2010年12月

2010年12月27日

12月22日
今年から忘年会 ⇒ 望念会と改名しました
年を忘れるっていうのはネガティブで寂しい
昨年のこの会に『来年から望念会としよう』となった
特に今期は“七つの想い”を共有しようとスタートした
つまり、「みんなが想いを共有すると、物事は実現する」
念ずれば叶うを信じてスタートした
振り返ってみると、本当にそう動き出したのです
沢山のお取引先さんにも参加していただきました
19:00

会場





彦友会水田会長の開会宣言でスタート彦友会

先ず私の挨拶で一年を総括しました社長
続いて恒例の11月度ベスト社員が乾杯!
今年はプレゼン朝礼で脚光を浴びた西君ですベスト







わが社の望念会の特徴はお客様参加型の宴会で
お客様の指名がいつ来るか分らないのです
『うかうか呑んでられない・・・』
『去年みたい女装やったらかなわんなー^0^』
『前任者から覚悟しときやって言われて来ました』
等のお客様の声

内定者の紹介があった
2000人を超えるエントリーから
フィーリングの合う5名の内定者を決めました(この日は3名が出席)
内定者朝比奈
夫々もう馴染んでいる感じ
米国のネバタ州大学を卒業したA君は何年もいるよう
これがわが社らしく
彼らに変な気を使わせない






いよいよクライマックス!
今年の彦友会は『部署別対抗かくし芸大会』を企画
最初はCSセンター
そういえば、1ヶ月前から各部署でこそこそやってたように思う
戦場のカメラマンなんと!
戦場のカメラマン・渡邉さんが登場
場内、大感激!
司会の川野さんがまた名調子CS
後に出てきた同僚
ガムテープ製のフンドシ?
流れている曲はAKB48
場内爆笑の渦・・・・




2番手は営業第2グループ
次々とお客様が舞台へ誘導される
営業2
コーラの一気飲み競争
ダントツで早かったのは
N社の元気!者
『私はプロ、相手にならない^0^』


3番手は営業第1グループ
内定者やお客様が舞台へ
営業1
会場だけに見せているサンプル絵
これに最も近い人を
画伯として表彰優勝優勝したのは
内定者のTさん
愛嬌があって高感度大





トリは管理・品管
管理
東さんの名調子で
被り物や化粧のメンバー
社内の出来事や歴代の忘年会の珍事を
見事に表現
爆笑の渦

せんとくん
その他、せんと君も登場した
あれよ、あれよと時間が過ぎてゆく
テーブルの鍋はまだ一杯残っている
時計を見ると2時間が経過している







水田会長から中締めのコール
当然のように杉原常務のお出まし
ところが!
会長の様子がおかしいとの情報が入る
ご機嫌な様子
〆1〆2急遽、ダブル中締め
どんな展開になるか予想がつかない望年会
それが違和感なく流れるから不思議
大成功の内に閉会
お客様の満足そうな顔に
幹事さん溜飲を下げただろう


第1回望念会は大成功だった
今年は色々なことが実現の兆しを見せています
念ずれば叶う合言葉として定着する日は近い
来年が待ち遠しい

tenhiko1875 at 12:39コメント(0)トラックバック(0)天晴運動 

2010年12月22日

スッキリ委員会が今年は玄関にクリスマスツリーを置いた
テーマは3Hの一つ家族の幸福
ツリー1子供たちの笑顔が一杯
LEDが盛り上げる
ツリーアップ天晴れカーニバルで
出合った子供たち
スクスク育っている
ママも











