2012年08月

2012年08月27日

8月21日〜25日バンコクへ出張してきました
前回は昨年の12月だったので、興味津々でした
スワナプーン空港に着陸して、かなり距離のある駐機場で降ろされました
飛行場内は隙間狭しと、各国の飛行機が駐機していました
確実、150%は増えていると思いますし、この国が右肩上がりだと感じられます
定宿のホテルにチェックインしたのは現地時間で17時
現地駐在の小林MDが迎えに来てくれた
なんと!彼の運転でホテルへ

この日はオフィスのスタッフと現状報告の会食です
スタッフ女性

新しい仲間が参加してくれました
創業時からいてくれるPINさん、3年目のJIPさん
私が
「計画達成して海外旅行に連れってよ?」
二人口を揃えて
『小林さん次第ですよ・・・・
正にダイバーシティを絵にかいたような二人
ありがたい仲間です

後日、テパラクのTIT工場へ
TIT全景

本社からスーパーヴァイザー西谷君が元気な顔を見せてくれた
作業責任者を中心に加工スタッフ
TIT現場

新事業に携わる3人とも
テパラク

タイ人の育成は難しいとされているが
小林、西谷両名が上手くやってくれていた

タイの経済は昨年の洪水を忘れさせるほど好調
50%を支える観光も日本人を筆頭に戻ってきている
工業は自動車中心に外資系が25%を支える
タクシン系の政府は農業に集中し、世界の食料国へまい進させる方向
日系企業も難しい中国からタイへ重心を置き、
ベトナム、インドネシア、フィリピン、マレーシアをタイからオペレーションしている
インフラを充実させ、ミヤンマーも視野に入れた戦略が水面下で起きている

主力のローカルへも訪問した
BSS
DDC昼食

いずれも信頼関係が構築できており
将来戦略に議論を交わした
ウィンウィンを主体にした戦略を実感してきました

彼らは世界視野を持って活動している
日本では得られない沢山の情報を習得してきました


tenhiko1875 at 15:50コメント(0)トラックバック(0) 

2012年08月10日

法政大学大学院坂本光司研究室の社会人ゼミ生一行と豊岡市の企業視察に行ってきました
ほとんどの日程を東海バネ工業http://tokaibane.com/の渡辺社長にお願いしました
素晴らしい企画に一行は大感動をされていました

集合は東海バネ工業蠖脆台工場
kami
1億5千万のレンガ造りの“啓匠館”は圧巻でした
「100年後にバネづくりはこんな風にやってたんやと残したい」と渡辺社長
渡辺社長
東海

『競争しない競争戦略』の講演は何度聞いても感動する
「こんな短時間で聴くのはもったいない。正しい経営のエキスが全て詰まっている」と坂本教授
私の経営の師、もっと勉強しないと・・・・

コウノトリ

コウノトリ公園でその生態を学ぶ
豊岡が何故拘るのかは中貝市長の講演でよく分かった

宿泊先の城崎温泉・西村屋招月亭で市長の話を聞く
市長
市長2
“豊岡の挑戦”と題して話された
感動の連続
熱い!想いがこちらに伝わる
「小さな世界都市をつくるんです!」「市民が豊岡大好きに」
「その昔、沢山のコウノトリが住んでいました。農業で農薬を使い、絶滅させてしまいました。たまたまロシアからコウノトリが飛来してきました。罪を償うため、コウノトリが住めるよう約束しました。農家に理解をしてもらいました。」
城崎
市長と温泉街へ
豊岡大好き市民を目の当たりにしました
西村会長

西村屋会長が「城崎は80軒の旅館があります。80通りのおもてなしをします。また旅館は土産もの屋さんを邪魔しません。共存しています」
その通りの光景があちこちにあります

翌日
フミオ

豊岡といえばカバンの町
フミオ工業http://www2.nkansai.ne.jp/org/kaban/fumio.htmlを視察
大友社長の講演も素晴らしかった
進行性の胃癌を克服「生かせていただいた恩を豊岡に返したい」と

出石そばで昼食をとり、中田工芸http://www.hanger.co.jp/さんへ
中田工芸
ハンガー
中田社長

手作りの木製ハンバーを作っておられる
3万円のハンガーが売れるという
結婚式の引き出物の需要が増えていると
価格主導権を持たれている
東京の百貨店が「中田工芸のハンガーに吊れる洋服を売りたい」と来られたとか
カーネーションでお馴染みのコシノ三姉妹も採用していると聞く

それにしても坂本教授は熱心です。ゼミ生も仕事も待ちながらのミッション参加
頭が下がります
まだまだ、経営の勉強が足りないと、大いに反省しました

tenhiko1875 at 19:07コメント(0)トラックバック(0)耳寄り情報 

2012年08月07日

8月4日土曜日
今年も沢山のご家族を招いて開催された
テーマは『家族との交流と感謝』60数名が集う
東君説明CSビデオで紹介先ず日程を東主任から説明
盛りだくさんのメニューにワクワク
続いて、濱ちゃんからCSの作業風景をビデオで説明
鉄板が切れる場面に興味津々


