2011年09月28日

宮崎の地鶏in東大阪・長田

地下鉄・長田駅から5分で『宮崎の地鶏』の看板が見える
何かごちゃごちゃしている店だ
中に入るとカウンター(10人まで)があり、奥に座敷がある
あちこちに張り紙があり、落ち着かない
店長は30代?
過去2回は団体で座敷を経験しているが
今回はカウンター

メニューメニューなのか、落書きなのか
所狭しと書いてある
兎に角、安い
ビールと焼酎のみで日本酒は置いてない
しかも
焼酎は宮崎産ばかり
先ず注文したのが宮崎の地鶏1地鶏の刺身盛り合わせ
この種類に驚く
大抵の店は
砂ずり、肝、ささ身程度だが
更に、ココロ、モモに
極めつけは皮の下の黄色い油身
これが絶品!

焼き物や創作料理も中々のもの

宮崎の地鶏店長の手すきになったのを見て
一寸話を聞いてみた
店構えから想像できない拘り
プロ魂を垣間見せてもらった
地元の人たちとも懇談させてもらったが
この店長はただ者でない

以下は店長との会話
「何で焼酎ばかりで、しかも宮崎産?」
『宮崎が好きですから』
「手に入りにくい焼酎が一杯あるけど・・・」
『僕の師匠が凄いんで・・・』
「子ねこ、とか凄く美味しいけど好きなん?」
『あの・・・僕飲んだこと無いんです』
「えーっ!?」
『鳥も食べないんです・・・』
「なんで?!おかしいやろ?」
『いえ、私が飲んだり、食べたりしたら偏ってしまいます』
『お客さんがホンマに美味しいと感じているものを追求したいんです』
『焼き加減もそうなんです』
『お客さんの舌は正直なんです』
一度行ったらハマる店ですからご注意を

tenhiko1875 at 17:49コメント(0)トラックバック(0)耳寄り情報  

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Profile

tenhiko1875

社員の本音はこちら
過去ログ