2008年04月23日

区切りの50歳に妻と長谷寺に出向いた
時期は丁度今頃
奈良に住みながら、初めての参拝
そこで見た物は、境内一面に広がる牡丹
ピンク、白、紺、黄色
一本の茎から咲く大輪の花
人の顔より大きなものが、無数に咲いている
聞くと
『音を立てるようにパット咲き、時期が来ると、バサッと全花びらが散る。』
魅せられた自分があった
早速、帰り道の花屋さんで買った
『今から咲きますよ。花が終ったら、来年の花の芽をしっかり育ててください。寒くなったら、その芽の枝を残して、他は切り落としてください。花の大きさはここで決まります。』

その後、毎年楽しませてくれた
しかし、2年前、タイ出張から帰ると
葉っぱが萎れている
水の世話を頼むのを忘れていたのです
がっかり・・・
その冬には枯れ木の如く
復活は無理かも
世話をし続けたが、兆しがない

そして、昨年、家を建て替えるにあたり
この鉢を処分するか迷った
(丸一年、枯れ木状態だからなー)
7月、会社の玄関に植え替えた
スッキリ委員会に協力してもらおうと思ったから

中々芽が出てこない
冬場になって、西谷課長がプラスチックで
特性BOXを製作してくれた
1月の終わり頃
出たー!遂に、小さな芽が
復活した!
本当に嬉しかった
後から聞くと、
『枯らしたら殺される!』と西谷課長が話してたそうだ。

それが今!大輪の花が咲いている。
過去最高の大きさで、綺麗さを持っている
ありがとう、西谷課長
そして、西谷君に脅かされたスッキリ委員会の皆さん
思い入れのある花『牡丹』

きっと、この復活は今期の我が社に幸をくれる筈
今週末か、来週には
男らしく、バサッと散る筈
みんな、そんな牡丹をよく見ておいてな
牡丹1牡丹2

tenhiko1875 at 13:04コメント(0)トラックバック(0)天晴社員へひばりの独り言 

2008年04月21日

大安吉日の20日、外宮社務所に10時半集合
紺のスーツ姿の私とグレーのワンピース姿の妻が伊勢市駅から参道を歩き
外宮さんの鳥居をくぐった
そこには村上先生が既に着ておられた
伊勢神宮参りは外宮から内宮に向かうのが正式参拝と説明を聞く
関東から来られたYさんとT社常務夫人のSさんの五人で参拝です。

外宮正宮
先生に先導していただき、先ず最初に正宮へ
沢山の人が本殿外で並んでおられたが、先生はその横にある受付に行かれ、手続きをされた。『我々は総理大臣が参られる場所近くに入って、参拝します』『???』
神主さんが出てこられ、お清めの儀式、そして本殿境内の石畳へ案内された。
緊張で、手と足が同じに動いてるかの自分。
豊受大神が鎮座されている社の一つ前の社の前に、白い石が敷かれている。
二拝二拍手一拝の正式参拝
背中に一般参拝者の気配を感じながら、総理大臣と同じ場所に(実際はもっと前の方らしいが)
豊受大神が鎮座されている社には天皇陛下だけが参拝を許されているらしい。皇后様も皇太子様も入れないと聞いた。

伊勢神宮は20年毎に遷宮されるが、平成25年がその年に当たり、62回目。持統天皇以来1200年を超えていることになる。総工費が550億らしい。因みにトヨタさんは1億円のご寄付をされたそうだ。

正宮から神楽殿に移動し、お神楽を受けることに
順番待ちとのことで、通された所が仰天!
なんと貴賓室、外国の要人が通される場所とのこと。大きな神木を囲むように部屋がある。この木から強い『気』が出ているそうです。
巫女さんが入って来られ、抹茶の御もてなしを受けた。

お神楽
神楽殿の中は総檜造りで、雅楽の演奏と巫女さん、男舞の2部そう
全てが本物
こんな体験をさせて貰うとは
村上先生という人は、なんという縁を持っておられるのだろう



