2008年10月

2008年10月29日

10月5日の放送されたNHK『ルソンの壷』東海バネ工業編の打ち上げ会があった。渡辺社長ご夫妻から「樋口ちゃんもおいで」とお誘いを受けた。
メインコメンテーターの名越先生、藤井アナ、安藤ディレクター、熊谷奈美ちゃん、坂本カメラマン、湊スタッフが来られた。
夫々の人たちの話が凄く面白く、番組の舞台裏は戦いのようです。
熊谷・藤井と







☆坂本カメラマン(67)職人一筋
なんと言っても、この方の話しが最高だった。
三沢vs松山商の延長18回を担当した。語れば長くなるので、機会があれば後日にと・・・。
カメラマンは副調整室とディレクターとの戦い。赤ランプがつけば自分の絵が採用される。これは!と思っても採用しない(どれを採用したのかその場で見れる)時は口惜しい。
昇級、昇格の話しは何回もあったが、都度断った。一カメラマンで生きたかったから。
『後進へ伝承をしないのか?』と聞くと、人の背中を見て育つのが一番良いのや!
これには理由があった。坂本さんは満州生れ、5歳の時引き揚げ船で帰って来た。兄弟は弟が一人。
なんと!その年、目の前で母親が地元の人に殺された。父は悲しみを見せず、我々に強さを背中で見せた。この話中、目頭が潤んでいた。
後輩のカメラマンはマニアル族で、平均人類、だから良い絵が撮れない!これらは縦社会の崩壊が悪い。また、つまらないディレクターの仕事はしない。まあ、こんなヤツでも使おうとするNHK大阪は捨てたもんじゃない。何でも東京、東京じゃあかん!
東海バネの撮影中、職人を語る渡辺社長の表情を撮っている時、涙で画面がよく見えなかった。
スタジオへ観に来て下さい。次ぎは樋口さん撮ろうか!と落ちまで付けてくださいました。


tenhiko1875 at 17:28コメント(0)トラックバック(0)天晴社員へひばりの独り言 

2008年10月20日

数ヶ月前に『NPO法人 日本教育開発協会』から、東海バネ工業の渡辺社長の紹介と言うことで取材に来られました。すっかり忘れていましたが、記事が出来たと送られていました。
今回は、中学、高校、大学へと配布されるようです。
以下、記事の紹介です。

株式会社天彦産業 (社長)  樋口 友夫 さん
メッセージ「何が自分の幸せを決めるか 考えてみよう」
いい学校、いい会社にいくことで、その人の幸せは決まりません。
勉強という一つのモノサシで、勝手に順番をつけられて落ち込むより
自分が本当に好きなこと、得意なことを見つけて、それを自分の幸せや
周りの人の幸せにつなげることを考えるほうが幸せになれると思います。



〜3つのハッピー〜
私たちの会社では「3H」というのも大切にしようと言っています。「3H」とは何かというと、「3つのHappy(ハッピー、幸せ)」という意味です。   1つ目は「自分の幸せ」、2つ目が「家族の幸せ」、そして3つ目が「会社の幸せ」で、この順番にも意味があります。
多くの人は「会社の幸を一番大切にしよう。」と言いますよね。会社の面接でも、「この会社のために」という人は多いですが、心からそう思っているかというと、違うのではないかと思うんです。

〜自分や家族を大切にするからがんばれる〜
そんなに大きくない会社で、形だけのことを言っていてもしかたないですし、まずは「自分が幸せだ」と感じられるような場所になればその場所を大切にできるのではないかと思うんですね。
そして、その次に家を大切にして、仕事がしっかりできるようになり、そうしてようやく会社が良くなっていくのではないでしょうか。
あるとき、「来週が子どもの入学式なので、休みが取れないでしょうか?」という社員がいたのですが、そのとき別の社員が「平日なんやから休めるわけがないやろ。」と、いっていたんですね。そのときに「自分の会社は一生に一度しかない入学式にも行かせてあげられない会社なのか」と思ったんです。
今では、入学式や授業参観などの行事は全部行ってもらっています。自分たちが子どものころも、親がきてくれたらうれしかったですからね。そうして社員やその家族が幸せになって、ようやく、会社のことに力をあわせて頑張れるんじゃないかと思います。
 〜自分に自信がなかった〜
私は6人兄弟の末っ子で、兄や姉はみんな勉強でトップを取っていたのですが、私は全然勉強ができなかったんです。それで小さいころからずっと自分に自信を持てずにいました。
ただ、昔から遠足のバスの中でモノマネをしたり、人前で何かをするのは得意でした。働くようになってから、たまたまお客さんが集まっている中で芸をすることになったのですが、そのときお客さんにととても喜んでもらったんです。そのときからなのかは分かりませんが、自分の得意なことを生かすということに、今では自信を持てるようになりました。

