2008年12月17日

朝から全社会議「各委員会の喜びの華」をテーマに、発表があった。色々の華が咲いていた。本当にモチベーションが高い!
総評を簡単に切り上げ、新大阪へ
西岡塾の卒塾式(横浜のオンワード研修センター)に出席するため
4時から「ミドル、如何に生くべきか」をテーマに議論があった
驚いたのは、いきなりビールが出された
西岡塾長のやり方らしく、本音トークをするためらしい
効果抜群で、熱い議論があちこちから出ていた
松井証券の社長も参加されていて
「社員は虫けらやと思っている!」と過激発言が出て紛糾・・・
実は、翌日のプレゼンで天彦社員と松井社員はモチベーションが高く、共通点が幾つもあったのには驚かされた
夜中まで議論が続いたが、卒塾生はそれからプレゼンの準備
2時間くらいしか寝ていないと、翌朝聞いた

プレゼン会場はテレビでよく観る、国際会議の50人くらい座れる楕円ドーナツのテーブル。夫々にマイクがあり、パソコンがセットできる凄い会場
審査員も凄いメンバー
西岡塾長、竹内一橋大学院教授、小林一橋客員教授(元ホンダ経営企画室)、松田社長(元みずほ証券副社長)、渡辺社長(東海バネ工業)の5名
プレゼン塾長
塾生は5つのグループに分れ、夫々の卒論テーマをプレゼンした
「大塚製薬UL−OSはポカリのように売れるか?」
「東京海上は・・・」「ケンウッド・・・」
なんと「天彦産業の今後の展開〜社員第一主義と社長は言うが、社員はホンマに感じているのか〜」をテーマにしてくれた
実は、この準備でNECのI君、三菱商事のM君、NTTドコモのK君が我が社に体験入社をしてくれたんです
ジョギング、朝礼、出陣式etcを一通り体験してくれた
馴染みのある大企業ばかりのミドル達が、我が社を取り上げてくれるなんて夢のような話しだったから、プレゼン中ずっと熱い物がこみ上げていた



竹内教授終了証書


プレゼンの表彰式、卒塾修了書の授与式が西岡塾長と竹内教授の仲で行なわれた
達成感一杯の塾生の顔を見ていると、8ヶ月間の充実振りが伝わってくる
手が痛くなるほど拍手を連続した
我が社の威彦君も満足の表情だった



場所を変えて、打ち上げパーティー
塾生が各々感想を述べる
感極まって涙する人、明日からの決意を発表する人等々
塾長や議事録隊の現役学生、運営責任者の松井社長も目を真っ赤にしている
思わず頬につたう物を感じる
この経験を無駄にするなよ!と全員と握手をして廻った
この場所、時を同じくさせてた頂いた事に、心から感謝したい
西岡先生ありがとうございました

tenhiko1875 at 11:09コメント(0)トラックバック(0)天晴社員へ耳寄り情報 

2008年11月29日

中越大地震はまだ記憶に新しいが、その中心、山古志村の近くに蓬平温泉がある。
そこに「和泉屋」さんという温泉旅館がある。
http://www.yomogi-izumiya.com/modules/jishin4/content/index.php?id=1
新潟県三条市にある関係会社「野水鋼鐵店」の主催で、一寸早めの忘年会があった。
前の週に初雪があったらしく、道のあちこちに残雪が見えて、雪国を体験できた。
上記のアドレスを開いてもらうと、震災の凄さが分るが、丁度リニューアルしている最中の出来事だったそうです。よく復興されたと・・・
和泉屋
もともと厳しい土地に建てられているが、復元された
 玄関を入り、チェックイン
ロビーでウキウキしてしまい、財布の入ったバックを椅子に置いたまま部屋に案内され、全く気付かない・・・
暫くして、フロントの男性が
「こちらの部屋で宜しかったでしょうか?」とバックを持ってきてくれた
感激と共に、大きな癒しを得ました
「お客様、こちらお忘れではないでしょうか?」なら、こんな感激はしなかったと思う。忘れたことに、たしなめの気持ちが優先した筈だから
過去に経験のない対応だったし、私の中ではサミットの開かれたWホテルに勝るとも劣らないと思う。
会食の場、お風呂のお茶の接客、売店の接客
どれをとっても、真心の癒し
温泉が震災後、湯質が良くなったと仰っていたが、素晴らしい
やや低めの温度で、つるつるのお湯は最高だった
あれほど悲惨な体験をして、復興されたエネルギーが
本物の真心と癒しのおもてなしになるのかと、改めて感心させられた。
もう一度、是非行きたい、いや必ず行って、家族にも体験させてやりたい。