ママも一緒にメリークリスマス

道上さんからクリスマスプレゼント
サインカレンダー
素敵なカレンダー
ありがとうございます

tenhiko1875 at 15:49コメント(0)トラックバック(0)天晴運動 

2010年12月21日

わが社には500社を超えるお取引先があります
理想のの関係は対等で相互にメリットを実感できること
流行の言葉で言うとWin・Winの関係ですね
それを代表するお取引先が愛知県江南市にある
共栄鋼材株式会社 http://www.kyoueikouzai.co.jp/ です
構築したのは弊社の杉原常務と当社の吉田専務
商売を超えた関係というか理想の姿にある
古銭社長と私もその関係のレールに乗せていただいている
お互いの戦略を評価しあったり
人材育成の意見交換をする
中々同業者同士で、手の内を明かす関係は出来にくいのが一般的
それが嘘のようにオープンで話し合える

昨日、年末の挨拶に出かけ、忘年会をしていただいた
今回は初めての場所らしいということで、ワクワクしていました
着いた所は名古屋城のお堀の所
その昔、武家屋敷が立ち並んでたという
『運転手さん、そこら辺りです』と吉田専務
「あっ!ありましたお客さん!」と運転手さん
大和屋3本当に狭い間口にあったのは
“大和屋”http://www.h5.dion.ne.jp/~yamatoya/home.htm
大阪みなみの大和屋が無くなって久しいが
もっと歴史観がある

大和屋4門をくぐって
そこはウナギの寝床の庭が
突き当たりの玄関につくと
和服の女性が『お待ちしておりました』
ビルの谷間を忘れさせる



大和屋5大和屋2









通された部屋は
庭の見える京都の料亭風
テーブルと少し低い椅子
掛け軸や置物が落ち着かせてくれる

この大和屋さんは四部屋のみで
昼、夜共に4組が限度で、完全予約制
食材は当日の朝仕入れるということで
すべてが新鮮!
次々に出てくるグルメの連続
大和屋1最高傑作はマガモ
絶品!
食べた者でしか表現できない味
だから言わない^0^



もっと、素晴らしいのは女将の話術
恐れ入りました

tenhiko1875 at 16:39コメント(0)トラックバック(0)耳寄り情報 

2010年12月17日

今朝、電話で生出演しました
人気番組“おはようパーソナリティー道上洋三です”http://dojoyozo.com/record/
話のマーケットというコーナーでインタビューを受けました
主に昨夜、平松大阪市長から受賞した『大阪市きらめき企業賞』についてでした
授賞式は16日17時から始まりました
今回の対象は10社でした
平松市長まず平松市長の挨拶があり
きらめき企業賞の主旨とお祝いの言葉を頂いた
市長とは“住之江区タウンミーティング”でご一緒させていただいており
二度目の出会いでした


受賞つづいて、各社に賞状と顕彰を
手渡された





賞状盾
出席者の中には
このロゴマークを
名刺に入れておられる企業があった



集合13ショット






      (市長と集合写真と各社単位の写真)
市長と終了間際に市長と懇談
翌朝のラジオ出演の話を伝える
市長
『道上さんの番組は以前出させていただきました。宜しくお伝え下さい。』
17時30分丁度に閉会

大阪都構想で何かと忙しい市長
疾風の如く退席された

番組は10月21日放送分から説明され
天彦産業に新たな奇跡が起きたと『大阪市きらめき企業賞』に触れた
5分位前振りがなされ、電話が繋がれた
『この度の受賞おめでとうございます』
「ありがとうございます」
『どうですか、社員さんの様子は変わりましたか?』
「お陰さまで、みんな信じられない様子です」
~以降10分位のインタビューだったと思う
流石に、生放送は緊張したようで、話した内容を覚えていなかった
『私から特別に“おはパソ大賞2010・特別賞に選ばせていただきます』
「ありがとうございます!」
と言ったようなのですが、訳が分ってませんでした
終了後の朝礼で皆と聞いた録音で
凄い賞を貰ったのに気づきました

