2011年05月21日

神話の旅掘米猯鼻租膾〜奈良〜伊勢1600km)

出雲で一泊して翌日は江津から浜田に
向かうわ有福温泉
昨年の夏に松江で講演をさせていただいた“人材塾”のメンバーでもある
旅館・樋口http://www.arifuku.com/
有福温泉といえば、昨年の秋、大火事があった
元々8軒の旅館しかなった温泉
火事なんと3軒が焼け落ちたという
再建のめどがつかいらしい
結局5軒になってしまった





旅館樋口に着いて
家内と娘たちは浴衣選び
20種類くらいあったと思う
ゆかたこの旅館の人気の理由の一つ











今回は二部屋
我々は“八幡”、娘たちはシアタールームのある“金明”
名前は石見神楽からとっている
旅館樋口露天各部屋に露天風呂
其々特徴を持たせている
昨年泊まった“天神”と違って
檜風呂と石見焼の五右衛門風呂がある
泉質も良く
肌がツルツルになる
美人湯とも

夕食夕食は別の部屋で
島根和牛やノドグロを堪能
今回も女将(玲子さん)が接客に来てくれた
彼女の話は本当に楽しい
大変な病気の話でも明るく話す
しかもすごく拘った人生を語ってくれる
女将と







3時にチェックイン
翌日、12時前にチェックアウト
『全然時間が足らんわー
『もう一回、お風呂入りたかった
『次、いつ来れるの?
と彼女たち
女将と2女将と1後ろ髪を引かれながら
車をスタートさせた








最後は最高の癒しの場
アクアス
アクアスシロイルカの前で
2時間
全く動かない彼女たち
数ある水族館で
これ程の癒しはここだけ


tenhiko1875 at 12:22コメント(0)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Profile

tenhiko1875

社員の本音はこちら
過去ログ