2010年04月

2010年04月27日

先週は月火と新潟で、金土と呉に出張でした。
いずれも日新製鋼さんや三井物産さん、日本鉄板さん等仕入先への訪問でした。
大手企業はこの時期になると移動があります。その挨拶をかねての出張です。
新潟は長女と同行でした。
実は彼女がWebビジネスでは画期的といえる刃物製品を受注したのです。その打ち合わせのため、メーカーさんに行きました。
思いもかけない父娘のビジネス出張、道中妻からメールが
「母の立場で言わせてもらうと、父娘で一緒に出張に出るなんて夢のようです。こんな風に、導いてくれたすべての事に、感謝の気持ちで一杯です^0^」
ポイントをしっかり付いた商談を側で見ていて
(娘が営業として、成長している・・・信じられない)

新潟関連会社の野水鋼鐵店の武田社長がしっかりセットしてくれていたし
懇親の場を含めて、非常に充実した2日間だったと思う
娘にとっても、初出張がこんなに充実したことで、大きな自信になったに違いない

週末は広島の呉に新宮君と出張
メインの仕事を終えて、日新製鋼の呉製鉄所へ
2年ぶりの訪問
セットをしてくれたのは友人付き合いをしてくれているYさん
私の意志を心底理解してくれている。孫が出来て丸くなったが、仕事には厳しい人だ
PTAの用事で会食に来れないと謝罪に来てくれたK君
「社長が来ているので、是非付き合いたいのですが、不在投票でPTA会長にされる可能性があるので・・・すんません!」
彼は我が社のお客さんにも非常に信頼が厚い人物
部長に昇格したI部長
「社長が来たら外せないよなー」
彼は研究熱心で前向きな人物
最も若いのに、一寸年を感じさせたI君
彼はチームで無くてはならない存在に成長していた
入社当時から知っている私にとっても、嬉しい姿だった
Yリーダー、Tリーダーも同席してくれて感激
特に初対面のTリーダーは良いキャラしている
部下達が凄く動きやすそうだった

大好きな地酒“雨後の月”を一杯頂き、カラオケでひばり節を
(あいも変わらず・・・すみません^0<;)
翌日は名門、広島カントリー倶楽部・西条コースへ
46・45の91、目標どおりで大満足!

素晴らしい人達の中で過ごした1週間
やっぱり、仕事は人と人
ITでは処理できない、限りなく続く信頼が築ける
皆さんに感謝・感謝・感謝

tenhiko1875 at 13:13コメント(0)トラックバック(0)お取引先のお話 

2010年04月21日

テレビで江原さんがパワースポットとして紹介された大神神社
三輪山をご神体としてお祭りしている大神神社(おおみわじんじゃ)を参拝してきました。
日曜日ということもあって、沢山の参拝者でした
車も通過できる巨大な鳥居は一の鳥居
広々とした無料駐車場に車を止めて
最古の鳥居が二の鳥居
長い参道を歩き、正面に拝殿が見えてくる
その直前に2つの神社がある
三輪1三輪2縁結びの神様、
夫婦円満の神様
社の奥に夫婦岩
娘も深々と参拝しました




そして拝殿に
三輪3ご神体が三輪山ということで
伊勢神宮や石切神社の雰囲気と異なります
3つ目の鳥居が無いので、巫女さんに聞いたところ
拝殿の奥にあるとの事
若い神主さんに拝殿の廊下を渡り、奥に案内してもらいました
『あれが三つ目の鳥居で“三ツ鳥居”といいます』
過去見たことのない不思議な鳥居です
三つ鳥居撮影は禁止





大神神社には40の神社があるそうです(伊勢神宮は125)
パワースポットはあちこちにあり
嫁さんや娘は「ビリビリ感じる!」と叫びっぱなし

神主さんから祭事の話を色々聞いた中で
三輪素麺の由来の話が面白い
大和朝廷時代、大飢饉があり、神のお告げとして当時の天皇が伝えたとされる
『全国の素麺の価格はここで占うんです!』
毎年、2月5日にト定祭(ぼくとうさい)というのがあるそうです
『三輪素麺や揖保の糸や各地の素麺業者が顔を揃えて、神様の占いを待ちます』
安値、中値、高値のいずれかに決まる
それぞれ50円くらいの差だそうですが、安値が出るとガックリくるようです
今年は中値だそうです
『不思議なことに、安値の年は冷夏で売れ行きが落ち、高値の年は猛暑で品不足になったりするそうです』
何気なく食べている素麺ですが、凄いパワー食材
《アーメン、ソーメン、冷やソーメン》
なんて言ってた人!懺悔して下さい


tenhiko1875 at 13:42コメント(0)トラックバック(0)耳寄り情報 

2010年04月15日

『お鍋にマロニーちゃん!』と音楽と共に商品が頭の中に出てきますね
そのマロニー(株)http://www.malony.co.jp/about/index.htmの社長・河内幸枝さんの講演が東和会(東海バネ工業http://www.tokaibane.com/を軸とする会)で開かれた。
その話は目からウロコが一杯だった。
東和会看板
東和会は20社位の会だが、凄く歴史がある。親睦だけでなく、結構真面目に研修してる。年2回の研修会にユニークな講師が来られる。
いずれも東海バネ工業(株)渡辺社長がコーディネイトされるそうです。
ほぼ皆勤だが、楽しみ多い会です。




