2011年11月

2011年11月30日

縁というのはいつでも、どこでも出来るものではない。縁は感じ取らないと生まれない。その感じる度合いで深くも浅くもなる。
【有福温泉・旅館 樋口】 http://www.ryokanhiguchi.com/
昨年、島根(松江)人財塾の講演をさせて頂いたことをきっかけに、翌日の宿泊先に家内がここを選んだことで深い縁となった。

島根県江津市に有福温泉がある
その昔は沢山の旅館がある温泉街だったそうで、芸者さんも沢山いたそうです
昨年には大火事もあり、今では5軒程度の旅館がある温泉に

そんなロケーションに旅館樋口がある
毎日ほぼ満室の状態
その理由は長男の樋口専務(39歳)の手腕と女将のスタンスにある
東京で就職していた彼に女将(母親)からヘルプの声
『戻ってみると火の車、どうしょうもない状態じゃった』と専務
それから予約の取れない旅館に立て直した手腕は見事

その仕掛けを一部紹介します

玄関ロビー竹と茶香をコンセプトに
玄関やロビーは趣一杯!
大きなスペースを取っている
大きな旅館とは違う
玄関から入ると階段が見えたり
田舎の大きな家の玄関先みたい

色々な柄の浴衣が並べてあり、
女性客は先ず食いつく

ロビーで大きなオルゴール時計がおいてある
椅子や敷物
竹細工
全て、経営者と社員の共有の中で設営している
我々を歓迎してくれている
そんな心が伝わってくる


チェックインしてからも仕掛けが一杯ある
部屋に案内される途中
試飲『こちらは色々のお茶をお楽しみ下さい』
『地元の日本酒、焼酎、梅酒もお楽しみください』
ロッキングチェアーやソファーがあり
ゆっくりくつろげる
図書館『こちらは図書室です』
大人から子供まで楽しめる
図書室や試飲室にも一筆書きメモが置いてある
書いたものを見ると
『パパありがとう。こんな素敵な所を選んでくれて
『結婚して初めての温泉、ありがとう感謝します』
奥さんや子供からのメッセージが目についた
その他、DVDの貸し出しの部屋や寛ぎの空間があちこちに

いよいよ部屋に
今回は“恵比寿”の部屋
石見神楽にちなんだ名前が使ってある
天神、八幡、岩戸・・・・等々
恵比寿ほとんどの部屋には露天風呂がある
テレビは50インチ以上で
DVDが楽しめるシアター風のオーディオシステムがある
寝室は和モダン

部屋食部屋食を楽しめる
この日は女将さんと専務が相手してくれました
なんとリピーターは1000人を超えたと言う
毎年来るお客さんもあるとか

因みに我々は昨年から3回目、完全にはまったと言える

料理は言うまでもなく一流の味
幻の魚“ノドグロ”、島根和牛といずれも最高
夜食のおにぎりもこっそり置いてある

仕掛けはまだある
有福カフェカフェ
宿泊客以外も沢山来られる
焼き立てオリジナルパン
温泉水を使ったオリジナルコーヒー
島根和牛カレー
多彩なスパゲティー
ホームページで改めて見てください
これらのメニューはスタッフが考えて行っている
あちこちの仕掛けも
スタッフのアイデアが目白押し
自主性を凄く重んじている経営
見習う点が多い

その二人が月曜日(28日)わが社を見学に来てくれました
ウェルカムボード一通りの案内を
長女がプレゼン形式でして
新入社員2人に質問に応えさせました
積極的な質問に時間の経過を忘れるほどでした
『色々勉強になりました』
と言っておられたが
私が得たものの方が大きかったような気がする

本当に不思議で深い縁が出来たものです
家内を同行させると、不思議な縁があちこちに出来るのです
何か持っているのでしょうかねー


tenhiko1875 at 16:10コメント(0)トラックバック(0)ひばりの独り言 

2011年11月24日

島根県立大学での交流会の翌日11月17日
石見食品蝓http://www.iwami-foods.co.jp/
に横田さんの計らいで訪問しました
工場ふるさと島根定住財団の山藤さん、槇森さんも同伴していただきました
家内を入れて4人で工場を見学させていただきました

