2015年07月

2015年07月28日

前期は寿退社の女性が2名も出ました
一人はご主人の東京転勤でやむなく
もう一人は国際結婚でシンガポールへやむなく
2人とも凄く明るく、存在感のある女性でした

その一人がシンガポールから一時帰国
翌日わが社を訪ねてくれました
私の北海道出張中だったので出会えませんでした

彼女は私を父親のように見ていた気がします
私も娘のように心身の事を気遣っていました
退職最後の日も出張でお別れの挨拶が出来ませんでした

出張明けの朝
私の部屋に入ると
何やらメモのようなモノが
静新21・坂本教授 022
その彼女の置手紙でした
感激で一人ウルウルきていました

この1枚のメモが全てを思い起こしてくれます
本当に出来のいい娘でした
海外生活ですが
何時かまたどこかで一緒に仕事が出来そうな
そんな予感を感じています

tenhiko1875 at 17:30コメント(0)トラックバック(0)ひばりの独り言 

2015年07月25日

南風会ボーリング大会が19チームで行われ、見事!我が社の天ちゃんチームが3位
大阪支部決勝大会に出場が決まりました
南風会団結社内予選で勝ち残った6人が
天ちゃんチーム、彦ちゃんチームの2チームに分かれ
決勝進出をかけ、出場しました
今年は新人藤本さんが入り
決勝進出の可能性がありました
練習ラウンドでも良いスコアを出していました
私もマイボールを2個用意し気合を入れました

スタート!
天ちゃんチームは
藤本、志野、私
1ゲーム目、3人とも滑り出し好調
マークが付く付く
『よーしっ!』
『やったーっ!』
「へーい!」
応援に来てくれた社員も一緒になって
「OK!もいっちょう!」
優勝も狙えるかのスコア


スコア
2ゲーム目
緊張からかオープンフレームが続く
・・・・・・・
「頑張ってー!」
応援席から
私の方は少し伸ばしたが
後の二人が急降下
女性ハンデ30点
これを期待した






成績発表!
『3位、天ちゃんチーム 980点!』
「やったー!」
3年ぶりの決勝進出
8月8日梅田で
藤本社長志野出田東尾藤

tenhiko1875 at 14:48コメント(0)トラックバック(0)天晴社員へ耳寄り情報 

2015年07月18日

7月7日浜松で静岡新聞主催の『静新21世紀ビジネス塾』があり
坂本教授が中心でやられており、講演依頼がありました
法政大学の大学院局員教授の西浦先生との対談方式でした
テーマは『女性の活躍推進』
静新21・坂本教授 01219:00〜20:30
中小企業の経営者が沢山来られていました
私の話はいつもと同じ
実際にやっていることを話すだけでした
対談形式は初体験で心配でしたが
西浦先生の上手い運びに大いに救われました
皆さん熱心な方が多く
メモを取られたり
的を得た質問がありました
隠すことなく
ありのままの対応をしていました










静新21・坂本教授 021翌日の静岡新聞
気恥ずかしい思いです












最後に沢山の方と名刺交換をさせて頂きました
その中に“スマイルファームスズキ”http://www.spray-mum.com/
スプレー菊専門の農園を経営されている鈴木ご夫妻がおられ
過大な評価を頂きました
握手もさせて頂き光栄です

すると今週水曜日
弊社に大量のスプレー菊が送られてきました
s-IMG_4981北海道・スプレー菊 015早速玄関と
二階のカウンターに活けさせてもらいました
手紙もあり感動しました
つたない私の話を
この様な形で受けて頂き
感謝で一杯です
これをご縁に
お互い切磋琢磨したいと
心に誓いました
ありがとうございました

tenhiko1875 at 16:03コメント(1)トラックバック(0)耳寄り情報 

2015年07月14日

新卒採用の各工程がすみ

昨日、幹部で協議し、内定者を確定しました

早速ご本人へ内定通知を入れました

明日の天彦産業に大きな力を発揮してくれる人たちです

様々なテストを乗り越えてくれ

最も大切な

我が社へのエネルギーを重視しました

新年度が楽しみです


tenhiko1875 at 11:11コメント(0)トラックバック(0) 

2015年07月03日

物心ついた頃、3男の影響を受けて阪神ファンになって60年
小山・村山時代から鮮明に覚えている
万年2位の阪神
『巨人だけには勝ってくれ!』
この想いは今も同じ

昨夜も負けて6連勝の後の3連敗
過去よりはカリカリこなくなった

4年目に入った和田阪神
どうしても彼の采配が好きになれない
戦法が予測できるし、楽しみが少ない
特に選手の心をつかみきっているとは思えない起用

我が社は社員第一主義をモットーにしている
販売戦線で活動するのは社員
その社員のモチベーションを上げるのが一番大切
和田阪神は選手第一主義であるべき
戦うのは選手
その選手のモチベーションを下げる采配・起用が多すぎる
社長室 004社長室 002昨年は運良く日本シリーズに出たが
喜べない自分がいる
仮に今季優勝しても
1985年、2003年、2005年優勝の時のようには喜べない
そのくらい彼の采配・起用は納得できない

とは言いながら
ご覧のような私のオフィス
信楽焼きの虎狸と虎熊のぬいぐるみ
毎日、一点を見つめて応援している

猛虎党はある意味、病気の一種
死ぬまで治らない
いや死んでも治らない

来期の新監督に賭けよう

tenhiko1875 at 13:59コメント(0)トラックバック(0) 
Profile
社員の本音はこちら