「和泉屋」さんから少し登った所に「高龍神社」がある
何でも商売の神様と聞く。


高龍神社本殿名刺エレベーター












急勾配の階段は118段で、お年寄りには無理では・・・と思っていると
奥のほうに黄色い扉が・・・なんとエレベーターが見えた
神社にエレベーターは聞いたことがないが、これも震災後に着けたそうだ
大震災は「人として・・・どうか?」を教えるのだろうか
上りは階段で上がって、本殿に
提灯や飾り物が一杯あったが、それのあちこちに名刺が貼り付けてあった
お賽銭を入れて、商売繁盛を祈願
後方から、オジサンがきて「この神社は蛇をお守りしている龍神さまです。震災で神木に亀裂が入り、その蛇が出てきました。」とご神木を見ると、なんと蛇が撒きついたように見える。さらに話しが続き「こちらのポスターはプロにお願いしたんです。出来上がった写真を見て、プロが驚きました。本殿横にウロコ模様が映っていると」
ポスター
よーく見ると確かにウロコ模様がある。
心霊写真でなく、神霊写真ではないか



tenhiko1875 at 14:31コメント(1)トラックバック(0)天晴社員へひばりの独り言 

2008年11月17日

新聞屋さんのおまけで、奥方に誘われて、過去何度か新歌舞伎座に足を運んだが、来年4月の公演を最後に、上本町へ移転することになった。難波のシンボルがまた一つ消える。
道頓堀の“くいだおれ”が無くなったり、宗右衛門町が風俗の通りになったり、どうも大阪という町がおかしい。
まあボヤキはここまでとして
新歌舞伎座正面場内
過去、観劇した時の座長さんは
五木ひろし、中條きよし、石川さゆり、天童よしみ、杉良太郎、最もハマッタ梅沢登美男等、結構行きました。
夫婦のコミニケーションを良くする手段としては最適だったような気がする。






そして、今回は松井誠の舞台。
ドサ廻りから、新歌舞伎座まで上り詰めたのは、梅沢と同じだし、女形を売りにしているのも同じ。しかし、松井誠のそれはモノが違う!
博多人形そのものだ。
松井誠


話しは変わるが、お客さんの層が総じて高齢者で、農協さんの団体みたいのが多い。それはそれで良い・・・楽しみにしているのだから・・・
ただ・・・
いよいよクライマックスという所で、お菓子の袋をバリバリ
隣のオバちゃんと世間話
ヒット曲を一緒に歌う(ズレズレで・・・)
芝居に入って『なんで、あんな嘘つくんや!誠ちゃん嘘やデー!』と叫ぶ
その間が、全て外れてしまう
観劇に風物詩と言えばそうだけれど

芝居は人情話が多いが、高齢者用に演目を設定しているのだろうか?
そうとも思えない
日本の文化を伝承しているのではないだろうか?
20年前から観劇しているが、面白い
何とか若者に見て欲しい
きっと、人生観が変わるし、志を新たにしてくれる
どうか、新しく生まれ変わる新歌舞伎座は
そんなコンセプトも持ち合わせて欲しい


tenhiko1875 at 17:36コメント(0)トラックバック(0)天晴社員へひばりの独り言 

2008年11月11日

政情が安定しないタイですが、行ってきました。
現地法人『TIT』のスタッフに元気を与えることが目的です。
結果は逆に、元気をもらってきました。

進出企業の殆んどは、主力ユーザーの進出に合わせて現地化しているのですが、我が社は全く白紙の状態で3年前から出ています。
しがらみがない分自由に動けると、楽観視していました。
ところが、現実はそんな甘くなく
派遣した小林君の苦労が始まりました。
日系企業は流通が決まっており、ローカルへ接近
ところが、タイ語が出来ないと親密になれない
彼は自費で家庭教師を入れ、毎日のように勉強をしてくれた
3年目にして60%強話せるようになっている
商社のA氏に聞くと、考えられないスピードとのこと
頭が下がる

