2012年12月

2012年12月27日

新潟県長岡市にある宝徳稲荷神社http://niitabi.ehoh.net/nagaoka/inari.html
雪の宝徳縄文文化の神社
朱塗りを全面塗り替えたそうで、真新しく見えた
兄弟会社の三条市・野水鋼鐵店はこの神社を祀っている
商売繁盛祈願で全国からみえるそうです
寒波の影響で積雪が見られた


本宮ろうそくほん人











本宮の中には拝殿の左右にろうそくを供える部屋が夫々ある
緑・黄・赤・白・紫と5本のろうそくをお供えします
色は家内安全・無病息災・商売繁盛等々の意味を持つと言われています
ご祈祷を受け、お札と御下がりを頂いたが
その丁寧さには驚くばかり
ご祈祷だけで30分は掛かったと思えます
帰社後、直ぐ神棚に奉って、全員でお参り
商売繁盛のご利益を

余談ですが
この神社には面白い建物が見えます


トイレ恐らくトイレと思われます
宝徳こんなところに?
社宅も同系の色合いに
意外にパワースポットだったりして

tenhiko1875 at 16:36コメント(0)トラックバック(0)耳寄り情報 

2012年12月21日

あっという間の一年
そして忘年会が今年も『湖月』で
何組かの宴会が入っていたが、気のせいか騒いでいる部屋は無い
お店に聞くと、会社の忘年会は激減しているという

19:00
幹事の彦友会の末永会長から開会宣言
我が社は忘年会とは呼ばず『望念会』という
挨拶先ず私から
明るい話を選んで話しました
特にダイバーシティで1年が過ぎた
事実であるし、わが社の女性陣は誇りです



続いて11月度ベスト社員の濱田君が乾杯の音頭
濱田いつもユニークな彼
『格調高い挨拶を考えていたのですが、全て社長に取られてしまいました』

大爆笑の会場
お見事!




来賓のご挨拶を頂き
いよいよ今年度入社の新人の挨拶へ
新人松山大学の尾藤君
関西学院の兼子さんと初々しい挨拶
同じく関西学院の浅田さんも
『社長のあの言葉○○○・・・が・・・』
なんと声を詰まらせての挨拶
63歳ともなると涙腺が・・・・遂
感動しました

我が社のアトラクションはお客様参加型
今年はテーブル単位のクイズ大会
クイズ佐波さんの合いの手が抜群!
盛り上がりました
我がテーブルが優勝!賞品をゲット


なんやメーカー・商社さんに感謝の日でもあります
社員も打ち解けられて、有意義でした




中締めは会長
やや辛口の挨拶
最後はこの人の締め
杉原常務
会長締め






盛会裏に終わりました
三々五々会場を後に


誰もいない筈の会場に・・・・
読書をしているのは誰?
まさか!
宮脇宮脇君なぜ?

tenhiko1875 at 18:28コメント(0)トラックバック(0)天晴社員へ 

2012年12月11日

本場の闘犬見たことありますか?
高知のお客様に営業をしてきたこと35年
桂浜の竜馬像には何度も行きましたが
不思議に闘犬センターに行くのは初めて
お客様のご配慮で
この度初体験

入り口から入ると、そこは土佐犬の子供たちが戯れている
土佐犬「ご一緒にお写真を・・・」
飼育係の御嬢さんに勧められ
生後三か月の土佐犬とツーショット
愛らしく、大人しい
まさか将来の闘犬とはとても思えない

階段を上がり、迷路のような廊下を通り
見えてきたのは竹で囲った土俵と周囲を取り巻くスタンド
壁には番付が貼ってある
えーっ!
飼い主は県外から沢山参戦している

神奈川や鳥取
驚いたのはハングル文字のしこ名、韓国から参戦しているそうです

呼び出しのふれ太鼓が横綱の土俵入りを知らせる
横綱見るからに強そうだ
何でも土佐犬はブルドックを掛け合わせた種らしい
化粧まわしも、綱も
100kgはゆうにあるそうです
目線をそらしてしまうほど凄い
飼育は大変で、餌代は半端じゃないそうです
戦時中、土佐犬は絶滅の危機に陥ったそうで
食べる量が半端でないため
国から「殺してしまえ!」の命令が下ったそうです
終戦後、全国を探したら、大阪に一頭いたとの話
それから復活したという

闘犬センターは土佐犬存続の意味があり
ここが無くなると土佐犬を飼う人はいなくなるそうです

遂に始まりました!
中型犬の取り組みです
4分間の勝負が始まりました!

闘犬最初の2分間はお互いを確かめ合う
行事が「始め!」と言ったら本番
劣勢だった土佐犬の一方が敢然と攻め
一気に形勢を逆転!
竹の柵に激しくぶつかってくる


『あーっ!』
思わず声を出してしまったが
血が飛び散ってくる
見る見る白犬が赤犬に!壮絶!
両犬ともに声を出さない
2分が経った
『この勝負は引き分けー』
観衆からホッとしたため息が・・・
観光の一コマとは思えない真剣勝負

実は本場所は時間無制限でやると聞いてびっくり


tenhiko1875 at 12:59コメント(0)トラックバック(0)耳寄り情報 

2012年12月03日

1949年7月25日生まれのしし座
6人兄弟の末っ子の私
お袋の詩で過去紹介してきましたが
結構面白い人生を送ってきていますのでシリーズで紹介していきます
家族の背景
父(A型)母(A型)
兄弟の色分け?
長男(A型)長女(A型)次男(A型)次女(A型)三男(A型)
大阪城そして四男の私
なんと血液型はO型!!!

科学的に何の問題もないが
これだけ続いてA型家系に何故?
後々までこれを引きずって生きていた
というか自分の言い訳に使ってきたという方が正しい

中学一年生
野球部に入った 身長140cm
一学期の中間試験が人生を変えていく
A型兄弟は全員中学で成績1番になっているから凄い!
次女なんかは通信簿が全て5(5段階評価)
(そうかー内の家系は頭が良いんやー
当然、私もそうなんやーっと
中間テストの結果が返ってきました
・・・・・・・・
(なぬっ!?9番?何で?)
(そうか!期末テストで1年が決まるんやー

と部活にエネルギー投入
・・・・・・・・
期末テストの結果が返ってきました
・・・・・・・・
あれーっ?30番?何でー?
素朴にそんな疑問を持って家に帰りました
兄弟から
『友ー!なんやこれー^0^』
笑い飛ばされ、ショックで部屋に
お袋が部屋に来て
『あんた何考えてんの?』
「お母ちゃん、内は全員1番やないの?」
複雑な顔で
『あんた、兄ちゃんや姉ちゃんは勉強してたんよ?あんたしてへんやろ?』
嘘みたいな話だけど
(そうかー!勉強ってしないと1番になれんのかー
と初めて分かったんです
それから勉強するように・・・・と行けば格好いいんですが
野球に

高校に進学する時に大きな挫折が
志望校を受けさせてくれなかったのです
(偏差値が全く足らなかったから・・・)
高校時代この時身長153cm
高校野球にはあまりにも小さい
断念をして、入部した先は
なんと!コーラス部
ここでも訳のわからない部活



この続きは第2弾で

tenhiko1875 at 14:53コメント(0)トラックバック(0)ひばりの独り言 
Profile
社員の本音はこちら
過去ログ