2011年01月

2011年01月31日

大阪実業団駅伝の続編
切っ掛けは神谷機工さんからの話
3年前から参加しておられる
『天彦さんはジョギングやっているから出たらいいですよ』
神谷社長の息子さんからのお誘い
昨年の南港ATCシーサイドリレーマラソンも彼が教えてくれた
この大会で3位に入ったのでわが社に火が着いた

しかし・・・・

大会ルールを見てみると
会場は長居陸上競技場
1チーム7名(選手6名+補欠)
第1走者 7.1km
第2~第6走者 各3.3km
初出場は6部(1~7部中)で参加、250チーム位がこの部
新宮ゴール横断幕1周目





わが社の男子は29名
役員を除くと25名
更に50歳以上を除くと18名になる
2チーム参加となると14名必要となる
選手選考会が昨年8月と10月にタイムトライアルで実施
選抜チーム(上位6名)・・・Aチーム
オリンピック憲章チーム(参加することに意義で6名指名)・・・Bチーム
どちらの補欠も故障者
残りの4名はゴールせず組

そんな経緯を経て
Aチームが1時間37分で見事! 61位
恐らく来年は3部に昇格
一方、オリンピック組のBチームは215位
時間差約40分
末永2西1谷















宮脇柴田新宮












Aチームは予想を上回る好タイム、濱ちゃんなんか28位の記録
毎日せっせと早朝ジョギングしていたもう直ぐ50歳の谷君
奈良マラソン完走したアンカー管理部長
西君、水田君、7.1kmを好タイムの末永君
感動させてくれた

一方、Bチームはゴールしてくれるのか・・・・?があった
1走者宮脇君、2走者から柴田君、金君、出田君、伊藤君
アンカーの新宮君はトラックに入って5人抜き
特に、金君は心配させたが完走した
自分だけだったらリタイヤしたかも
駅伝はチームを思いやる

応援1応援全員







応援は他の社員全員
雪の舞い散る厳寒のこの日
約3時間立ちっ放しは大変
3箇所に分れての声援
ある選手は
『女子の応援団付近でエンジンが掛かり過ぎ、後半ばてました
ゴール付近は横断幕で大声を
『あれは効きました。最後の力を出せました
アンカー新宮1西.









久しぶりに声がガラガラになるほど応援した
夫々に一体感を感じた一日でした
明くる日の月曜日
何事も無かったようにジョギングをする
これが天彦カラーなのかなー

tenhiko1875 at 14:54コメント(0)トラックバック(0)天晴運動 

2011年01月24日

1月18日~22日上海へ行ってきました
前回は昨年の9月、4ヶ月ぶりとなるが、大きな変化を実感
改めて、この国の凄さとパワーを知りました
一方、海外進出の活発化と混迷の政治の中
わが国はどう舵をとるのだろうか?

浦東空港に着くと外は雪が舞い散っている
今シーズン初めての雪らしい
上海3見る見るうちに雪化粧
3年前に大雪があったらしいが
それ以降は初めて
だから、それなりの対策しか打っていない街
いや、何も打っていないが正しい表現

杭州へ足を運んだが、大変な目にあった
上海発の新幹線に9時乗り込んだが
出発後5分、停車
車内放送で説明も無く、60分
結局、2時間遅れで到着
上海4駅構内は人で大混雑
春節を前の帰省が始まっている
大きな荷物を持った家族があちこちで腰を下ろしている
切符をゲットしていない家族もあるという
大混乱で駅構内から脱出できない

上海10外に出ると上海より雪が多い
何とかタクシーを拾い
3倍フッかれられ、お取引先へ
ノーマルタイヤで普通に飛ばす
クラクションを鳴らし、車体を振りながら
生きた心地がしない

上海8『きれいな雪ですよー』と朴君
『雪合戦できますよー!』
緊張が取れない私は
「・・・・・・
とても冗談なんか出ない

夕方から忘年会
早めに切り上げ杭州の駅へ
20時40分発で上海へ
更に人が一杯の駅で9時過ぎても案内は無し
上海9上海6完全にグロッキー
上海へは10時頃の予定も
日付が変わってしまった
ここでもタクシーは無し、地下鉄は最終?
切符売り場は閉まっている
それでも地下へ激走の朴君
必死についていく
『何処行きでも良いから、タクシーある駅に降ります』
意味が分らないまま着いていく
ホテルに着いたのは25時
生中国に初めて触れたかもしれない