そして、見つけたローカルユーザー『DDC』と大きな取引関係にある
今回の主要目的は当社との今後の戦略を構築することだった
社長は38歳のKomdej 4人兄弟の3番目
小林MDとは深い信頼関係で結ばれている
実はお父さんが、4人の兄弟に夫々会社を作って継承しているのです

コムデの両親と
この日偶然、ご両親(中国人二世)が彼の会社に来ていた
大金持ちらしいが、見た限り普通のオジサン
「タイ語は?中国語は?」と話しかけられたが
「世界共通語!」とボディーランゲッジ
一気に親近感を持ってくれたようで
小林MDの通訳で話が弾んだ

Komdej社長は無理難題を(損して得取る)考え方で解決してくれた
『天彦とは長い付き合いを希望する。現状のロスはお互い様、気にしなくて良い』
ジーンと来た
今回の出張目的を果たすことが出来た

昼食では弟のPeerapat と合流し、昼食・タイフーズ
兄弟と昼食
二人とも海外留学していたので、英語力抜群!
小林MDには全幅の信頼を寄せてくれているのが
端々に聞こえる単語から知りえる

苦労して開拓してくれたローカル企業
今では数社に上る
日系企業も彼の提案セールスを認めてくれて
次第に大きな取引関係となっている
100年に一度の世界恐慌と言われる今
光明を見つけて、帰国できたことに感謝したい

tenhiko1875 at 14:58コメント(0)トラックバック(0)天晴社員へお取引先のお話 

2008年10月29日

10月5日の放送されたNHK『ルソンの壷』東海バネ工業編の打ち上げ会があった。渡辺社長ご夫妻から「樋口ちゃんもおいで」とお誘いを受けた。
メインコメンテーターの名越先生、藤井アナ、安藤ディレクター、熊谷奈美ちゃん、坂本カメラマン、湊スタッフが来られた。
夫々の人たちの話が凄く面白く、番組の舞台裏は戦いのようです。
熊谷・藤井と







☆坂本カメラマン(67)職人一筋
なんと言っても、この方の話しが最高だった。
三沢vs松山商の延長18回を担当した。語れば長くなるので、機会があれば後日にと・・・。
カメラマンは副調整室とディレクターとの戦い。赤ランプがつけば自分の絵が採用される。これは!と思っても採用しない(どれを採用したのかその場で見れる)時は口惜しい。
昇級、昇格の話しは何回もあったが、都度断った。一カメラマンで生きたかったから。
『後進へ伝承をしないのか?』と聞くと、人の背中を見て育つのが一番良いのや!
これには理由があった。坂本さんは満州生れ、5歳の時引き揚げ船で帰って来た。兄弟は弟が一人。
なんと!その年、目の前で母親が地元の人に殺された。父は悲しみを見せず、我々に強さを背中で見せた。この話中、目頭が潤んでいた。
後輩のカメラマンはマニアル族で、平均人類、だから良い絵が撮れない!これらは縦社会の崩壊が悪い。また、つまらないディレクターの仕事はしない。まあ、こんなヤツでも使おうとするNHK大阪は捨てたもんじゃない。何でも東京、東京じゃあかん!
東海バネの撮影中、職人を語る渡辺社長の表情を撮っている時、涙で画面がよく見えなかった。
スタジオへ観に来て下さい。次ぎは樋口さん撮ろうか!と落ちまで付けてくださいました。


tenhiko1875 at 17:28コメント(0)トラックバック(0)天晴社員へひばりの独り言 

2008年10月20日

数ヶ月前に『NPO法人 日本教育開発協会』から、東海バネ工業の渡辺社長の紹介と言うことで取材に来られました。すっかり忘れていましたが、記事が出来たと送られていました。
今回は、中学、高校、大学へと配布されるようです。
以下、記事の紹介です。

株式会社天彦産業 (社長)  樋口 友夫 さん
メッセージ「何が自分の幸せを決めるか 考えてみよう」
いい学校、いい会社にいくことで、その人の幸せは決まりません。
勉強という一つのモノサシで、勝手に順番をつけられて落ち込むより
自分が本当に好きなこと、得意なことを見つけて、それを自分の幸せや
周りの人の幸せにつなげることを考えるほうが幸せになれると思います。