社長の挨拶私から挨拶
『毎日気分よく仕事で来ているのは、ひとえにご家族の支援の賜物だと感謝しております。今年から天晴カーニバルのこの日を“家族への感謝の日”と設定したいと思います。最後までお楽しみください


最初のプログラムへ
家族との交流へ寄せ書きをしました
感謝・お願い・絵等々何でもOK
寄せ書き寄せ書き1アジサイ






アジサイをイメージした模造紙に夫々の言葉や絵を張り付けていく
出来上がったものは今も階段の壁に貼り付けています
張り紙文章旦那さんへの感謝とか
奥さんへの感謝
家族の幸せへの願い
将来の職業への想いも書いている
それそれの家族が、普段出せない言葉を書いている
この日は素直にさせるのかもしれない




場所をCSセンターに移して、工場見学へ
谷係長が説明する
子供たちもヘルメットを被り説明を聞く
ウロウロする子もいたりで冷や冷やもん
CS見学女性社員と宮脇






全員写真昼食会前に全員で
これこそ天彦ファミリー
毎年、子供さんの人数が増えている
『大きくなったら、天彦にきてよー』・・・と心の中で





いよいよメインエベントがスタート
ベスト社員乾杯7月度ベスト社員の出田係長が乾杯の音頭
受賞したばかりだからか
その声は力強く高らか
一斉に缶ビールの栓がプシュッ!



各テーブルに笑顔の花が
社長F中居・宮脇水田



坂本出田・新宮伊藤



佐藤会場












ここからは昨年と今年入社した社員が仕切ります
ピンク色に頬を染めて宇田川さんが説明
『今から袋の中にあるカードを引いて、テーブルの仲間にジェスチャーで教えてくださ〜い。声を出したらだめですよ〜
春樹新宮家からは春樹君が
中々の名演技で9つの正解






託郎杉原家からは次男の託郎君
素早い演技に回答者が追いつけず
それでも7つの正解
『もっと早く答えてよー!』託ちゃん大うけ大受けの田中さん
反り返って笑う
場内同時にやっているので
あちこちに笑いの渦が
暑さを忘れている






家内も橋川さんも宮脇分かって











外にはテントを張って屋台が
輪投げやスーパーボールすくいが
スーパーボール輪投げ輪投げ2






子供たちは大はしゃぎ
輪投げの特賞は「おねだり券」
何かと思って聞いてみると
『この券をパパやママに持っていくと、好きなものを買ってもらえるよ』
「お金は主催者から出るんですか?」とI君
『それはご両親でお願いします・・・
「えーっ!内3枚もゲットしたんよー

『今からビンゴゲームを行いまーす
マイクの電池が無くなり、地声で通る新人浅田さんが司会
ビンゴ用の電子機器が置いてある
『ビンゴ成立したらこの箱からくじを引いて下さい。そこに商品が書いてます』
『いきますよー62番!』
社員もその家族も必死です
商品説明があり、特賞は新アイテムのコーヒーメーカー
特別賞はホテルディナー券
戦々恐々
「リーチ!」
「ダブルリーチ!」
・・・・・・・・・
『ビンゴー!』
トップは坂本君ファミリー
ビンゴマッサージクッション
毎年上位賞をゲットしていきます
昨年の奥様からご主人への感謝の手紙は涙モノでした




次から次へとビンゴ成立していきます
びんご当たれやったー!濱田






パパやったー!ママアタリ!どんやもんやー





いくよー!<最後です

















誰もがゲットしたい特賞と特別賞の行くへは
最強のくじ運ホテルディナー券なんと!昨年の任天堂DSに続き
竹中さんがゲット
『こんなところで運を使い果たしていては・・・』
ディナー券は宇田川さん
「誰と行くのー?」
『・・・・・・一人で行きま〜す





最後は常務の一本締め
締めは常務『この元気を下期にお願いします!』
あっという間の5時間でした

合間を見つけて家族の声を会場で披露してもらいました
『子供たちが、今年の天彦のお祭りは何時?と楽しみにしています』とM君の奥さん
「いろんなゲームがあるので行きたい!と心待ちにしていました。
『女子社員の皆さんが本当に良くして頂けるので気持ちが良いです。』
嬉しい言葉です
水田家内七海家族の声






3年前に植樹した木をバックに家族写真を
植樹伊藤植樹水田植樹柴田





植樹坂本植樹

tenhiko1875 at 14:32コメント(7)トラックバック(0)天晴運動 
Profile
社員の本音はこちら