締めくくりの奇跡は
おはパソ大賞2010・特別賞でした

tenhiko1875 at 15:42コメント(0)トラックバック(0)耳寄り情報 

2010年12月16日

12月8日~13日まで来日研修を終えた許さん(通称フェイフェイ)が帰国後、研修レポートを送ってくれた。
なにしろ飛行機も初めての彼女ですから、緊張したと思う。
タイの仲間Pinちゃんもクレバーだが、フェイフェイも凄い!
天彦イズムが国境を越えても生きることを確信させてくれた。
あえて、彼女のレポートを紹介します
朝礼(朝礼で挨拶)
本日午後安全に上海に着きました。
今回の研修は時間は決してそんなに長いものではありませんでしたが、私にとっては忘れ難く、大きな助けとなりました。
毎晩会社の方々と食事を共にして、日曜日は大阪で有名なUSJにも行きました。

私にとって、一番印象が深かったのは、本社の企業文化と社員交流です。
毎日の本社での交流の中で、本社の社員第一の思想を深く感じました。
皆さんも本社でのこれらの活動の中で、成長し、御互いに助け合って勉強しています。
これは本当に我らも学ぶべき所です。
我ら上海天彦はまだ若く、業務の中の処理、社員の団体管理、他多くの方面では、経験して成長を始めるというところです。
これらの経験は本当に大事なものです。
ラジオ体操スタートジョギング1







         (ラジオ体操・ジョギング)
本社の早朝ジョギングと朝礼に参加して、これら活動の重要性がわかりました。
これから始まる1日の仕事に対して、本当に有利です。
土曜日の全社会議では、各組が自らの団結と勤勉な業務で、
今年の一つのまとめをするとともに、来年への計画と展望を出しました。
これらも上海天彦でやるべきことです。
ボーリング大会では、各社員の間での距離の無い友情と調和、うちとけているものを感じました。
日常の意思疎通と遊びの中で、団結協力の精神が更に大きくなっています。
上海天彦でも多くの活動を行って、皆の間の距離を縮めるべきだと思います。
今回の研修では、本社から心のこもった段取りを組んでいただき、
私を参加させるだけでなく、各会議や活動を体験させて、毎晩色々な料理を味わさせてもらいました。
これらの場面、時間全てにおいて、私に対し友好的で気を配っていただきました。
今回の研修では本当に感動しました。忘れることは無いでしょう。
全社会議発表ボーリング







       (全社会議・人生2度目のボーリング)
今回体験したことは上海天彦の社員と共有し、日常の業務において努力します。
がんばって上海天彦の業務に勢いを起こし、本社の心遣いに報います。
皆さん本当にありがとうございました。皆さんもぜひ上海へ仕事や遊びに来てください!

【日本語訳は弊社の末永です】

tenhiko1875 at 10:52コメント(0)トラックバック(0)天晴社員へ 

2010年12月13日

先週(12/8)から上海天彦祥のメンバーが全社会議のために来日してくれた。
朴 副総経理と許(フェイフェイ)さんの二人
管理部門とファイナンスの打ち合わせやTWSと事務手続きの打ち合わせ
更に、メーカー商社への挨拶
そして、土曜日は全社会議とボーリング大会への参加と盛り沢山
3人で






朴くんの話
彼とは運命的な出会いをしています
7年前
たまたま韓国に家族旅行をしていた我々と
韓国に新婚旅行で来ていた朴夫妻が飛行機内で出会ったのです
我が家はいつもJTB利用の筈が、この時はHIS
彼らは日本の温泉に行く筈が、急遽変更して韓国に
帰国便で通路挟んで隣に朴君が
韓国でのバスではハングル
彼女とは中国語
スチワーデスとは日本語
いったい何処の人?
話しかけてみると、中国人でした
「関西学院大学へ留学中で今年卒業です。」
鉄鋼や自動車、ITに詳しいなーが印象だった
名刺を渡し、大阪で食事を約束しておいた

数日後、会食場所で
『卒業後、どうするの?』
「日本で仕事がしたい。今探しています。」
『一度、会社に来てみたら・・・』
・・・・
2,3日後朴君から電話があり
入社の運びとなった。
社員達の声は総じて
「日本人より日本人らしい」でした
義理人情に厚く、約束を守るし、協調性に富んでいた

