2013年09月

2013年09月25日

我が社のホームページのヒロインが結婚しました
佐波 芳さん
9月17日朝礼で本人から発表があった
一昨年の中南さん以来
嬉しいことに仕事を続けてくれます

9月21日土曜日
下期に向かって、士気を上げていこうと【全社会議】が開かれた
9時スタートの会議室に8時30分集合がかかった
「???????」
そわそわと女子社員が我々の手にクラッカーを手渡す
『内緒ですよ!合図に合わせてやって下さいよ』
会社からお祝いと私の“詩”を
彦友会からお祝いと花束
佐波君会長の川野係長から
これまでは今までにあった光景
サプライズ扉の向こうから
ろうそくが立っているケーキが運ばれ
『えーっ、知らなかった・・・・嬉しいー!』
と同時に全員がクラッカーを
『パンパンパン・・・・・・・』

ケーキ1本当に良い顔していました








家に帰ってみると
島根のアクアスから封筒が届いていた
何かなー?
・・・・・・
もうお忘れになったでしょうね
そうです!ゴマアザラシの名付け親でした
そのお礼の手紙でした
みらい少し成長した
ゴマアザラシの写真に
お礼のコメント

みらい
素適な名前をありがとう


めでたい出来事が続いた一日でした

tenhiko1875 at 17:13コメント(0)トラックバック(0)天晴社員へ 

2013年09月09日

念願の東京オリンピックが決まった
素直に喜びたい
日曜日は朝刊、号外と2回配達された
テレビは東京五輪一色
月曜日、新聞は休刊日!?
・・・・・???
歴史的な出来事だから、休刊日は返上してでも
国全体を盛り上げるべき役割を担ってないのかな?

あと7年後の開催
では前回は何年の開催でしたか?
【1964年】

なんと!その年の聖火リレーに参加していたのです!
隋走者としてですが・・・・
ゼッケン上下白のユニフォームをもらい
このゼッケンを付けて約2km位走ったと思います

当時、中学3年
学校内で選考大会があり、2kmを走り、上位20名が参加できる
ギリギリの19位でゴール
後3人と競っていたのですが
最後は転がるようにゴールしたのを
昨日のように思い出しました



想いでのアルバムを出してみました
身長153cmの中学3年・野球部ショート
今の姿からは想像がつかない幼さ
随走者
実家の前でユニフォームにゼッケン付けて
練習に余念がない?
よく見ると草履をはいている
隋走者が持つ五輪の旗(無くしたのか、絵で描いている)







甲賀郡内の中学数校の全員で記念写真
聖火リレー集合
最前列の左から7人目
こんな時代もあったんやと・・・





2020年東京オリンピックにも
1964年の運を活かして
再度、聖火リレーに代わる何かで参加したいものです


tenhiko1875 at 13:26コメント(2)トラックバック(0)ひばりの独り言 

2013年09月06日

徳島県の西精工http://www.nishi-seiko.co.jp/
社屋『いい会社の法則』(牧野さんグループ)と一緒に視察に行きました。
竹中工務店の設計施工で建てられた社屋
最上階の庭園の見えるフロアーは社員食堂
「社員が自慢できる社屋を建てたかった」(西社長)

今年の3月の授賞式で坂本教授からご紹介していただきました
西社長と「まったく継ぐ気などありませんでした」
東京の大学を卒業し、大手広告代理店に就職
そこで知り合った奥さんと結婚
バリバリやっていたという
ところが継承する筈の従兄の突然の死で
15年前、急きょ徳島に戻ることになったそうです


華やかな広告代理店から、鉄を使う製造業へ
頭の切り替えは、そう簡単でなかったようです

根本的に改革しなければ!
経営の勉強に余念がなかった西社長
経営の師匠に稲盛さん『盛和会』や著書『7つの習慣』をバイブルに学ばれた
そして、何より坂本教授の著書『日本でいちばん大切にしたい会社』との出会いは大きかった
以来、徹底した人本意経営、理念経営を進んでおられる

西精工「皆さんの空気感が時間を忘れさせました」(西社長)
なんと、3時間を超えるプレゼンをしていただいた
15年間の歩み
理念経営の具体的手法
それはそれは感動巨編の様
時には笑い、時には涙と、
あっという間の3時間

セミナーの机の上には夫々に歓迎微小ナットを使ったロボット
障がい者と共同で作ったクッキー
それそれの名前を書いたハガキ
席に座った途端、感動が押し寄せる
それから始まる西社長のお話だから
吸い込まれるような空気感


見学者が絶えない当社
何故こんなに丁寧に対応が出来るのか?
工場などで出会う社員は
『こんにちわ
心から出る笑顔が自然体

早朝6:30から行う全社員向け理念メールが1日のスタート
大家族主義経営
「本当の家族より大切な家族です」
西社長は言い切る

中小企業の経営者は孤独業
良い時も悪い時も不安が消える時が無い


今回の機会はそんな私の前にあった壁が幾つも無くなった気がする


tenhiko1875 at 14:44コメント(0)トラックバック(0)耳寄り情報 
Profile
社員の本音はこちら