2010年12月13日

上海天彦祥から来日

先週(12/8)から上海天彦祥のメンバーが全社会議のために来日してくれた。
朴 副総経理と許(フェイフェイ)さんの二人
管理部門とファイナンスの打ち合わせやTWSと事務手続きの打ち合わせ
更に、メーカー商社への挨拶
そして、土曜日は全社会議とボーリング大会への参加と盛り沢山
3人で






朴くんの話
彼とは運命的な出会いをしています
7年前
たまたま韓国に家族旅行をしていた我々と
韓国に新婚旅行で来ていた朴夫妻が飛行機内で出会ったのです
我が家はいつもJTB利用の筈が、この時はHIS
彼らは日本の温泉に行く筈が、急遽変更して韓国に
帰国便で通路挟んで隣に朴君が
韓国でのバスではハングル
彼女とは中国語
スチワーデスとは日本語
いったい何処の人?
話しかけてみると、中国人でした
「関西学院大学へ留学中で今年卒業です。」
鉄鋼や自動車、ITに詳しいなーが印象だった
名刺を渡し、大阪で食事を約束しておいた

数日後、会食場所で
『卒業後、どうするの?』
「日本で仕事がしたい。今探しています。」
『一度、会社に来てみたら・・・』
・・・・
2,3日後朴君から電話があり
入社の運びとなった。
社員達の声は総じて
「日本人より日本人らしい」でした
義理人情に厚く、約束を守るし、協調性に富んでいた

3年目のある日
「社長、上海に帰るので退職します」
腰抜かしそうになったのを覚えている
奥さんが帰国しており、夫婦別居は親戚が許さないが理由だった
どうしょうか
とっさに
『朴君、上海ってどんな所や?日系が進出しているが興味あるんや。』
彼の目が変わったのは言うまでもない
『1年間調査したいから、朴君付き合ってくれ』
ということで、FS調査を兼ねて上海に駐在させた
1年後
『聞くと観るでは大違いや!この国は面白い。』
「はい」
『朴君、君やってみるか?任すから・・・』
「・・・・ははい・・・」
今から思えば、大胆な話
全員と朴君今では欠かせない仲間に
凄い縁だと思う
しかも、こんな優秀な人間に
私の運も捨てたもんじゃないと



今回の来日で、こんな話を残していってくれた
「社長と出会う前から夢がありました。日本で一旗挙げたいと。運命的な出会いをしましたが、帰国を決心した時、夢を諦めかけました。ところが、社長の上海進出の決断。僕は今でもその夢に向かえています。幸せものです!」
目頭を赤くしながら話してくれた10分間は忘れない!  感謝

tenhiko1875 at 14:43コメント(0)トラックバック(0)天晴社員へ  

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Profile

tenhiko1875

社員の本音はこちら
過去ログ