2009年07月

2009年07月30日

7月25日、おめでたい男が還暦を迎えた
大阪の人は天神祭りの日と言うが、滋賀県出身の私には実感が無い
船渡御や花火で100万人以上の人出がある
大阪に出てきてから28年、この日は私の祭りと思うようにしている
そんな話は置いといて
還暦って十干十二支(じっかんじゅうにし)、天干地支(てんかんちし)を終えて、新しくスタートする年って知ってました?
なんと120歳は大還暦、30歳は半還暦っていうそうです。
その還暦を迎えてしまいました
小さい頃、60歳の人見て、どう思ってました?
・・・お爺さんやなー・・・でしょう?
まさか!自分がその歳になるとは

実感無くこの日を迎えようとしていたが
17日、八宵会(同業で8人の仲間)がお祝いの会を開いてくれた
還暦祝い
芦屋が本店のしゃれたレストランでフルコース
おしゃれな店内でオッサン8人の会食を周囲のカップルはどう見てたんだろう?
最後のデザートに粋な仕掛けが(写真)
団塊の世代の仲間がこんなこと考える?

グットきました・・・

23日奥方とイタリアンレストラン
実は12日からバンコク、京都、台湾と出張続きで不在がち
Y部長から「23日空いていますか?」のメール
『総務に聞いて空いてたら入れてくれたら良いけど、何?』と返信
「たいした事ないですから、気にされないように」の返信が
?社長に部長がたいした事ない用事を?
22日帰国し、オフィスへ着くとY部長が
「お疲れ様でした。奥様には確認してありますので・・・」
と祝儀袋を手渡された
「還暦おめでとうございます。ご夫婦でどうぞ」
メールの内容が気になったまま受け取ったので、実にギコチナク
『・・・あう?・・・おおきに・・・・?』
中にはよく使うホテルのレストランの記念イベント付き食事券2枚
早速、奥方に連絡
「知ってたよ。でも分るまで黙ってたんよ(´∀`)」
イタメシクッキー
北海道ワインを飲みながらの記念イタメシ
ソムリエの説明を受けながら、美味しくいただく
最後のクッキーにまた仕掛けが

グットきました・・・



24日朝礼が始まった
何かごそごそしている人が・・・当番が
「明日は土曜日で休みのため、1日早い還暦祝いをします」と
TM会代表の女性が花束を

花束シャツ

朝礼を終えて席に着くと、I女史が
「私たち有志からです。おめでとうございます!」
立て続けに来るお祝いラッシュに嬉しい限り

グットきました・・・



25日誕生日の朝7時半
休みに関わらずリビング家族全員揃っている
「おめでとう」「おめでとう」「おめでとう」
と手紙を3人から
そして阪急のメンズの袋が・・・白のハンティング
照れながら試着・・・『どういう風にかぶるの?・・・似合う?』
3通の手紙を持って寝室へ
・・・・・・・・・・・・
それぞれ本当によく見てくれてるなー
昼前にはS本部長から宅急便でバカラのグラスが届く

グットきました・・・

27日月曜日
まだ終らない。お取引先からお花やお酒が届く
極めつけは2枚の寄せ書き色紙
社員たちの声が一杯書かれている
花・田中色紙
一人一人読んでいくうちに、ぼやけて見えなくなる
あかん!
涙腺がかなり弱っている!

グットきました・・・

改めて、素晴らしい人たちに恵まれて人生を送っている自分は
本当に幸せな“還暦男”です

tenhiko1875 at 16:03コメント(0)トラックバック(0)天晴社員へひばりの独り言 

2009年07月22日

12日(日)朝、世界を羽ばたくビジネスマン?が関空を飛び立った
向かう先はバンコク・スァナプ―ン空港
TIT(天彦タイ)の小林MD夫妻が迎えてくれた

小林夫妻7月
相変わらずラブラブモードを見せ付けられての夕食。
最近、日曜日絡みの出張(インドネシア、上海)が続いた小林MDに不機嫌な奥方
この国の習慣:日曜日は家庭サービス、家族団らんの日
ガンバリズムのMDは休みを移動にと、家を空ける
帰ってからのケアーが、それはそれは大変な様子
・・・これ以上はお話しできませんが・・・?




翌日から過密スケジュールをこなす
TITはローカル企業とのお付き合いが多いので、タイ語、英語が必要
DDC週3回各2時間、家庭教師を依頼して両方の言葉を学んでいる
駐在3年目で7割がたタイ語を話せるというのは、周囲の日本人からすると驚異的らしいが、頭が下がる
ローカル企業での打ち合わせ(写真)はそばで見ていて惚れ惚れする
信頼関係が構築されているのが伝わってくる
・・・で、あんたは側で何をしているの?って?
時に驚き、時に笑い、時に深刻に・・・ボディーランゲージを

