2008年10月07日

良い会社から強い会社へ

10月3〜5日、二泊三日で第2回管理者合宿を琵琶湖・近江舞子ピアス化粧品の研修施設を借りて行ないました。2月は雪の湖畔でしたが、今回は中秋の湖畔での合宿でした。今回もお世話になっているコンサルタント長谷川先生にもお願いしました。
天彦タイ(TIT)のMD小林君も帰国して、総勢16名の合宿。

夜、8時のオリエンテーションからスタート
今回の目的は「強い管理職になる」で、期末には「俺達の手で皆を海外に連れて行くんだ!」をキーワード
各部署別にパワーポイントを使って、プレゼン
??????????
強弱、重軽、濃淡と様々なプレゼンだったが、質問は厳しい内容が飛び交った。





合宿中の七つの掟
* 発言無きもの去れ
* 批判は禁止、自分や相手の為になると信じて意見を言え
* 評価できるものは、素直に反応せよ
* 苦しむことを避けるな!解決するための合宿にせよ
* 評論は一切認めるな
* 具体論以外は認めるな
* スカッとして帰宅せよ
を事前に共通の認識としていたから、目の色は変わっていた

分科会を終えて、初日の終了は日付が変わって3時半
翌日は6時起床なので、殆んどの人は2時間以下の睡眠

???ν?????????
醇d??







琵琶湖から登る日の出を見ながらの体操、ウォーキングそして朝食
昨夜の激論で、眠さより、興奮状態にあるのが、朝食時のみんなの顔から分った
7時30分
2日目がスタートした
分刻みのスケジュールが次々にこなされてゆく
進行の責任者は、下期から総務のリーダーになった上田課長
終了時には皆から絶賛を受けた程、見事にこなしてくれた

午後7時半、野外にて打ち上げバーベキュー
やっぱりここでも西谷課長の出番
????夲
本部長にいらわれる松本課長、定番の行事だ
肌寒く、最初は盛り上がりに欠けたが
『すべらない話』大会に入ると、がらりと雰囲気が変わる
長谷川先生が滑りまくる、樋口次長が噛みまくる、谷係長も滑る
そんな中、松本課長の下ネタで犠牲になった新宮課長や小林MDの話で盛り上がる
合宿のストレスを一気に発散しているのか、覚醒状態なのか、異様な盛り上がり

翌朝の解散式でのみんなの顔を見ていると、確かな手ごたえを感じた
『ほんまに天彦が好きなんや』
目からウロコを一杯落としてくれた
別のウロコが着かん間に、実行してくれると信じたい

多分、2,3日後に疲れが出る筈・・・頼むよ!


tenhiko1875 at 13:39コメント(0)トラックバック(0)天晴社員へ | 天晴運動 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Profile

tenhiko1875

社員の本音はこちら
過去ログ