〜3つのハッピー〜
私たちの会社では「3H」というのも大切にしようと言っています。「3H」とは何かというと、「3つのHappy(ハッピー、幸せ)」という意味です。   1つ目は「自分の幸せ」、2つ目が「家族の幸せ」、そして3つ目が「会社の幸せ」で、この順番にも意味があります。
多くの人は「会社の幸を一番大切にしよう。」と言いますよね。会社の面接でも、「この会社のために」という人は多いですが、心からそう思っているかというと、違うのではないかと思うんです。

〜自分や家族を大切にするからがんばれる〜
そんなに大きくない会社で、形だけのことを言っていてもしかたないですし、まずは「自分が幸せだ」と感じられるような場所になればその場所を大切にできるのではないかと思うんですね。
そして、その次に家を大切にして、仕事がしっかりできるようになり、そうしてようやく会社が良くなっていくのではないでしょうか。
あるとき、「来週が子どもの入学式なので、休みが取れないでしょうか?」という社員がいたのですが、そのとき別の社員が「平日なんやから休めるわけがないやろ。」と、いっていたんですね。そのときに「自分の会社は一生に一度しかない入学式にも行かせてあげられない会社なのか」と思ったんです。
今では、入学式や授業参観などの行事は全部行ってもらっています。自分たちが子どものころも、親がきてくれたらうれしかったですからね。そうして社員やその家族が幸せになって、ようやく、会社のことに力をあわせて頑張れるんじゃないかと思います。
 〜自分に自信がなかった〜
私は6人兄弟の末っ子で、兄や姉はみんな勉強でトップを取っていたのですが、私は全然勉強ができなかったんです。それで小さいころからずっと自分に自信を持てずにいました。
ただ、昔から遠足のバスの中でモノマネをしたり、人前で何かをするのは得意でした。働くようになってから、たまたまお客さんが集まっている中で芸をすることになったのですが、そのときお客さんにととても喜んでもらったんです。そのときからなのかは分かりませんが、自分の得意なことを生かすということに、今では自信を持てるようになりました。

〜幸せに働くことが始まり〜
私の会社で働いてもらう人も、勉強ができなくても何か得意なことを持っていてくれたらいいと思っています。今の社会では、テストや受験など、勉強ができるかできないかでその人を判断してしまうことが多いと思います。でも、自分の得意なことも分からないのに、勉強だけを見られて「負けた」と思ってしまう。それでは自分を好きになれないし、もったいないんじゃないかと思うんです。
会社も同じで、まずは「ここなら幸せに働くことができる」と思えるかどうかが大切です。そうしたらお客さんのことも大切にできると思います。
だから、この会社では、自分の得意なことも大切にしながら幸せに働いてもらって、「おまえのところいいな。」、「変わってるけどうらやましい。」と言われるくらい、生き生きと働いてもらいたいんです。そしてそれが家族や周りにいる人に伝わっていくことで、少しでも社会がよくなってきたら、と思っています。
【NPO法人 日本教育開発協会】


tenhiko1875 at 13:16コメント(0)トラックバック(0)耳寄り情報 

2008年10月07日

10月3〜5日、二泊三日で第2回管理者合宿を琵琶湖・近江舞子ピアス化粧品の研修施設を借りて行ないました。2月は雪の湖畔でしたが、今回は中秋の湖畔での合宿でした。今回もお世話になっているコンサルタント長谷川先生にもお願いしました。
天彦タイ(TIT)のMD小林君も帰国して、総勢16名の合宿。

夜、8時のオリエンテーションからスタート
今回の目的は「強い管理職になる」で、期末には「俺達の手で皆を海外に連れて行くんだ!」をキーワード
各部署別にパワーポイントを使って、プレゼン
??????????
強弱、重軽、濃淡と様々なプレゼンだったが、質問は厳しい内容が飛び交った。





合宿中の七つの掟
* 発言無きもの去れ
* 批判は禁止、自分や相手の為になると信じて意見を言え
* 評価できるものは、素直に反応せよ
* 苦しむことを避けるな!解決するための合宿にせよ
* 評論は一切認めるな
* 具体論以外は認めるな
* スカッとして帰宅せよ
を事前に共通の認識としていたから、目の色は変わっていた

分科会を終えて、初日の終了は日付が変わって3時半
翌日は6時起床なので、殆んどの人は2時間以下の睡眠

???ν?????????
醇d??