石田専務出迎えて頂いたのは
人財塾で知り合った石田専務さん
築10年と聞いた建屋ですが
食品会社らしく、非常にきれいでした



2階の会議室へ向かう廊下から
工場の全景が見えました
ラインまさにリアルスコープです
会議室会議室で
会社概要や業界情報を聞き
我々の業界と違う難しさを感じました




社是
作ることへの喜びを感じ、
働くことへの生きがいを感じ、
感謝の気持ちを大切にしよう。


工場見学をしていて、この社是の浸透を垣間見ました

ケア見学前に入念な準備が
使い捨ての白衣に帽子
(顔も隠して?)
エアークリーナーを通過し
粘着ローラーで埃をとる
白の長靴を履いて
消毒液に浸す
やっと工場へ

先ずは大豆の貯蔵庫
拘りの国産フクユタカ(佐賀県産)と(島根県産)
米国は指定農園の大豆
大豆約14時間熟成させる
粒が2倍くらいになる
なんともいい香りが漂う

ラインへ送られ
搾られ、豆乳に
『飲みますか?』
紙コップにすくってもらい
「甘い!コクがある
『ノウハウですが、イオン水を使うとこういう味になります



40丁団体3℃40丁分が板状で流れ
刃物で40丁に分割
8丁ずつ容器に入れ
ベルトコンベアーに
まるで小学生の登校風景のよう
ブランド名のシールが貼られ
冷水に飛び込む
3℃に保たれている
10m位冷水をくぐり、ケースに詰め込まれ冷蔵庫へ
出荷待ちをするそうです

別のラインを見ると、特殊鋼業界でよく見るラインが
(焼き入れラインと酷似・・・
『厚揚げ豆腐を作っています』
8丁が並んで油に飛び込む
出口に上がってくると小麦色に
(美味しそう・・・
厚揚げ出来立てをケースに
たまらん香り
『後で出来立てを試食していただきます』
「・・・・・・・

鉄板で焼き豆腐を焼いている
『大概はバーナーでやるようですが、この方が美味しいです』

厚揚げ部屋に戻って
早速 試食
「美味い!こんな味初めて!」
4人とも 言葉にならない



「関西で食べたいなー」
『過去出したことがありますが、風味が落ちますのでやめました』


水・大豆・味に拘る

異業種は本当に勉強になる
改めて拘りの必要性を教えてもらった

感謝

tenhiko1875 at 14:32コメント(0)トラックバック(0)耳寄り情報 

2011年11月19日

今年の8月9日石見ネットワークのご一行がわが社に来られたことがきっかけで
この度の講演依頼がありました

主催は島根県立大学 キャリア支援室
島根県商工労働部雇用対策課ふるさと島根定住財団の共催として開催された
目的は
「中小企業で働くことの魅力を知ってもらう。」
「学生及び島根県の企業経営者に魅力的な経営者の考え方に触れてもらう。」

11月16日15:00〜講演
      16:40〜経営者と学生の交流会
以上が要旨です

いつものように家内をカメラマン兼秘書として同伴
県大(島根県立大学)には有福温泉の樋口専務に送ってもらった
すでに横田さん(石見ネットワークの中心的存在)が待っておられ
学長室に案内された
短大からスタートした本大学は約1000名の学生がいる

http://www.u-shimane.ac.jp/
広いキャンパスに日本海を見下ろすロケーションは最高
関西圏ではまずない

学長は『県外の学生が半分以上、何とか県内に定住させたい』と

15:00大講義室に移動

講演1会場には学生が50名〜60名
企業経営者10名位
行政関係者20数名
傾斜のある講義室
思わず学生時代を思い出す


演題『会社の発展は社員の幸せから』をご指定頂いた
15:10スタート
講演学生と経営者が同席なので
話の中身に随分悩んだが
そこはO型の私
やりながら考えようと・・・・
自己紹介から始め
尊敬する桂枝雀の言葉
『笑いは緊張の緩和で起きる』
を意識して、吉本興業志願者らしく
学生たちの反応は上々
つかみは成功したように思う

我が社の企業活動と企業理念
会社説明会で学生たちに話す内容
我が社が求める人材を強調して終えた
横田締めは横田さんが
『この講演が良かった、凄く今後に参考になったと思う人!』
ほぼ全員が挙手してくれた
それを見て横田さんが
『皆さんの人生・・・・・・・・』
感激で言葉にならない
本当に熱い人だ