昼食には美味しいお蕎麦を頂き、内宮さんへ
時間はもう1時半

今度は各自が諸手続きをと、促され、ペンをとる
会社の分を含めて、申し込んだ


特別参拝
『特別参宮証』なるカードを頂いた。
これが外宮さんと同じ、正宮で中に入って参拝できるものらしい

内宮さんはご存知“天照大神”さまが祭られている
正宮

今度は我々夫婦だけで本殿境内にて二拝二拍手一拝の正式参拝
天照大神がおられる内宮さんは、外宮さんの空気と違う気がした

伊勢神宮は二つの正宮と十四の別宮、摂社、末社、所官社、別宮所官社の合計125の社からなっている。(これは知らなかった)

その一つ荒祭宮に向かう途中に階段がある。
荒祭
先生が『左側を降りてください。決して、真ん中を歩いてはいけない。そこには神の石があります。』と・・・本当にあった。
神の石






こちらでもお神楽を受け、今度は三部そうで怖い仮面をつけて舞われた
お札とご神饌をいただき、帰路に
時間は4時を既に過ぎていた
約6時間も費やしている感覚など、少しもなかった
神参りにハマリそう
こんなに気分が満たせれる時間は、過去に体験がない
帰りの電車で、妻と次回を計画してるのは
正にハマッタ証拠かも

tenhiko1875 at 18:27コメント(0)トラックバック(0)天晴社員へ耳寄り情報 

2008年04月17日

守り神、苦しいときの神頼み、福の神、神がかり等
平気で神様を持ち出しています
考えてみると、失礼な話ですね
神社に参拝するって、初詣くらいが多いのでは

我が社は今宮戎神社に十日戎で参ったり
個人的には石切神社に月参りをしている(代参をお願いする時もあるが・・・)
でも、その殆んどが、一方的にお願いするばかり
都合のいい話だ

先月末に、交通事故に遭遇したことがきっかけで、以前からお世話になっている
気功の村上先生に癒していただいている。
ひょんなことから神様の話を聞くことになった。

先生曰く、『神社に参拝して、あなたの心の標準を定めましょう』『神社(かみのやしろ)は霊性の宿る木々の中に建立されています。本殿は、最も高い気場の芯になっています。』
そういえば、神社に参拝すると気持ちが変わり、何となく癒される自分があるように思う。
更に先生は『平常心を保つことを神社の聖なる光景から学んでください。』と

少し、神様のことを考えてみようと、日曜日にお伊勢さんへ行くことにしました
伊勢神宮のことは『神宮さん』と言うらしい
もう少し詳しくなったら、レポートします



tenhiko1875 at 17:44コメント(0)トラックバック(0)天晴社員へひばりの独り言 

2008年04月15日

4ヶ月ぶりに、新潟へ出張してきました。
三条地区のお客様を数社訪問してきました。
鉄鋼業界の猛烈な値上げ攻勢に、頭を痛めている
「背景は理解しているが、対応策が見えない」が共通した声

M社の社長が面白い話をしてくれた
『内は常に、後出しジャンケン。』
『???』
『世の中からバターが消える報道をテレビで観た。これは酪農業へアタックだと開発部隊に研究させた。今使っている酪農器具を徹底研究し、我が社でより良い物を開発させた。』
『それが後出しジャンケン?』
『樋口さん、分らん? 後出しジャンケンで負ける人はいる?つまり、今より良い物を開発すれば、今の商品に勝てるじゃない。』
さらに、この社長は
『買って下さいと言えば、安くしないといけない。売って下さいの商売を追及することが、開発やね。』
 なるほど、後出しジャンケンは卑怯ではない。立派な戦略です。

『樋口さん!参考になった?』
『いやーエエ勉強させられました。ありがとうございます。』
『この話、会社で使うんやったら、参考書代もらっとくでー』
『もっと、脚色して、良い参考書にして、持ってきます。』
『後出しジャンケンかいな・・・』

tenhiko1875 at 14:34コメント(0)トラックバック(0)天晴社員へお取引先のお話 

2008年04月02日

毎年、年度始めに“決起大会”が行われる
ホテルを予約して、今年は営業、管理、SP合同で行われた。CSセンターは仕事上別の日にセットされる。

会場には横断幕状に『平成20年度蠹敬Щ唆鳩莎大会』の看板が掲げられている。
コンサルタントの長谷川先生、エスアイテクノの清水代表も参加していただき、
総勢26人だった。
事前に色紙が配布され、夫々の誓いを書き記し、意味合いと共に決意を表明する
長谷川先生なかみ東








