2013年03月

2013年03月25日

3月22日金曜日 霞が関イイノホールにて
「ダイバーシティ100選」に選ばれ、表彰式に総務・上田次長と参加しました
http://www.meti.go.jp/press/2012/03/20130322001/20130322001-1.pdf
上記アドレスにあるように大企業21社、中小企業22社が選ばれました
13:00〜
会場座席
受賞企業の席が前列に作られていました
新潟の『きものブレイン』さんも選ばれていました



佐藤ゆかり
政務官の佐藤ゆかり参議院議員が冒頭あいさつ
表彰
代表企業に表彰された
NHK始めメディアがかなり来ていた
今後、3年を目途に100社が選ばれるそうです





受賞企業と主催者、関係者と記念撮影
集合壇上
後部列の左端に並んでいます





そもそも昨年の1月10日に早稲田大学大学院の谷口教授と経済産業省から取材に来られたのを切っ掛けに、にわかに取り上げられるようになりました
そもそもダイバーシティなるものを知らなかった私にとってはびっくりしました
女性の多様化ということですが、全く普通に取り組んだこと
改めて、表彰されると不思議な気持ちになりました

谷口教授
その谷口教授とスリーショット
『あの時の社長の話で目からウロコが落ちました』
昨日の事のように覚えて頂いていた
この教授のレポートが反響を生んだのは確か



選んで頂いて言うのもおかしいですが
大企業と中小企業が同じ土俵にいるという違和感はありました
ダイバーシティ経営をやる難しさは、かなり違うと思います
流れのままにやっているわが社と違い
他の中小企業は本気でリスクを顧みず取り組んでいる筈です
大企業のダイバーシティ経営は当然ではないでしょうか?



tenhiko1875 at 14:30コメント(1)トラックバック(0)耳寄り情報 

2013年03月19日

3月7日は結婚30周年の記念日
どう過ごそうかと色々考えてきたが、決算月の3月ではゆっくりできる時間がない
シンプルにホテルでディナーということにした
娘たちにも事前に予定が空いていることを確認
家族で記念の時を共有することにした
あらかじめホテルにはサプライズとしてお祝いデザートを頼んでおいた
乾杯乾杯!
あっという間の30年
特に経営に携わった後半は早かった気がする





年齢差が10歳ということで
友人・知人から注目を受けていた
それは良いにつけ悪しきにつけだった
33歳と23歳からスタートした結婚生活
最初の10年は営業に専念!?
体のいい言い訳・・・・
迷惑を一杯かけていた気がする


結婚記念日娘2人に恵まれて
家族で色々な所には行けた気がする
今でもそうだが、家族との時間は楽しい
毎週どこかで鍋をつつく日がある
食事時間、それも家での夕食タイムが好きなんです
得意の握り鮨も月に一度はやります

社長になった年
突然、眠れない日が続いたことがあった
週末の金曜日の朝
そばにいて気にしていてくれた家内から
『今週眠れてないでしょう?どうしたの?』
AM5時頃だった
「・・・・ちょっとなー」
『私で良かったら話してみて?』
「・・・・・・・」
『社長になって変わったことが有ったんじゃない?』
「・・・実は今まで耳に入ったことが届かなくなって・・・」
『はははは専務が社長になったんよねー?お父さんの後は誰がやってるの?』
「えっ!そうか!社長が会長に、専務の俺が社長になったから・・・」
未だに鮮明に覚えているが
この一言が全てを解決してくれた
彼女と結婚していて良かった!と本当に思えた瞬間でした
言うまでもなくその日からぐっすり寝ることが出来たんです

色紙色紙1
サプライズを仕掛けたつもりが
娘たちが手作りの色紙と花束を
そしてディナーショーの
女性歌手がテーブルに来て
お祝いの曲を

色紙に書いてある文字は
潤んで読めなかった
帰宅して読んだが
あの場で読まなくてよかった
きっと声を出して泣いてしまってたかも

素晴らしい結婚記念日でした
改めて家族に感謝
そして最愛の妻にも「ありがとう!」


tenhiko1875 at 16:59コメント(0)トラックバック(0)ひばりの独り言 

2013年03月15日

天彦タイの重要顧客であるDDCさんが来日された
社長のコムデさんは数回来日されているが
奥さんと姪っ子さんは初来日
日新製鋼・呉製鉄所の工場見学が来日目的
3月11日朝8時
DDC呉 004前日入りで
早朝出発で大変
初めての日本
初めての新幹線
高級カメラでコムデさんが
6、70万円はするだろう一眼レフでバチバチ
新幹線社内でも
ジャンバー姿
この日の気温差は30度
バンコクは34度
でも新幹線は感激して
車窓をカメラで何枚も