タイではゴルフ場が商談の重要な場所
ということで、今回もローカル大手と早朝スタート
BSSゴルフ
3ホールごとに休憩所があり、18ホールスルーでも案外疲れない
ラウンド後シャワーを浴び、ランチタイム
この時間が貴重なのです
周囲に気配りをし(ライバルがいないか?)
和気藹々と懇談する。当然英語で
・・・であんたは側で何しているの?って?
小林MDから事前に許可を得ていることがある
『社長、ランチタイムとアフター5は英語で話してもらって良いですよ。但し、ビジネスタイムは控えてください。誤解が生じますので・・・』


そんなこんなで日程をこなし17日早朝関空に帰国
そのまま出社して
翌日は姪の結婚式で京都へ(この話は後日に)

20日海の日から台湾へ出発
急を要する商談があり、急遽決まったが
11日間で2日しか日本にいないのは初めての体験
疲れは無いとは言わないが、充実した11日間だったと思う

環境はまだまだ大変な状況で、不安はあったが
現場主義を貫いてよかった
今期の戦略を進める上で、キーポイントがあった
世界経済は大中華圏とアセアン抜きで考えられない
次の一歩が出しやすくなったのはありがたい

本当に人に恵まれて生きている自分は幸せもんや


tenhiko1875 at 18:08コメント(0)トラックバック(0)天晴社員へ耳寄り情報 

2009年07月11日

年2回の全社会議は7月と12月に開催される
その1回目が今日(7月11日)にあった。今回のテーマは期首から決まっており、今期のキーワード“お役立ち”について、各部署の発表があった。
『内需減少で生き残れるのは役に立つ企業だけ』をコンセプトで社員一丸となって活動している。その中間発表が行なわれた。
コンサルタントの長谷川先生、岡田先生の出席も得た
8時30分スタート
営業⇒CS⇒管理⇒SP⇒TWS の順でプレゼン
全社会議1全社会議2全社会議3全社会議4







12時40分まで、熱いプレゼンが行なわれた
今後を占う大事な会議だけに、経営陣も固唾を呑んで聞いていた

結果、及第点の評価
プレゼンの仕方も上手くなっており、主張したいポイントがよく分る
特に女性陣のスキルの高さには目を見張る
『見返りを期待するお役立ちは意味ない!』と言い切る
『天彦産業でなきゃ駄目や!と言ってもらう事がゴール』
『世界の特殊鋼情報基地になります!』
・・・・胸にグッと来るものがある
この社員達となら、乗り切れん困難なんか無い!
幸せな経営者やなー
全社会議が癖になりそうです

最後は体育会系らしく
『お役立ち、やるぞー!』全員が『やるぞー!』
『通期やるぞー!』 『やるぞー!』

tenhiko1875 at 15:43コメント(0)トラックバック(0)天晴社員へ天晴運動 

2009年07月06日

業況を考えると、つい食い気に走ってしまうブログ主にお許しを
名古屋に上手いもん有り!!!
親密なお付き合いいただいているK社のK社長と情熱取締役Y部長のご招待があった
『樋口社長、今回はステーキハウスでもいいですか?』
 のメールが
「・・・ステーキハウス・・・?そんな顔してないやん。ワイガヤの居酒屋の方が」
 腰の引けた返信メールを
『全然問題ないですから・・・社長を知っての選択ですから・・』
 と複雑な内容の返信をもらって、当日が
スエ
店構えは立派なステーキハウス
急に足がすくむ(こう見えてもシャイなところも)
伝統あるステーキハウスの雰囲気がドアにも出ている
『大丈夫、さあ早く入りましょう。』
 K社長に背中を押され、店内に
「えーッ!何これ!」
 と失礼な第一声

ネタ干物







寿司屋?居酒屋?シェフの帽子を見ると洋食屋か
『自慢のカマスの干物です。どうです?』
・・・・・言葉でんがなー
八寸からスタート⇒中トロのお刺身⇒鮑のステーキ⇒椀物・・・?
情熱取締役Y部長から
『仕上げは冷やしうどんが名物ですよ。まだ食べたことないんですけど』
・・・・・
「あのー?ステーキって鮑?じゃないですよね。」
K社長から
『メインディッシュいく?それとも蟹の爪を・・・』
お願いしてメインへ行ってもらった
ステーキ
ドカーン!
出たーッ!上下2枚(サーロインとフィレ)のステーキがTボーンで仕切ってある
「最高!旨い!たまらん!」
と訳の分らない言葉を、恥じることなく

到底、仕上げのうどんへは無理です。

気になるこの店の歴史を女将さんに聞いてみた
☆元々屋台でやっていた。時代は戦後、進駐軍が居た頃、名古屋の有名ホテルの前でやっていた。普通の屋台では誰も来ない。当時入手困難な牛肉のルートを探して、屋台でステーキをおいた。すると米軍兵が毎日来るようになり、それを見た日本人が「いつかは俺達も」と、その後来てくれたそうです。
その流れで、今日ステーキハウスのカンバンで、“様々なお客様に喜んでいただきたい”をコンセプトで営業しているとの事。
1本も2本も取られた感じ
K社長、情熱取締役Y部長、すっかりご馳走になりました。感謝

tenhiko1875 at 14:20コメント(2)トラックバック(0)耳寄り情報 
Profile
社員の本音はこちら