5日間で観た上海は刺激的だった
1.鉄鋼は5年遅れが、宝山では1.5年遅れ
 (品種によっては逆転している。例:自動車用鋼板)
2.モノ作りは中級レベルから上級レベルをクリアしている
 (電子レンジは世界の市場を押さえている。日系も大半がOEM)
3.国産鉄鋼資源を増産して、コスト対策している
 (タダ同然のカウント)
4.宝山の経営方針が顧客第一主義になってきている
 (大手ユーザーが世界戦略を打っているから)
5.コピー品容認は欧米日の製品が高すぎることが理由?
 (中国人が買えない価格だから、コピーで満足を与える政策)
歴史的にチャレンジ精神が強い中国人の魂を垣間見た!
O氏問題を政治の中心に置く現政権に不安を感じざるを得ない
民間先行型では対中国戦略は勝負にならない


tenhiko1875 at 17:00コメント(1)トラックバック(0)ひばりの独り言 

2011年01月17日

電工掲示1月16日(日曜日)長居陸上競技場で開催された
わが社から2チームが出場しました
エースを集めたAチーム
ジョギングの成果を見せるBチーム
予選会も行い、盛り上がっての駅伝


応援1応援この冬一番の冷え込み
応援も全社員が駆けつけた
横断幕を作り
完全防備で臨みました



1~7部あり、初出場は6部に
なんと6部だけで235チーム
全体では500チームを超えているとも
見事、Aチームは61位に入った
本当に皆よく頑張ってくれました



スタート前全員1周目






詳しくは次号以降で

tenhiko1875 at 16:13コメント(0)トラックバック(0)天晴社員へ 

2011年01月11日

石切神社は我が家の守り神です
月参りを岸和田の両親と家内の4人でしています
境内にある五社明神社に商売繁盛の祈願旗を揚げている
旗五社明神社
今年の位置は昨年より一歩前になっている
拝礼の場所からは見にくいが
少しずれると見える位置になりました
どうってことないようで気になるもんです
本殿でご祈祷を受けて、五社明神社へ
『商売繁盛宜しくお願いします』

昨年から始めたが、ご利益はありそう


12月から月参りの後、カラオケ大会をコースに
カラオケハウスはどうやって利益を出しているのか?
利用するカラオケハウスは持ち込みOK
但し、ワンドリンク制
4時間利用して1人千円要らないから不思議
昨日は義母手製の玉子焼きとチキンの竜田揚げ
大好物のクワイの煮付け
家内は特製の炊き込みご飯
ビールやお酒を持ち込んで
まるで遠足
娘2人も参加して、6人が採点ゲームをやる

事件が起きた!
なんと!採点で100点満点がでたー!

歌ったのは義母『桜の川』という演歌
「最近練習している歌やねん。そやから出たんやろか?」
『えーッ!?100点?ありえへん!』
と周りは驚きと・・・・疑いが・・・・
その後、私が得意な曲を歌った
73点????なんでー!?
娘達や家内が歌うが、90点台止まり
複雑な空気が流れる
・・・・・・
『もう一回同じ歌でやってみて!?』
全員が懇願
『桜の川』をとうとうと歌い上げる義母

静寂が流れる

得点は
『出たー!また100点!』


tenhiko1875 at 17:07コメント(0)トラックバック(0)ひばりの独り言 

2011年01月05日

新年あけまして おめでとうございます
2011年が明けました
元旦は家族揃って、ジャスコで千本引き(5,000円/本)で運試し
早朝から整理券をゲットするために、並ぶ・・・
ところが・・・
スーパー不況の波がとうとう来て、今年から中止
違和感一杯の元旦を迎えました
初詣は岸和田(妻の郷)の岸城神社へ
絵馬城
ここでは毎年、おみくじを引く
なんと!昨年に続いての“大吉”
書いてあることが不思議に当るんです









1月5日初出式
一年の中でも凄く好きな朝
『あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。』
あちこちで聞こえてくる
この空気が好きなんです

そして初出式が始まる
先ず会長の挨拶
会長干支の話を詳しく説明
マクロ状況から今年を占います
なかなか面白いのです




社長次に私の挨拶
いつも終わってから『今日は20分過ぎたでー』なんて話になる
時計を前にして、今回は15分にまとめた
評価は耳にしていないが・・・・


続いて、恒例の年間賞の発表
会場に緊張の空気が流れる
司会の腕の見せ所です
『期待賞!・・・営業第1グループ・・・佐波さん!』
あと特別賞『TSC135賞』に東さんとタイの小林君が
成長賞には出田君が
そして、MVPの天彦賞には新宮リーダーが表彰されました
新宮受賞






受賞者が喜びの声を
佐波東小林代理







出田新宮





今回は激戦で、得票数も拮抗していた
最終的には経営会議で審査会を開き決めたが、かなり難航した

受賞者と記念写真で初出式を終える
V字回復をみんなで誓い合いました
集合受賞者気合

tenhiko1875 at 19:20コメント(0)トラックバック(0)天晴社員へ 
Profile
社員の本音はこちら