2012年04月

2012年04月26日

第2回日本でいちばん大切にしたい会社大賞:審査員特別賞を受賞された
その会社の名前は
蠅ものブレインhttp://www.kimono-brain.com/
授賞式での岡元社長の感極まるご挨拶が目に焼き付いていて
どうしてもこの目で見てみたいとずっとありました

4月23日〜24日と新潟出張計画が湧き出てきて
このチャンスに
兄弟会社の衞鄂綛沛津http://www.nomizu-koutetsu.co.jp/武田社長と行くことにしました
三条市から南下すること1時間15分
新潟県十日町市にこの会社はある
高速を降りるとそこには雪景色が
きもの
50cmは積もっている
『この辺りは2m位平気で積もりますよ』
と武田社長
この日の四国は28℃の夏日
三条市で満開の桜が7分咲


『十日町市は過去きもの町って言ってました。』
市内を走っていても、その面影が見られません
2、3の看板は見ますが・・・・
インターおりて20分
きものブレインと書いてあるビルが見えてきた
玄関にはファクトリーの字が
エレベーターで応接室へ
あのご夫妻のお出迎えを受け感激!
岡元社長と岡元副社長です
きもの1

お顔を拝顔しますとまるで仏様のように柔和
ご挨拶はそこそこにして
経営のお話をお聞きしました
その中身はまるで宝箱のようでした
「日本でいちばん大切にしたい会社」とはこういう企業なんだと改めて認識しました
社長のお話は
『きもの市場はバブル前と後では10分の1以下になってしまう斜陽産業ですが、今では日本中の着物が集まってきます。
『どうしても日本古来の文化を守りたいのです。』
『タンスに眠っている着物を気軽に着て欲しいのです。』
企画して投資して始める、どれも3年は赤字事業ですが、不思議に必ず花が咲いてきます。』
徹底してお客様目線の経営を貫いています。その投資は惜しみません。
等々
私の経営などはお尻が青いと反省させられました
従業員は230名 内障害者が23名もおられます
ベトナムに工場を持っておられ従業員540名とのこと

奥さんの副社長に工場を案内していただきました
感動と驚きの連続でした
部屋に入ると全員が『いらっしゃいませ(^∀^)』と
全く無理のない自然な笑顔
皆さん手を止めての挨拶に恐縮します
知的障害者の方も車いすの方も
豊かな顔で『いらっしゃいませ(´∀`*)』
ある女性の障害者の方に武田社長が
「楽しいですか?」
満面の笑みを浮かべ
『はい!楽しいです
心洗われます
複製、修理、汚れ落とし、デザイン
各工程はアナログだらけ
ディスプレーに23,700の数字が
『本社に今ある着物の数です。』
各工程ごとに着物の数がリアルタイムで管理されている

『新潟大学や県外の有名大学の芸術学部の学生が一杯就職エントリーしてくれます』
『こんな斜陽産業でも、お客様に喜んでもらえる仕事がしたいようです』
あのリーマンショックは全く影響を受けず、業績は良かったという
これらの企業には共通点があります
・徹底したお客様への対応
・人がやりたがらない多品種少量
・経営者が社員やその家族を大切にしている
・明るい企業風土


異業種は本当に学ぶところが多い
逆転の発想が大きなコストダウンを生んでいる
業界常識に囚われていても何も生まれない

tenhiko1875 at 15:50コメント(0)トラックバック(0)耳寄り情報 

2012年04月21日

毎年、入社式に合わせて花壇がデザインされる
準備
担当するのはスッキリ委員会
今年の委員長は竹中さん
昨年は経営方針から
DCT140の花文字
今年はどんな花壇になるか楽しみにしている