広島に着いて呉線に乗り換え
昼食に日本蕎麦を
スパイシーなタイ料理から蕎麦はどうかな?
結構美味しそうに完食
天ざるに山菜ごはん
『オイシイなー』
コムデさんは片言の日本語が出来る
アテンドの小林MDとの会話は複雑
英語、タイ語、日本語がごちゃまぜ
『広島焼のミックスやなー』

昼食後大和ミュージアムへ
特攻隊や戦艦大和、ゼロ戦と戦争を思い出す資料ばかり
大和見学コースとしてどうかと心配
心配をよそに
模型の人形にシャッター
戦艦大和の前でカシャッ
「この戦艦は日本一ですが、一度も戦わず沈没したんです」
と通訳させたのですが
『・・・・・・・』

目的の日新製鋼に
コムデ社長の目がギラギラと
約2時間の工程で見学
過去何度と見学したが
これ程熱心なお客様は無かった
質疑応答に時間が足りなく
日新と玄関で記念写真
その後見晴らしの良い研修センターで懇親会
全ての肉がだめで
シーフードのみのコムデ社長
懐石料理に舌鼓
「美味しそうな刺身だけど・・・無理なら誰かに・・・」
『ダイジョブ、オイシイ、タベル』
一人鍋の所へスポンと

「なるほど・・・その手が・・・」
『オイシイナ、サシミ
途中、日新の所長が顔を見せてくれ
英語での懇親
中々の英語力
『Win、Win、Win!』
素晴らしい表現に感激
所長には本当に感謝します

翌日、名古屋で翌々日わが社に来社
TWSと打ち合わせ
今後の信頼関係を誓った
天彦でDDC女性たちが作ったウェルカムボードを前に
集合写真





タイでも三方よしは通じる
ハートTOハートで信頼関係は築ける
そんな嬉しい自信を持たせてくれた来日でした


tenhiko1875 at 12:03コメント(0)トラックバック(0)お取引先のお話 

2013年03月08日

鉄鋼業界は混とんとして来ている
アベノミクスで仮需が出ている話を聞く
実態は見えない中、気運は上がっている
為替や株価も3月決算の大手に良い流れ
逆に輸入コスト高で値上げ気運も出ている
中小企業にとって苦難の時期は続くとみている

そんな中、最も力になるのは社員の頑張り!
その人財を評価していただく著書が出版されました
本
法政大学大学院・坂本光司教授と
坂本研究室のゼミ生
3章からなり、1、3章は坂本教授が
2章の18社の企業紹介は各ゼミ生がまとめた
我が社については
門田政巳MON蠎卍垢上手くまとめてくれています
http://www.moncompany.co.jp/
ありがたいことです






これをプレッシャーとして受け止め
社員と一丸となって、この荒波を乗り切りたいと思います
笑読していただきたいと思っています

tenhiko1875 at 10:16コメント(0)トラックバック(0)耳寄り情報 

2013年03月06日

3月4日月曜日
産学官による合同フォーラムが大阪府立大学で開催された
「みんなでつくろう明日の人材」がメインテーマ
分科会の1つ『社長はこんなこと考えている』のパネラー
辰巳工業・辰巳社長
新日本テック・和泉社長http://www.sntec.com/
3人がパネラー
学生や教授陣、官公庁の人達5,60名が集まった
学術交流会館府大のキャンパスは広い
その中にある学術交流会館が会場
ロケーションの良い会場でした
府大パメラ―






『将来世の中に出る学生に話をして欲しい』でした
ファシリテーター?は兵庫県立大の教授がされた
1.会社を経営する上で大切にしているものは何ですか?
2.仕事とはどんなものだと考えますか?
3.将来の担い手である若者たちに求めるものは何ですか?
4.将来の目標や夢を教えて下さい
以上の質問がありました

府大1質問に沿って答えたか疑問です
広い会場にまばらだったこともあるが
学生たちの聞きたいことはこんなことかなー?
質問で良いテーマが出てきましたが・・・




生意気なようですが
やや形骸化している気がした
会社説明会で接した学生が求めているのは
生き甲斐、やりがいの話だったように思う
教育の現場でそれを教えて欲しい

tenhiko1875 at 14:17コメント(0)トラックバック(0)耳寄り情報 
Profile
社員の本音はこちら