TIT(タイ現地法人)の小林MDや上海天彦祥の朴副総経理からも届いており
代理で決意表明する。
小林代理竹中出田








事業年度式で長々と(ホンマ長かったわ?)話をするが、この一枚に書き記すのは難しいものです。
考えた挙句『喜びの華を咲かす』センス無い!
皆のを聞いていると、最後に発表するのが辛くなった

社長

皆、よう考えているし、心がこもってる。
これを事務所内に一年間掲示される。






普通、決意表明というと、素面でやるもの
ところが、本部長は『一杯やりながらの方が、本音でやれまっせ!』と
真っ赤な顔をして、壇上で決意表明をしてる水田君なんか見ていると
積極的に、自分を前面に出して話している
まあ、あんまり常識の上で経営する私でもないんで、良いか。

しかし、中期計画の最後の年
是が非でも、目標到達させて欲しいもの
何とか、皆を海外研修旅行に連れて行ってやりたい!

全員
檜木桐田







川野坂口柴田








佐波志野


tenhiko1875 at 11:58コメント(0)トラックバック(0)天晴社員へひばりの独り言 

2008年04月01日

毎年この日(4月1日)は会社の正月と思っている。3月31日には「良い年でありますように」と。

「平成20年度事業年度式並び新入社員入社式を行います。一同起立!」
中居次長の司会で始まった。
先ずは会長のお言葉から
「複雑な経済環境や複雑な政治情勢に、しっかり立ち向かって欲しい・・・」
会長






「続いて、社長のお言葉を・・・」
何時になく緊張する。年度方針や目標を話をしました。
社員も何時になく?聞き耳が立っていて、目標を共有できた気がした。

花壇会場の大会議室から玄関を見ると、今期のキーワード「JUMP133」の文字がベコニアで画かれているではありませんか。委員会の一つスッキリ委員会が造ってくれたようです。新年度のムードがより高まった気がする





今年の新入社員は一人、山下君。
辞令を渡して、新入社員としての決意を話してくれた。

新人実は入社前に、京都の禅寺で研修を受けてもらっている。社会人の心得等、二泊三日でミニ修行を体験してもらう。結構、目からウロコ状態で帰ってくるようです。
その山下君、突然、「ボイスセラピーを行います・・・ファイト!ファイト!ファイト!」と大きな声で・・・この場でやった人は後にも先にも、彼が初めて
役員席含めて社員はビックリ!
元気のいい新人が入ってくれた。体育会系の我が社にはもってこいかも

続いて、昇格者へ辞令授与
5名の昇格者がいたが、目玉は女性が3名いたことです。
“チーフ”という役職名が初めて登場した。(TWS、管理部、営業部から
今期は女性の戦力化を謳っています。
男性と同じ土俵でということでなく、女性の持ち味を生かした昇格制度を作りたかった。
昇格者戦力化と言って、制度の整備をしないのでは、経営者のエゴになってしまう。
オリジナリティーを持たした、今回の昇格は、社員の納得が得られた。
名前を呼ばれた3名の女性は、鳩に豆鉄砲状態の、ポカーンとした顔だったように見えた。これが快感なのです(ちょっと趣味が悪い?)


永年勤続者表彰に
司会している中居次長が20年勤続を受けるので、急遽、大橋君が代役
表彰の挨拶で、また涙・・・直ぐに感極まるのが、この人の良い所かも

全社員経営理念の唱和を終えて、記念撮影。当然、あの花壇の前
新年の初出式と違って、皆の気迫が伝わってくる記念写真だ
正に、天彦産業にとっては、今日が正月なのだ

tenhiko1875 at 14:30コメント(0)トラックバック(0)天晴社員へ 

2008年03月25日

我が社にはTM会というのがある。
「Tomorrow Management」の略で、期末に全社員の投票で3名、社長指名で2名が選出される。選ばれた人は社員の代表として、社員の声を集め、月に1度、社長との意見交換会を持ちます。
経営のあり方、委員会活動のあり方、企業活性化の促進等々幅広い内容で議論します。これらの内容を経営会議にかけ、決済を行います。
ですから、結構重要な役割を背負っています。

