広報誌にも書いてくれたみたい同窓会3
男舞の有さん
K高校サッカー部のエース
トヨタ自動車にサッカーでスカウトされた
故障で断念
現在は建築会社の常務
同じ経営者として話が合う


同窓会5名残惜しく二次会へ
カラオケルールを4つ借り
スクランブルでカラオケ
着物姿が多かった
二次会が終わったのは18時
12時から一次会が始まったので6時間
私はここで帰ったが、彼らは3次会へ
深夜に及んだそうだ
別れずらい気持ちはよく分かる

また2年後・・・待ち遠しい
今回残念だったのは“初恋の彼女が来ていなかったこと
でも彼女は違う彼が好きだったんやけどね・・・・

tenhiko1875 at 13:14コメント(0)トラックバック(0)ひばりの独り言  

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Profile

tenhiko1875

社員の本音はこちら
過去ログ