〜幸せに働くことが始まり〜
私の会社で働いてもらう人も、勉強ができなくても何か得意なことを持っていてくれたらいいと思っています。今の社会では、テストや受験など、勉強ができるかできないかでその人を判断してしまうことが多いと思います。でも、自分の得意なことも分からないのに、勉強だけを見られて「負けた」と思ってしまう。それでは自分を好きになれないし、もったいないんじゃないかと思うんです。
会社も同じで、まずは「ここなら幸せに働くことができる」と思えるかどうかが大切です。そうしたらお客さんのことも大切にできると思います。
だから、この会社では、自分の得意なことも大切にしながら幸せに働いてもらって、「おまえのところいいな。」、「変わってるけどうらやましい。」と言われるくらい、生き生きと働いてもらいたいんです。そしてそれが家族や周りにいる人に伝わっていくことで、少しでも社会がよくなってきたら、と思っています。
【NPO法人 日本教育開発協会】


tenhiko1875 at 13:16コメント(0)トラックバック(0)耳寄り情報 

2008年10月07日

10月3〜5日、二泊三日で第2回管理者合宿を琵琶湖・近江舞子ピアス化粧品の研修施設を借りて行ないました。2月は雪の湖畔でしたが、今回は中秋の湖畔での合宿でした。今回もお世話になっているコンサルタント長谷川先生にもお願いしました。
天彦タイ(TIT)のMD小林君も帰国して、総勢16名の合宿。

夜、8時のオリエンテーションからスタート
今回の目的は「強い管理職になる」で、期末には「俺達の手で皆を海外に連れて行くんだ!」をキーワード
各部署別にパワーポイントを使って、プレゼン
??????????
強弱、重軽、濃淡と様々なプレゼンだったが、質問は厳しい内容が飛び交った。





合宿中の七つの掟
* 発言無きもの去れ
* 批判は禁止、自分や相手の為になると信じて意見を言え
* 評価できるものは、素直に反応せよ
* 苦しむことを避けるな!解決するための合宿にせよ
* 評論は一切認めるな
* 具体論以外は認めるな
* スカッとして帰宅せよ
を事前に共通の認識としていたから、目の色は変わっていた

分科会を終えて、初日の終了は日付が変わって3時半
翌日は6時起床なので、殆んどの人は2時間以下の睡眠

???ν?????????
醇d??







琵琶湖から登る日の出を見ながらの体操、ウォーキングそして朝食
昨夜の激論で、眠さより、興奮状態にあるのが、朝食時のみんなの顔から分った
7時30分
2日目がスタートした
分刻みのスケジュールが次々にこなされてゆく
進行の責任者は、下期から総務のリーダーになった上田課長
終了時には皆から絶賛を受けた程、見事にこなしてくれた

午後7時半、野外にて打ち上げバーベキュー
やっぱりここでも西谷課長の出番
????夲
本部長にいらわれる松本課長、定番の行事だ
肌寒く、最初は盛り上がりに欠けたが
『すべらない話』大会に入ると、がらりと雰囲気が変わる
長谷川先生が滑りまくる、樋口次長が噛みまくる、谷係長も滑る
そんな中、松本課長の下ネタで犠牲になった新宮課長や小林MDの話で盛り上がる
合宿のストレスを一気に発散しているのか、覚醒状態なのか、異様な盛り上がり

翌朝の解散式でのみんなの顔を見ていると、確かな手ごたえを感じた
『ほんまに天彦が好きなんや』
目からウロコを一杯落としてくれた
別のウロコが着かん間に、実行してくれると信じたい

多分、2,3日後に疲れが出る筈・・・頼むよ!


tenhiko1875 at 13:39コメント(0)トラックバック(0)天晴社員へ天晴運動 
Profile
社員の本音はこちら