2015年08月

2015年08月28日

8月22日(土)大阪 太閤園で“140周年記念式典”と第2部“天晴カーニバル”
社員の自作自演での式典とパーティー
私自身も興味津々でした

AM11:00開会
P1150510司会は副社長が
第1部の企画はトキメキ委員会が中心だったという







「最初に140年を振り返って頂きます」
P1150511P1150513
前方のスクリーンにスライドショーが音楽と共に
前挽き鋸が映し出される



1875年初代彦三郎が27歳で創業
修行先の天王寺屋福本九左衛門さんから
暖簾分けの“天”の字を頂き『天彦』がスタート
感動の中で私5代目までが綴られていく

感極まって私が挨拶に立つ
P1150518初代が41年間
2代目が17年間(享年53歳で他界)
3代目父が49年間
4代目長兄が22年間
そして私が11年目
合わせて140年の歳月が流れた
企業寿命30年説は確かな位、幾度の危機があった
良く生き延びてきたと思います

今回のサプライズの一つ
経営の恩師である法政大学大学院 坂本光司教授
ビデオレターでご挨拶を頂いた
P1150533『140周年おめでとうございます。
この場に居合わせられないのは残念至極・・・・・』
7分の挨拶の中身は感激の嵐
勿体ない、数々のお褒めのお言葉
サプライズ2!
『65万の人が読んでいただいている
“日本でいちばん大切にしたい会社 5”に書かせていただきます!』

一瞬静寂の会場から
「うをー!」の声
思わず頬をつねりました


続いて、役員紹介と役職者紹介

永年勤続表彰へ
P1150545特別功労賞に角田さん
予期していなかったようで
目が潤んでいました

P115054910年表彰で
上海天彦の副総経理 朴明東君が
感動していました




P1150571



20年表彰
30年表彰と沢山の人が登壇しました
P1150576








代表して大橋次長が挨拶
入社時の事を懐かしく語ってくれました
あっという間の30年という気がしました
まだまだやってもらわないと





P1150596第1部の締めは
社員代表として新宮課長が
「一杯怒られてきましたが、今管理職となり
怒ることの難しさをしみじみ感じています」
一致団結して
150年、200年に向かっていこうと
力強く語ってくれました


今回の記念式典は社員とその家族、OB、株主だけの身内で行いました
会場内で全員の記念写真と太閤園自慢の庭園で社員のみで記念写真
素晴らしい第1部でした!
集合写真(室内)1集合写真(中庭)2


tenhiko1875 at 15:56コメント(2)トラックバック(0)ひばりの独り言 

2015年08月21日

台湾の重要お取引様である“春源鋼鐵”さん
来日された林総経理と蔡副総経理
林総経理は5年ぶりの来日
体調問題でタイミングが合わなく
5年の月日が経ちました
今回の来日は春源鋼鐵と深い関係にあった
M社社長のお別れの会に参列されるためでした

その翌日、わが社に来社
なんと来社は15年振り

台湾でトップの鉄鋼商社の春源鋼鐵は
CSCは勿論、新日鉄住金、JFE、日新にとって重要な流通です
日本の全商社と取引がある

そんな中わが社のような中小流通との取引は稀
『天彦とはハートtoハートでやれるからだ!』と林総経理

P1150499我が社の理念
“三方よし”の考え方に強く共鳴していただいている
海外のお客様と信頼関係をベースにお付き合いできる
この自信は今日、タイ、上海へ進出出来たことに繋がる






2年に1度、幹部全員が来日して
我々と高炉メーカーとの忘年会を実施してくれる
本当に感謝で一杯です


会食は庭園のある料亭で
季節の『鱧しゃぶ』でおもてなし
台湾の人は総じて食通
気に入ってもらえるか心配でしたが
「凄く美味しい!凄く楽しい!凄く良い仲間ね!」と林総経理と蔡副総経理
最高の1日でした
春源さん 010


tenhiko1875 at 12:46コメント(0)トラックバック(0)天晴社員へ 

2015年08月17日

四天王寺・万灯供養
五位堂会・万燈供養 017毎年8月12日には
滋賀の郷・牛飼のお墓参り
その翌日、家内の郷・岸和田の義母と四天王寺へ
万灯供養
夕方18:30から始まる
それまでに出来るだけ良い場所にロウソクを立てる
17:00頃には半分以上埋まっている