琵琶湖から登る日の出を見ながらの体操、ウォーキングそして朝食
昨夜の激論で、眠さより、興奮状態にあるのが、朝食時のみんなの顔から分った
7時30分
2日目がスタートした
分刻みのスケジュールが次々にこなされてゆく
進行の責任者は、下期から総務のリーダーになった上田課長
終了時には皆から絶賛を受けた程、見事にこなしてくれた

午後7時半、野外にて打ち上げバーベキュー
やっぱりここでも西谷課長の出番
????夲
本部長にいらわれる松本課長、定番の行事だ
肌寒く、最初は盛り上がりに欠けたが
『すべらない話』大会に入ると、がらりと雰囲気が変わる
長谷川先生が滑りまくる、樋口次長が噛みまくる、谷係長も滑る
そんな中、松本課長の下ネタで犠牲になった新宮課長や小林MDの話で盛り上がる
合宿のストレスを一気に発散しているのか、覚醒状態なのか、異様な盛り上がり

翌朝の解散式でのみんなの顔を見ていると、確かな手ごたえを感じた
『ほんまに天彦が好きなんや』
目からウロコを一杯落としてくれた
別のウロコが着かん間に、実行してくれると信じたい

多分、2,3日後に疲れが出る筈・・・頼むよ!


tenhiko1875 at 13:39コメント(0)トラックバック(0)天晴社員へ天晴運動 

2008年09月30日

経営方針に『3Hを高めよう』がある
3Hとは
 One's own Happiness(自らの幸福)
◆Family Happiness(家族の幸福)
、Company Happiness(会社の幸福)
の三つの幸福を高めようと掲げている。「´△高まれば、会社は比例して良くなる」が自論です。
その一環で、子供参観日から枠を拡げて、天晴れカーニバル(家族懇談会)を社員代表(TM会)中心に開催してくれた。

午前11時から大会議室で、どんな考え方で、業況はどうか等、私からと委員会の委員長達がパワーポイントで説明した。
123年、130年と海外(ハワイ、ケアンズ)に家族と共に行って以来ない
今期は是非、実現したい
『ご家族の協力無しに、出来ません。お願いしておきます』
と、一部を〆て、全員で写真撮影

プレゼン全員







さて、二部はCSセンター内でバーベキュー、くじ引き、ゲーム、屋台と、子供達が喜びそうなイベントが用意されていた。こんなことをやらすと天下一品の会社や!
CS全体バーベキュー
いつも、鉄板の前にいる西谷君はピンクのエプロン姿
夜店の姉チャン風の川野くんと桐ちゃんはミルク煎餅が当たるゲームの屋台
カードを引いてアイスの数が決まる屋台には、竹中くんや佐波ちゃん
ストラックアウトのゲームには金君が

笑顔の顔 顔 顔 これぞ天晴れカーニバル
どんどん家族と会社の距離が近づく・・・
先の子供参観日で読売テレビに出た谷君家族は、我が社のスター
麻井ちゃんと一緒に乾杯の音頭でカンパーイ!
谷家水田家



テレビに脇役で出演の優也君の水田一家も全員来てくれた
奥さんから『天彦産業に働くようになって、主人の顔が明るく、優しくなった。』
何よりも嬉しいご馳走だった。
第一回の家族懇談会だったが、私はどうやら癖になりそうです
来年は、もっと沢山でやりたい

tenhiko1875 at 11:09コメント(0)トラックバック(0)天晴社員へ天晴運動 

2008年09月16日

9月14,15日に拘っていた岸和田だんじり祭りが、今年から土曜、日曜に改定された。なんでも、人手が減ると商店の売上にダメージがあるとの理由。
2日間以外に、試験引きの日が2日あるが、露天も出るし、実質4日間の祭りと言っても良いかも。
お城
岸和田藩主と領民が、岸和田城内三の丸稲荷神社に五穀豊穣を祈願した稲荷祭が起源らしい。
妻の実家がちょうどお城の裏側で、26年間毎年、この祭りを観ている。
他の祭りに類を見ない勇壮な祭りということだけでなく、市単位、町単位でしっかりとした縦社会を形成している。日本の伝統的良さを何とか残してくれている。
年々見物客が増加しているが、比例してこの国の縦社会が崩壊しつつあるのかもしれない。あの国技の大相撲すら、あの醜態だし。