マロニー河内社長は創業者のお父上から1991年社長に就任された。
「後継は娘に継がす。」と全社員の前で公言されたという
後継問題はトップが明確に示すべきと、強調された。
40歳の時に入社されたそうだが、それまでは社会人経験ゼロ
「箱入り娘」の「箱入り妻」だったそうです。
そんな彼女が展開している経営は凄いものがあります。
流石に前年は落ちたようだが、
それまでの7年間は増収増益の右肩上がり
マロニー(株)は創業時はもやしを生産販売していたと聞いてビックリ
北海道のジャガイモに拘ったでんぷんからつくるマロニー
「適度なコシがあり、煮崩れしない」マロニー
語源も『まろやかに煮える』からマロニーとなったらしい


マロニー2一度聞いたら忘れられない『マロニーちゃん』のCM
中村玉緒さんに拘ったのはこの社長
マロニーは生産を始めて、3年間は殆んど売れなかったという
中小企業がCMを打つには、相当の覚悟が要る
当時、勝新太郎が事件でほされ、中村玉緒さんも仕事が無い状態だったらしい
では何故?中村玉緒?

河内社長は主婦の目線で
「あんなダンナをもった彼女は気の毒だ。歌舞伎界の名家の彼女なのに・・・」
この同情の目は共通の筈、その彼女のCMなら印象度は高い
そこに拘ったと言う
しかも、撮影に立ち会われ
控え室から撮影現場に出て行く際に玉緒さんが口ずさんだ
『マロニーちゃん♪』
「それ使って!」となったらしい
見事に当たって、爆発的に売れ出した
鍋にマロニーは常識みたいになったわけです
広告宣伝費は経費の40%を占めるそうだが、大企業みたいに出来ない
そこで、どうしたか!?
あれだけ浸透しているし、耳についている『マロニーちゃん』
なんと10−12月の3ヶ月しかCMを流していない
中村玉緒さんを起用した戦略がここにもあった。

社是【「和」をもって「うんと働き、運(うん)と働こう!】
お見事!
因みに、玉緒さんから勝新太郎を紹介され、楽屋でお会いしたところ
凄いオーラの彼を見て
『大好きになりました!』と切り替えの早さも、お見事


tenhiko1875 at 14:42コメント(0)トラックバック(0)耳寄り情報 

2010年04月09日

年度始めから、我が社らしい行事が続く
流石、ヘンコ集団!
4月1日朝は事業年度式でしたが、夕方
17:00スタート
全員が年度の決意を発表する決意表明大会を行なった
用意された白いカードに書いて公開
(何故この決意を選んだかを、力強く発表する)
決意1決意2決意4






真剣そのもの
『核心』『敏動』『改革』『緊張と緩和』『時間厳守』『GO!』等々
なるほどなーと思うものばかり
自分の長所伸展や前期反省から解決策とか、実によく考えている

【想わない所に実現はない!】
この話は常に社員に言っています。
経営方針の実現は、如何に社員と想いを共有できるかだと思っています
その流れの中で、各自が考え発表するのがこの場なのです
決意3決意7発表を終えたら
管掌役員に手渡します
硬い握手と共に誓い合います
そして、一階の掲示板に一年間公開されるわけです
出社時、必ず目に入る場所を設定しています

翌日4月2日19:00スタート
管理者だけの平成22年度決起大会
毎年、道頓堀ホテルで行ないます
ホテル側も手馴れたもので、看板や集合写真も対応していただける
金屏風の舞台も設営されるから
いやがうえにも気合が入るわけです
決起1最初に私から大会の主旨を話し
乾杯!
アルコールを入れて、肩の力を抜きます
管理者の大会ですから、
『今期、どんな組織運営をしていくのか!』を順に発表します
前日の決意発表大会と違って、アルコール付ですから
激励やヤジが一杯飛びます

決起2今期、常務に昇格した杉原君など
血管が切れそうな熱弁
聞いている管理者達から
『今年も元気や!爆弾を落とされんようにせんと大変!』
『くわばら、くわばら・・・・』
と心の叫びが伝わってくる

中締めはこれまた昇格した管理部長(今期は全特協・青樹会の委員長も)
万歳三唱
「手のひらは横に!」

決起3
ヘンコ集団の新年度行事を無事終えた
V字回復を祈るばかりです

tenhiko1875 at 11:41コメント(0)トラックバック(0) 

2010年04月06日

地球の回転が早まったかと思うくらいに月日の経つのは早い
あっという間に4月1日
新入社員のいない事業年度式は2年連続となる
仕方ないとはいえ、寂しい限り
曇り空のこの日
8時20分スタートした
事業年度式1パワーポイントを使って
年度方針を確認する
V字回復を社員と誓う弁舌は
自ずと力が入る
言いたいことが一杯あり、遂に30分
着席してなかったら大ブーイング(すんません


続いて、昇格の辞令授与式
事業年度式2事業年度3
天彦産業史上2人目の女性主任が誕生した
企業革新への貢献度が高く、満場一致で決定した東さん
中途採用から5年目の水田君も主任へ
今回は異例の役員の辞令も出した
常務取締役と取締役管理部長です
一様に鳩に豆鉄砲状態(これが見たくてマル秘で・・・

更に、インセンティブの表彰
☆ベストイノベーション・・・東さん
☆新規開拓NO1チーム・・・海外調達チームとSP
☆社内お役立ちNO1・・・末永君
☆社外お役立ちNO1・・・伊藤一成君・樋口志野さん
事前に推薦会と社員投票を行い、最終的に取締役会で決定した
事業年度4事業年度5






最後は玄関で全員の集合写真と昇格、受賞者との写真
実感を持って、新年度がスタートした
事業年度6事業年度7

tenhiko1875 at 12:30コメント(0)トラックバック(0)天晴社員へひばりの独り言 
Profile
社員の本音はこちら
過去ログ