五位堂会・万燈供養 011

義母は
親戚全ての先祖の戒名をロウソクに書いてくれる
筒状のロウソクに
なんと!今年は13本も






五位堂会・万燈供養 021

毛筆で
しかも文字数の多い戒名も
1本700円もするロウソク
自筆の家族は少ない
会場には代筆する係の人が大忙し


万燈供養 024





18:30
僧侶が般若心経を
境内を一周する
付いて回る人もたくさんいる

五位堂会・万燈供養 026







全てのロウソクが燃え上がる
ご先祖さんに届く勢いで
心洗われる空間です

tenhiko1875 at 14:54コメント(0)トラックバック(0)ひばりの独り言 

2015年08月04日

2015年8月2日(日)は一生忘れることのできない日となりました
島根県松江の有名な水郷蔡
様々なイベントが開かれ、有名なミュージシャンのライブがあったり
中でも25万人は集まるという宍道湖の花火

昨年は8月10日でしたが、あいにくの台風で流れました
実はその時、家族で来ていたんです
今年はもうチャンスは無いと考えてもいませんでした
ところが
6月の半ばのある日1通のメールが
数年前に松江で坂本教授と講演させてもらった人財塾でお知り合いになった
お医者さんのH先生からでした

「今年も花火が近づいてきましたが、どうされますか?」

まさか!・・・・・
30席しかないレストランでの花火見物が

「昨年からお願いしていたのですが、来られるようでしたら確保しますが・・・」

メールじゃ遅い!即電話を
『先生、本当に!絶対に行きます!絶対に!』

とうとうその日が来たんです

前日は江津の有福温泉で定宿の旅館樋口で露天風呂を満喫

お祝いサプライズで
7月25日の誕生日
66歳のお祝いの会をしてもらいました
来るたびに進化している旅館樋口
http://www.arifuku.com/
この日も満室でした





2日の朝はいつものようにアクアス水族館
シロイルカに癒されて
ゴマアザラシに癒されて
3時間過ごし
いよいよ松江に
6月時点で松江市内のホテルは全て満室
仕方なく出雲のホテルに泊まることに

出雲から松江に向かうJRは浴衣姿などで満員
「帰りの切符は混雑が予想されますので、往復を・・・」のアナウンス

17時40分松江着
タクシー乗り場に・・・長蛇の列
美術館へ18時集合・・・・とても駄目
なんとか18時40分に到着

イタリアンのコース
島根産の食材がオンパレード
めちゃめちゃ美味しい

19時宍道湖の色が変わってくる
サンセットこれも見どころ
宍道湖のサンセット夕日
湖岸には人人人
聞くと無料開放しているそうです
前日から席取りに来ているそうです

見事な夕日
美味しい食事を食べながら
最高!





20時!
湖岸の照明が消える
続いてレストランの照明も消えた

ひゅーっ・・・・ドーン

始まった!
食事の手を止めて湖にくぎ付け
1万発の花火がスタートした
湖面に浮かぶ2隻の船から
惜しげもなく上がる


_MG_9169[1]生まれて初めての絵が
湖面に映し出される
縦横に打ち出される花火

息を継ぐ暇もない
観衆の雑談など無い
ただただ
『わーっ、凄ーい!』
静寂が何度も起きる
こんな体験は無い



21時3分前
誰かが子供さんに話している
『さあー来るよ!クライマックスやー!

o0800060013385018095[1]
出雲の神様をイメージしているそうです

言葉になりません
感激の拍手の後
しばらく静寂が続いていた



tenhiko1875 at 14:19コメント(0)トラックバック(0)耳寄り情報ひばりの独り言 
Profile
社員の本音はこちら
過去ログ