2009年08月

2009年08月28日

北朝鮮のテポドン騒ぎで活躍したイージス艦『こんごう』が我が社の近くに着岸
金剛こんごう1こんごう







8月27日、28日の二日間寄港しているらしい。早速出向いた
イージス艦『こんごう』が大阪の最高峰『金剛山』に絡んでいるって知ってますか?
その金剛山にある葛木神社に安全祈願をする為に寄港したそうです。
最新鋭の軍備イージス艦で北朝鮮問題も背景にあるにも関わらず、申し訳ないがミーハー気分。
下船していく隊員達は若い。江田島から卒業したばかりか?と思うくらい若い。
それは兎も角
金剛山といえば夏・冬に我が社の登山がある
山頂には130周年を記念して電波時計を寄贈している
イージス艦『こんごう』と我が社が意外なところで繋がっている
除幕式登山.

tenhiko1875 at 12:28コメント(0)トラックバック(0)天晴社員へ耳寄り情報 

2009年08月19日

『日本でいちばん大切にしたい会社』(坂本教授著)はナント!30万部を突破したと新聞の2面広告欄にあった。凄い売れ行きで、未だに書店のメインに積んである。
坂本教授
この本が縁で、今年の2月に我が社に興味を持っていただき、来社の運びとなった。夢のような出来事でありましたが、この教授のフットワークの軽さには驚かされました。
『中小企業が元気でないと、この国は大変なことになる。』と常々仰っており、既に6400社を超える全国の中小企業を訪問されている。その1社に入っているだけでも感謝に耐えないのですが・・・。
なんと!9月中旬に出版される坂本教授の著書に我が社を取り上げていただいているのです。
タイトルは公表されておりませんが・・・
【この会社の社員はなぜモチベーションが高いのか】(仮名)のような主旨の著書と聞いています。
『6400社訪問したけど、我が社(教授は訪問先の会社をこう呼ぶ)のような委員会活動が自然に企業活動と同化しているのは見た事がない。いつか著書で取り上げたい。』
こう言って帰られたが、まさか現実になるとは
業況が低迷している最中の出版に、複雑な気持ちではあるが・・・
何といっても、社員のステータスが上がるのが嬉しくてたまらない。
15社取り上げられているそうだが
西日本では天彦産業だけらしい
あと1ヶ月!柄にもなく緊張している私です。

tenhiko1875 at 19:24コメント(0)トラックバック(0)天晴運動 

2009年08月10日

大阪市の産業創造館が発刊しているフリーペーパーに
“b’Platz press”が毎月出され、主に地下鉄の駅に置かれている。
先日発刊100回記念のパーティーが平松市長出席の元開かれたことは、先のブログで掲載しました。我が社も取り上げていただいたが、掲載された市内の中小企業の社長130名が参加された。同席の社長とのお話しで、素晴らしい“お役立ち”がスタートしました。
その方とは「米谷印刷工業?」米谷社長です。夢を一杯語っていただき、時間の経つのを忘れるほどでした。
中でも食いついたのは『ゆめーる封筒』の話
1通の手紙に色々な想いを伝えることが出来る封筒です

ゆめーるゆめーる2ゆめーる1







我が社の今期の経営方針“お役立ち”にスッポリはまる封筒と、今度は私の夢を熱く語りました。
是非採用させて欲しい!と無理を幾つか聞いていただきました。
何と!在庫分まで再加工をお願いしたのです(近江商人まがいやから・・・)
出来上がったのが写真の封筒
ポイント1
開封の際、中身の用紙まで切れてしまった経験はありませんか?切り口がガタガタで再利用効かなくなったことは無いですか?封筒サイズと中身が同じくらいで、開封に悩んだことはありませんか?
これらのことが一本の糸で解決してくれるのです。
どこかで体験していません?そうです傷テープの“バンドエイド”のそれです。
ポイント2
米谷さんでお願いすると、様々な協会に寄付が出来るのです。
交通災害遺族や視覚障害者、盲導犬協会等々がある
我が社は日本ライトハウス(盲導犬育成募金)へ寄付を決め、封筒に印刷しています
使用枚数と比例して金額が変わる
つまり、商売繁盛すれば沢山できる
三方良しの経営理念にバッチリなのです

米谷社長とは運命的な出会いだと思います。『徳を取って頂いて、得をとるのが我が社の理念です』の言葉は感動モノでした。
世の中にお役に立たない企業は残れない!
世の中にお役に立てない経営者は残れない!
ここに集まっておられる大阪の中小企業の社長さん達はそう叫んでいる風に見えた

tenhiko1875 at 18:24コメント(4)トラックバック(0)お取引先のお話 
Profile
社員の本音はこちら
過去ログ