一年間の慰労を昨日行った。
一年を振り返る良い機会なのですが、色々な革新があった。
天晴れ運動を軌道に乗せたこと、
社員が持っている資格を引出し、玄関にパネルで掲示したこと、
子供参観日を開いてくれたこと、
天晴れセミナーを充実してくれたこと、
有給休暇を取り易い環境にしてくれたこと、
残業に対する不満を、管理職を巻き込んで解決に動いてくれたこと等々
数え切れないほど実績を上げてくれた。

意見交換会では結構、タイトな議論になって、雰囲気が気まずくなることも
それらこれらが、結構彼らの成長に結びついている。
一年間を終えた充実感からか、この日は結構酔っ払った

また、新たなメンバーと一年間がスタートした
社長にとって、至福の時間が・・・・
ご苦労さん!そして、また頼むよ!

tenhiko1875 at 12:01コメント(0)トラックバック(0)天晴社員へ天晴運動 

2008年03月18日

りホームか新築か、検討していたのは2年前
元の位置に新築と決めて、着工してから延べ8ヶ月
3月17日大安、仮住まい先から引っ越して、夢が実現した

ハウスメーカーか在来工法の工務店かを迷った挙句、会社でお付き合いのある松陽工務店さんにお願いした。
予算の設定から入り、事前の打ち合わせは大変でした。
結論は“施主側、施工側双方に満足する家造り”をやろうでした。

まず、「家風にマッチする設計士さんを」ということで、浅尾先生を紹介して頂いた
大の阪神ファンで、大手ハウスメーカーの設計部長から独立された方。
初めての打ち合わせ
「どんなご家族ですか?好きな食べ物は?趣味は?・・・」
家のつくりの話からは程遠い話だったように思う
1時間ほど話したでしょうか、先生から意外な一言
「大体分りました。次回、イメージ図面を持ってきます。」
えっ!こんな話だけで・・・?

なんと、持って来られた図面は、我々が求めていた家そのものでした。
「固定観念を捨て、施主さんの家風を頭に描き、設計することが、どれだけ喜んでいただけるか、長い経験から培いました。独立した理由の一つです」
この時、設計士さんと我々の距離が一気に縮まったと思います。

本図面が出来、いよいよ着工です(07.7月)
社長、専務、M部長、O部長そして現場監督のKさん立会いで、越木岩神社宮司様のもと地鎮祭が真夏の中行われました。

10月には上棟式と、とんとん拍子に事が運びました。
その席上、工務店の社長の挨拶で
「これからが大変です・・・」と
我々家族はきょとんとしていました。
「こんなに順調に来ているのに?」

当初、完成は12月半ば。それが3月に至ったのが、まさしくでした。
形が具体的になればなるほど、細かい打ち合わせが頻繁に持たれました。
そこは右に、その高さは高く、色は明るめ、もっと大きく等々
進んだり、戻ったり
家族の意見がまとまらない時は中断したり、設計士さんの意見と違ったり
正に、社長の言われた通りの展開が起きていました

生みの苦しみが大きいほど、喜びは大きくなる
それを体験しての3月17日は、工務店さんから我々の手に責任と共に、持ち主が移転した。M部長が
「今日から、この家の管理は全て樋口さんに移ります。万全の体制でお過ごし下さい」の挨拶。
妻から
「8ヶ月の長いお付き合い、完成したのは嬉しいけど、皆さんとお別れするのがもっと寂しい」
この言葉にジーンと来てしまった。正に同感!
色々なことが、走馬灯の如く思い出したからだ。

特に、現場監督のKさんには無理難題を数々言ってきたなー
その度に、拒否せずトライしてくれたことが・・・
上司に叱られたり、ご近所に過分の気遣いをしたり
その度に成長している貴方の姿には感銘さえ覚えました。