場所を変えて、学生と企業経営者との交流会
交流会主催者から説明
『この機会に学生は経営者に色々な話を聞いて欲しい』
まず経営者から自己紹介が
石田専務前泊した旅館樋口の専務
翌日見学した石見食品専務
各企業、自衛隊などが行った

続いて学生も自己紹介を行った
素直な学生が多く
特に女子学生がしっかり話した
(この傾向は会社説明会でも感じる)
リクルート活動ではないので服装は様々


いよいよ各テーブルに分かれて
経営者と学生の交流が
交流会1交流会2率直に色々聞いてくる
『講演感動しました。』
『人間の幸福感の本質は凄い参考になりました』
多少よいしょもあろうが嬉しい限り


それにしても主催者の真剣さには頭が下がる
都会では考えられない
島根定住の若者減少がつづくこの地
深刻な問題だ
大学のキャリア室の一人
『あまり手を出し過ぎてもいけないですが、何とか島根で働いて欲しい思いで一杯です』都会の大学のキャリアセンターを知っている総務のU君
『学生から来なさいという感じで、受け身です』
企業数が少ないところに、雇用の枠が少ないのが現状

国の地方分権政策を強化しないといけない

打ち上げ打ち上げは浜田駅の近くの居酒屋
旬のノドグロのたたきや真鯵、これまた旬のイカ
いわゆる“どんちっち”三昧(イカは入らないが・・・)
達成感に満ち溢れた主催者の顔
『これからが勝負です。』
『島根を守りたい!』

講演させてもらったことより
おらが国をこんなに真剣に考えている人が
こんなに沢山いることを知ったことが財産に
大手企業を辞めて、“ふるさと島根定住財団”に転職した皆さん
キラキラした眼で
『樋口社長、また来てください!島根を好きになって下さい!』
もうすでに家族ともども好きになっていますよ

トピックス
シロイルカで有名な水族館“アクアス”
この春赤っちゃんが誕生し、名前を募集していました
ゴールデンウィークに家族で行き、次女が投票
見事!採用され名付け親に!
名前は【シーリア】

ちなみに母イルカはアーリア
娘曰く『島根のシ、幸せののシ、海のシー、白イルカのシ』から名付けたらしい

tenhiko1875 at 15:14コメント(0)トラックバック(0)天晴社員へひばりの独り言 

2011年11月14日

先週、高知へ出張の時
新大阪から岡山まで700系さくらに乗りました
さくら2
高知に行くのにどうして新幹線?
実は伊丹から飛行機は沢山出ています
残念ながら、機種は大半がボンバルディア
こんな危険な機種には乗れない
岡山まで新幹線で
岡山からは特急南風号
時にはアンパンマン号

新大阪から鹿児島中央まで3時間45分というから凄い!
さくら1さくら席





ホームに入ってきたさくらはのぞみ700系とは少し違う
デザインも落ち着いた感じで
車内はグリーンかと思うくらい広いシート
長距離に気を配ってくれている
(このまま鹿児島へ行こうかなー)
本気で考えました
さくら岡山で降りて
名残惜しく
発車したさくらの最後部を写メ
(飛行機より凄くいいなー)
余韻に浮かれながら
土讃線ホームへ

ギョッ!
いつもの南風の景色と違う!
指定席が無い?
自由席も立っている!
高知まで2時間30分
立ったまま!?
さくらー


高知で全国レベルの会議があったらしい
幸い、多度津で座れたが
準備不足・・・・・反省

tenhiko1875 at 17:55コメント(0)トラックバック(0)ひばりの独り言 

2011年11月02日

2011.11.1凄い良い日に石切神社に参拝

営業を中心に16名で行った

この日は朝から駐車場は満車状態

15:30本殿にて商売繁盛のご祈祷を受けた

役員4人が玉串を奉納

それについて全員が祈願

石切りご神木と本殿を背景に祈願写真

陽光を一杯に受け

ご神木はパワースポットとして有名

いかにもパワーを授かった気がする

祈願旗を奉納している五社明神社

神武天皇が蹴りだされた石へも

全員が祈願

折しもタイでの洪水

タイ天彦にも危機迫っている中

その祈願にも念が入る

毎年参拝していることからか

今回は檜つくりの大きなお守りを授かりました

ご利益がありそうです

tenhiko1875 at 12:04コメント(2)トラックバック(0)天晴社員へ 
Profile
社員の本音はこちら
過去ログ