3年目のある日
「社長、上海に帰るので退職します」
腰抜かしそうになったのを覚えている
奥さんが帰国しており、夫婦別居は親戚が許さないが理由だった
どうしょうか
とっさに
『朴君、上海ってどんな所や?日系が進出しているが興味あるんや。』
彼の目が変わったのは言うまでもない
『1年間調査したいから、朴君付き合ってくれ』
ということで、FS調査を兼ねて上海に駐在させた
1年後
『聞くと観るでは大違いや!この国は面白い。』
「はい」
『朴君、君やってみるか?任すから・・・』
「・・・・ははい・・・」
今から思えば、大胆な話
全員と朴君今では欠かせない仲間に
凄い縁だと思う
しかも、こんな優秀な人間に
私の運も捨てたもんじゃないと



今回の来日で、こんな話を残していってくれた
「社長と出会う前から夢がありました。日本で一旗挙げたいと。運命的な出会いをしましたが、帰国を決心した時、夢を諦めかけました。ところが、社長の上海進出の決断。僕は今でもその夢に向かえています。幸せものです!」
目頭を赤くしながら話してくれた10分間は忘れない!  感謝

tenhiko1875 at 14:43コメント(0)トラックバック(0)天晴社員へ 

2010年12月08日

この度大阪市より
大阪市きらめき企業賞
http://www.creo-osaka.or.jp/kirameki/index.html
を受賞することになりました
12月16日 市役所にて、平松市長から手渡されます
その後、広報誌が地下鉄等の場所に置かれるそうです
また、ロゴを名刺や封筒等々に使用できるそうです
きらめき








受賞対象は以下の通りです
1.女性の能力活用や職域拡大に積極的に取り組む企業
2.仕事と家庭生活の両立支援に取り組む企業
3.その他、男女がともに働きやすい職場づくりに向けた取組みを進める企業


あり難いことではありますが
必要な人材だから、復帰して欲しい
家族の幸福なくして、企業の反映はないから介護して欲しい
だから
産休、育休、介護休暇の実施をしただけです
特に女性の力はわが社には欠かせません
女性陣 (タイのスタッフと共に)

tenhiko1875 at 11:00コメント(1)トラックバック(0)天晴社員へ天晴運動 

2010年12月06日

11月30日~12月4日バンコクに行ってきました。
空洞化の進む国内に比べて、製造業が活況を呈しているタイの実態を見ることが目的です。
三現主義をモットーにしているので、楽しみの出張でした。
日系ユーザー、日系金融機関、現地流通、現地ユーザーと様々な方向でリサーチできた。
結論から言うと、来期も期待大。ただし、日系の新規進出が増えているので、競争は激化している。
為替問題と日本国内の政策に不安視する日系がほとんどで、内需の深刻さが伝わる。
有力企業が立ち並ぶ“アマタナコン工業地帯”は新規や増設のラッシュ
トヨタの新工場も完成間近プリウスのラインか?
業績も好調で、各企業は組合とボーナス闘争が頻繁。残業拒否も
金融機関も新たな融資が増加中
ローカルも今期は最高益の企業が多い
中国材がかなり入ってきている
来期は慎重な見通しが多いのは日系と違う所

テパラクタイ天彦のウェアハウス
新メンバーが加わり
お陰さまで忙しくさせて頂いている
小林MDの経営方向が的を得ている



TITスタッフ1TITスタッフ4月に来たPinとJip
この二人との会食は毎回楽しみ
本当に良くやってくれている



改めて私の経営理念を拙い英語で話してみた
3H(自ら・家族・会社)の幸福を解説
『単にスタッフじゃない。』
『You Are My Family
目をギラギラさせて、感激してくれた
心が通じた瞬間だった
こんなに人に恵まれている私は
世界一幸せ者


tenhiko1875 at 18:07コメント(0)トラックバック(0)天晴社員へ 
Profile
社員の本音はこちら
過去ログ