窓口として、色々教えてもらったり、設計士さんとの橋渡し役を、いつも丁寧に実直にやっていただいたM部長には感謝感謝です。
的確な指示を現場監督に下ろしていただき、問題解決を早めていただきました。
時には、自宅の写真を参考例に見せてもらったり、親身になってもらっている安心は常にありました。

途中から現場の応援を頂いたO部長
妻の不安をあらゆる角度からの提案で、救ってくれました。
素早い対応で、サンプルを取り寄せてくれたり、問題点をより早く解決してくれたり
とに角、明るく、楽しく接してくれたことで安心をくれていました。

もう一人、Nさん
この人が現場に常駐していただくようになって、家族は頼みごとが気軽に出来るようになりました。世の中に、これほど優しく、人の話に耳を傾けてくれる人は出会ったことがない。
嫌な顔一つしないで、細かいことに、忙しくても対応してくれました。
なにより、現場監督は心強かったと思います。

松陽工務店の考え方は『松陽でやって良かった!と必ず思ってもらえる家造り』らしい。正に、その体験をさせて頂きました。
何より、アフターの信頼を持てることです。

返済の重圧のある、やや背伸びした夢の実現でしたが、勇気と希望をもらったように思います。

最後に、浅尾先生には家具や照明や、フローリングだのと連れまわりましたこと、中心からお詫びを申し上げます。虎キチどうし、今後とも宜しくお願いします。









tenhiko1875 at 13:33コメント(0)トラックバック(0)天晴社員へひばりの独り言 

2008年03月14日

あれから1ヶ月、今日はホワイトデー
我が社は独特の雰囲気になる
なれない奴らが、女性へのお返しを考えるからです
因みに、女子社員は10名、男子は35名

バレンタインデーは女子社員がカンパしあって、全男性社員に渡してくれる
男子社員はそうはいかないよね
10名の女子社員にそれぞれが・・・

ところが、朝から怪メールが流れる
管理職以外の人たちからだ
「ホワイトデーのお返しをされる方、まとめてやりますので参加される方はお知らせ下さい」
メール機能は内緒話に最適(笑)

流石に管理職はそうはいかないよなーN次長、M課長
えーっ!返信入れたの?

私は2週間前からちゃんと用意していましたよ
「社長ありがとうございました」
喜んでくれている姿に、鼻高々

・・・・(妻に感謝しています)・・・

tenhiko1875 at 13:07コメント(0)トラックバック(0)ひばりの独り言天晴社員へ 

2008年03月10日

言うまでもなく結婚25年目は銀婚式
まだまだと思っていたが、3月7日はその日だった
紙婚式、銅婚式・・・銀婚・・・金婚式、ダイヤモンド婚式と段々硬くなっているそうです。銀は独特のサビがあり、夫婦のあり方を考え直す転機を意味するそうです。
なるほど、それまでの結婚記念日より迎え方が違ったように思う。

ホテルで家族でステーキでも、と企画していたが、生憎前夜に妻は風邪をひいたようで、寝込んでしまった。当日、ホテルへはキャンセルを入れた
何か思い出に残そうとしたが、妻から買い物を頼まれた。
なんと!『もつ鍋の用意買ってきて、元気つけたいから』
銀婚式にもつ鍋?
気落ちしたまま夕食の時間になったが、逆に思い出に残ることかも
宅急便が届いた
我が社の本部長からの紅白のワインだった(これは後日頂くことに)
ありがたい部下です。

食事が終わり、娘達が片付けに動き
別の部屋から、何か箱を持ってきてくれた
『銀婚式おめでとう!開けて見て?』
ケーキ2

おいしそうなケーキを用意してくれていました。
いつも以上におおげさに喜ぶ妻は風邪をどこかに追いやったようです。
いい夢を見させてもらいました。

そして週明けの今朝、朝礼時にサプライズ!
『社長、銀婚式おめでとうございます!』と
社員から花束のプレゼントが・・・
「えーッ!もう別れられへんなー」とつまらない落ちを言ってしまいました
一寸ウルウルを、情けない照れ言葉で・・・・

素晴らしい銀婚式を演出してくれた皆、ありがとう

tenhiko1875 at 17:36コメント(1)トラックバック(0)天晴社員へひばりの独り言 
Profile
社員の本音はこちら