今年は3人の新入社員を迎えた
「どんな花文字にするの?」
と3月のある日に聞いてみた
『えーそれは・・・・お楽しみに
と教えてくれなかった

4月2日(月曜日)入社式
出社すると
花壇
花文字でなかった
新入社員全員が語学堪能ということもあるのか
ボードに英語で
WELCOME to TENHIKO

来訪者も増えているので
この企画はいいかもしれない

tenhiko1875 at 10:47コメント(0)トラックバック(0)天晴運動 

2012年04月18日

2005年にタイへ進出、2007年に上海へ進出
30名程度の中小企業、しかも基幹産業である鉄鋼の流通
それが2か国に進出している
自社のことながら信じられないと思うことがある
先日のNHKのインタビュー(放映されなかったが)にも応えたのですが
私は本当に人に恵まれています」
思い起こせば
タイ天彦を経営してくれている小林君
京都の大学を1年の休学を経て卒業してわが社へ応募
最終面接に数人がいたように思う
『1年間休学でインドネシア等をバックパッカーで周っていました』
成績優秀な他の学生をおいて、この一言で採用を決めた
海外進出などこの時は火種もなかったのですが
ハングリー精神は人一倍あったのは間違いなかった
入社3年目のある日
「小林君、自動車メーカーがどんどんタイに出ているそうや。一度一緒に見に行ってみようか?」
と声をかけてみた。なんで彼に言ったのか未だに分からない
『是非行きたいです!』
と二つ返事
右も左も分からないタイなのでメイン商社にアテンドをお願いした
想像以上の発展ぶりに目を白黒
帰国後
「小林君、タイって面白いなー。興味ない」
『東洋のデトロイトって本当ですね!これから発展しますよ!』
「しばらく行ってみるか?」
『いいですよ、行きます!』

こんな軽い会話で成立したのですから驚きです
当時27歳の彼
小林夫妻8年目になり
十数人を抱える立派な企業にしてくれている
駐在中に知り合ったチュラ大学卒の
才女と結婚、息子と3人暮らし
タイ素晴らしいスタッフ
他の日系企業から
(どうしてそんな優秀な子を採用できたの?)





一方、上海天彦
2005年のある日
家族で韓国ツアーに参加した
同じツアーに新婚旅行のカップルがいた
日本語を話すので日本人?
いやハングルを話すので韓国人
あれっ?中国語を話している

帰り便で、隣の座席に2人がいた
「あのー君たちはどこの国の人?」
日本語で
『中国人です。日本に留学中(関西学院大学院)です。』
「韓国には観光に?」
『ええ、新婚旅行です。お祖父さんのお墓もあるんで・・・・』
「日本で働くの?」
『今就職活動中です。妻は上海人で上海で働きます。私は日本が好きなので・・・』
「じゃ、日本で再開して食事でもしよう」

名刺を渡して、その日は別れた
数日後に会食を持ち
『就職させて欲しい。』と来社することなく決めたから不思議
その彼が本社で2年半
ある日
『会社を辞めないといけないのです』
と深刻な顔で
「何故なん?君は日本にいたいって言ってたやない。」
『妻が上海なので、両親からきつく叱られて、上海で一緒に住みます』

とっさに
「中国を知りたいから、1年間上海でFS活動に付き合ってくれないか?」
『妻の両親を説得します。1年なら良いと思います』

中国進出は成功率が低いと思っていたので、この時点では出る気は全くありませんでした。

朴ちゃん当時28歳
それから話が進み
2007年に上海天彦祥が設立するとは
先日朴君夫妻が来日
改めてわが家族と談笑
二日後に朴君の誕生日で
ケーキ『僕の人生は凄くついています。彼女と北京の大学で出会って結婚できたこと、あの飛行機で運命的な出会いで今日日系の上海天彦祥で経営陣としてやれていること、本当に感謝です!』と

今日のタイと上海への進出
彼らがいなかったら、絶対に実行していない
本当に運命的な出会いの人達です


tenhiko1875 at 13:18コメント(0)トラックバック(0)ひばりの独り言 

2012年04月10日

入社式の午後5時、恒例の決起大会
3名の新入社員も加えて、大会議室で始まった
組織改定もあり、新たな気持ちで臨んだ
先ずは営業本部から
新宮国内総括・新宮課長
『組織を機能させる』と
最も多くの部下を持つ
昨年の二の前は絶対にしない!と
気合十分


