2009年10月

2009年10月29日

10月27日 大阪産業創造館 にてナレッジセミナー
『日本でいちばん大切にしたい会社』に学ぶ
  〜時代が求めるけいえいとは〜
勿論、あの坂本教授の講演があった。
東海バネ工業の渡辺社長をお誘いして、セミナーへ参加しました。
事前に、秘書の方に講演後の会食をお願いしていました。どうしても渡辺社長の経営観をお知らせしたかったのです。
書籍2本1











一杯の会場がベストセラー著者を表している。
冒頭に『大阪に良い会社があります。今回の著書に取り上げています。それは南港にある天彦産業です。』と、仰天しました。
講演は
経営者の使命と責任とは?から本の内容に沿って話されていた
ご承知の通り
1番:社員とその家族
2番:外注下請け社員とその家族
3番:顧客
4番:地域住民
5番:株主
続いて、事例企業の紹介で日本理化学工業の話をされた
実は!前日の鳩山首相の所信表明にこの本から引用されたのはごぞじでしょうか?1週間ほど前に、首相秘書官から内々の承諾を取りに来られたらしい。
何と、現在44版で40万部を超えたらしい。
正に『友愛』のテーマに相応しい企業で、鳩山首相も中々のもの
本は2度3度と読んで、何度も感動していたが
実際に体験しておられる坂本教授の口から聞くのと、ぜんぜん違った
会場のあちこちで、すすり泣きの音が・・・
隣の渡辺社長もハンカチを顔に、かく言う私も溢れる物を押さえられない
あっという間の2時間
余韻を持ちながら教授の控え室へ
参加されていた女性経営者が本を手にサインを求められた
目は真っ赤に充血していた

会食場所に移動 既に9時
坂本先生を囲んで渡辺社長も私も興奮冷めず、会話が弾む
『東海バネさんは一度行きたい会社、必ず行きます』と坂本教授
「是非是非来てください!」と渡辺社長
渡辺社長は師と仰ぐ経営者。今回の対面で、一つ恩返しが出来たかと思うと、二重の喜びでした。
店を出たのが11時30分
事前に秘書の方から「先生は10時には就寝されます」を無視して、話をお聞きしてしまい申し訳ありません。
話をお聞きした数々の事例企業
私のやることはまだまだ一杯あり、磨きをかけないと置いていかれます
12月10日には東京で坂本教授の基調講演の後、事例発表を任されることになりました。大変なことに発展した一日でした。

tenhiko1875 at 17:03コメント(0)トラックバック(0)天晴社員へ耳寄り情報 

2009年10月20日

2010上海万国博覧会Better City Better Life 
10月12日〜16日で上海へ出張してきました。
何といっても、あと半年後に開かれる上海万博の準備はどうか?
赤屋根浦東空港について、上海天彦に向かう車中から見える景色は3月に来た時と、まるで違っていた。
橋や高架や各建物が綺麗になっている!?新設された様子は無い!
あれッ?あちこちに赤い屋根が・・・。
聞いて見ると、政府の方針で旧建物にはペンキを塗り、屋上は赤い屋根を乗せる指示が出ているとのこと。(屋上にゴミを捨てるので・・・・)
副総経理の朴君はホンダ・アコードのゴールドに乗っているが、妙に汚れている。
『まだ1年も経ってないのに、洗車をしてるの?』と聞くと
「ペンキが付いているんです。しかも何処でか分らないくらい、あちこちでペンキ吹き付けているので、特定できない。」と泣き寝入り

オフィスに着き、早速スタッフと個人面談
スタッフこれは朴君が「本社と同じ手法で人材育成したい」という考えから行なっている。主に、今後の目標を語り合うが、彼らの真剣さに期待を持たせてくれた。





今回は杭州の新規顧客に行きました。約2時間特急電車に乗り、バスで1時間、更にタクシーで30分の距離
特急和階号西湖







有名な西湖に立ち寄ったが、生憎の雨で・・・
驚いたのが、この特急。全席指定のようなのですが、定刻より5分も早く出発する。日本の新幹線なら5分前の駆け込みなんて、ざらじゃないですかねー?
どでかい上海南駅に着いたのは定刻の22時10分だから勘狂う