佐藤CSセンター兼務・佐藤課長
昨年秋から大きな気づきがあった
人に感謝する気持ちが分った
SPから大きな信頼を得た
行動力も出た
常務から『CSセンターを任す!』
大抜擢だ
当たり年の48歳
「残り1周は恩返しです!」と



山川海外総括・山川部長
海外に関する事柄は全て関与する
TWSをまとめ
開発も担当する
歴史と伝統を伝承し
革新していく覚悟を見せた
美保主任に昇格した
TWS伊藤美保さん
トライアングルをしっかり成功させたい
先のNHK Bizスポでスポットがあたった彼女
大変な中、家庭と両立をさせている






川野こちらも主任に昇格した
SPチーム・川野さん
机の周辺の整理整頓は社内トップ
仕事の速さも天下一品
「天彦のおかん」と自称している
宇田川川野主任の指導の下
今期から営業に出る宇田川さん
不安が一杯と言う
そこは天彦の女性陣
立派に育ててくれると思う








宇田川1田中全体みんなの視線を浴び
緊張の中
決意を発表する
何回経験しても
慣れない部分がある



浅田兼子尾藤











     新人の浅田さん        兼子さん           尾藤君
いずれも優秀な人材
英語は勿論のこと、尾藤君は中国語も堪能
将来のトライアングルの要になってくれると期待している

西谷中居濱田











STI上海のスッタフからも
末永君が訳して発表











常務社長
最後は常務と私で締める
皆の気合いに負けられない

ある意味決意を共有する
清々しい気分になる








新人
入社一週間
早、電話を取り次ぐ
『ありがとうございます。天彦産業の新人の浅田です。』
戦力になる日は近い

tenhiko1875 at 15:27コメント(0)トラックバック(0)天晴運動 

2012年04月04日


波乱の前期を一新しようと4月1日(日)幹部たちと伊勢神宮にお参りしました
お神楽を奉納し、商売繁盛と社員の健康を祈願しました
伊勢この日は大混雑
1日であることと
大相撲伊勢神宮奉納があり
白鵬はじめ沢山の関取が来ており
その見物客もありで
ごったがやしていました

特別参拝許可書を頂いていますので
正宮の中に神主さんの案内で入ります
空気の澄みきった正宮内は
気を満喫できます
幹部たちも初めての体験に感激していました

翌4月2日(月)事業年度式と入社式を行いました
今期は3名(男1名 女2名)が仲間になってくれます
上田総務の上田次長の司会で進行
国旗と社旗を前に
緊張感を感じさせてくれます
社長






先ず私から今期に対する覚悟を伝えました
業界も周辺も大きな変化が予想させる今期
想いを一つにしないと、到底乗り越えられない環境です
ついつい熱が入り、語気が強くなったようです
辞令尾藤続いて
新入社員へ辞令交付です
いずれも優秀な学生でした
夫々が力強く、決意を発表してくれた



昇格辞令の発表と続き
昇格美保川野






決意大橋君が次長に
伊藤美保さんが主任に
川野さんが主任に昇格しました
夫々抱負を発表してくれ
その覚悟を見せてくれた



式を終えて玄関へ
全員辞令授与辞令を受けた人たちを囲んで
全員で記念写真を
更に対象者と記念写真
心機一転やろう!
そんな気持ちが伝わる



花壇今年の花壇は
何時もの花文字でなく
ウェルカム看板
手作り感いっぱいのもの
スッキリ委員長も新任となり
目先を変えてきた様子


昨年後半から中期計画を立ててきて
組織も革新し
この難局を乗り切るエネルギーは十分ある

今期ほど
社員それぞれの目の輝きを感じた年は無い
間違いなく、良い結果を生んでくれる筈


tenhiko1875 at 14:36コメント(0)トラックバック(0)天晴社員へ 
Profile
社員の本音はこちら