世界一高層ビル森ビルの最上階、展望台に昇った
地上450m、100階は展望フロアで床はガラスの空中庭園
高所恐怖症の私にとっては決死の覚悟
オフィスビルでありながら、空中庭園までは別の直行エレベーターがある。
なんと150元(2100円)!
この日は年に2、3回有るか無いかの青空が見える晴天
眼下にテレビ塔やそれまでの上海一のビル、川沿いのマンションは2億円という
森ビル1森ビル100m450mの展望台2億







この季節、上海といえば上海蟹
初めて旬の時期に来たんです
パートナーのK機械で昼食として頂いた。
総経理が蟹屋さんに友人がいるとのことで、工場でユデたてを
かに上海蟹
大きな鍋に20匹は入っていたが、正に暴れ喰い!
市内のレストランで食べると、オスで60元(約850円)メスは80元(1150円)はする。
6匹は平らげたと思うが、ホンマに絶品!超美味い!




今回の出張は、震えが来るほど、中国の変化いや世界の変化を感じてきた
オバマ大統領のChang協調はここに来ると意味が分る
お聞きになりたい方は個別にやりましょう・・・無料で?

tenhiko1875 at 15:55コメント(0)トラックバック(0)天晴社員へ耳寄り情報 

2009年10月09日

経営者が語る「ワークライフバランス」主催・財団法人21世紀職業財団
http://www.jiwe.or.jp/index.html
平成21年10月5日 ホテル プリズムローズ大阪
コーディネーター:関西大学 社会学部 森田教授
パネリスト
☆螢廛蹈▲轡好函\原霄卍后http://www.proassist.co.jp/
☆クリロン化成蝓〃原社長 http://www.kurilon.co.jp/
☆蠹敬Щ唆函  “口社長 http://www.tenhiko.co.jp/
プログラム
1.問題提起「中堅・中小企業のワークライフバランスについて」森田教授
2.事例発表 1社20分
3.パネルディスカッション
パネラー1パネラー2パネラー4







てなことで、行ってきましたがなー。
何しろ初めての体験なので、事前打ち合わせで、主催者側に質問しました
「どんな話をすればいいのかなー」
『天彦さんのやっていることを、生の言葉でやって下さい』
「他のパネラーさんは経験あるのですか?」
『ええ、ショッチュウやっておられますので、樋口社長は3番目ですから』
「えーッ!そうしたらネタなくなりますね」
『そんなことないですよ、好きに話して下さい』
「好きにって、言われても・・・・」
『まー公序良俗に反しないなら・・・』
「・・・・・ハアー・・・・」

流石に前の3人は馴れてはります。上手いわ!
パワーポイントもテーマにぴったり
我が社は面接に使う画面で、とても20分で足りない
自宅で何回も練習はしたが、30分弱
あっという間に自分の番が
パネラー前を見ると5、6人が居眠りをしている
(この人等を、まずは起こさないと・・・!)
「吉本志願で、美空ひばりが18番・・・・」
(受けた!)
20分でキッチリやれたと思う。
何を思ったのか奥方が来ていた
終わって、感想を聞いてみたら
『努力賞!』(鳩山婦人か!?)

今回の目的は
★社員のステータスを上げること
★くるみん取得の経過を公開
★天彦の広報
結論で言いましたが、育児休業や介護休業は企業に必要だからやることが大切。
ワークライフバランスでわが国の問題は
1.少子化
2.母性愛の不足(男女雇用機会均等法が出来て、特に感じる)
3.出産という女性の権利を粗末にしないで欲しい
だと思っている。
『家族って本当に楽しいなー』を企業は支援しないといけないと思う。
パネラー3パネラー5後半のパネルディスカッションでは、色々な質問が出ました
何とか答えましたが、的を得たのかどうか?
最後に『なぜこの会社はモチベーションが高いのか』の本を宣伝しました
初体験のパネラー
良い勉強をさせていただきました
次ぎはラジオ関西の収録です(・◇・)ゞ
社員を売りまくりまーす!


tenhiko1875 at 15:17コメント(0)トラックバック(0)天晴社員へ耳寄り情報 
Profile
社員の本音はこちら