この祭りには、幾つかの見学スポットがある。通は競って、その場所に行く。S字カーブ、小藤、カンカン場等々。
その一つカンカン場は、やり回し(90度に回転する)のメッカ。引き手も、ここで腕を競うのである。
そのカンカン場に、数年前から観覧席が造られた。S席とA席で500人位収容できる。チケットぴあで7月から売り出すが、即日売り切れる時間帯がある。
かんかん1かんかん2かんかん4












めったに手にすることが出来ない14日の15:30〜17:00のチケットを、お付き合いさせて頂いているメーカーから貰った。
家族で観覧出来て、大感激でした。
2日間のやり回しの総決算が、この時間帯で、最後の力を出し切って、悔いの無い祭りにしようと、スピード、角度、華麗さを競います。
他の時間帯では、絶対に体験できない迫力を味わえます。
4トンの地車が、凄いスピードで90度に回転
グラグラ傾く地車、電信柱にぶつかる地車、観覧席に向かってくる地車
スピードがあって、華麗にやり回しを成功しないと、観客席から拍手が起きない。
観るほうも目が肥えている。
引き手、観客の成功のレベルは一致しているから凄い!
勇壮から爽快に変わるのである。

終盤になると、地車と救急車の出動回数が同じ位になってくる。

かんかん3
200人以上で引く地車、前デコ(舵取り)と後デコ(30人位で方向を変える)が大工方の合図で、右左に振る。必ずと言っていいほど、何人か振り飛ばされる。地面や、側壁、柱に激突して・・・救急車となる。
何年かに1人は死者が出る。
「だんじりで死んだら本望や」と引き手たちは言う
「わしらの正月はだんじり祭りや!」とも
この町にノスタルジーの無い私には、理解し得ない言葉だが
魅せられるものは、確かにある

急坂を滑り落ちる御柱の祭りとだんじり祭り位かも知れない
死者が出ても、続けられる祭りは
強固な結束の縦社会
この国の若者が、生き甲斐、遣り甲斐を取り戻すには
縦社会を復活させることじゃないかと
岸和田だんじり祭りは教えてくれている

tenhiko1875 at 16:22コメント(0)トラックバック(0)天晴社員へひばりの独り言 

2008年09月11日

元インテルジャパン会長、世界の西岡郁夫先生が塾長として開講されている『丸の内“西岡塾”http://www.nishiokajuku.com/』が、我が社を視察に来られた。
明日の日本を支える人材を養成するとして開講されて、今年で7期を迎えられている。期間は5月〜12月の8ヶ月(毎週金曜日)東京駅前の丸ビルで行なわれている。
何で天彦に?
実は、東海バネ工業の渡辺社長と西岡先生が懇意にされており、渡辺社長から紹介をしていただき、昨年には“天晴れセミナー”講師として、社員向けに話しをしていただきました。非情に気さくなお方で、お付き合いしていただいておりました。
今回は東海バネさんに材料を供給している、ユニークな会社として視察の運びとなりました。
塾生のリストを見ますと、大手企業のミドルがずらっと並んでいました。その中に、甥っ子で我が社の取締役次長を参加させていただいています。

事前準備は社員に任せました。
緊張と期待の中で、1ヶ月を経てパワーポイントを作ってくれましたが、中々の出来だったと思っています。
委員会塾生社長







ビックリしたのは、議事録隊として、現役の学生が含まれていたことです。東大、慶応大、中央大の3名。
昼食を含めて、2時間のスケジュールでしたが、あっという間に過ぎました。
我が社の特徴である委員会活動を中心に、経営方針を披露しましたが、塾長、塾生の鋭い質問に、私を含め、社員達もたじたじでした。
でも、貴重な経験に社員共々感謝に耐えません。
なにしろ、世界の西岡先生が率いる“西岡塾”が我が社の視察なぞ夢見たいな話が、実現したのですから。
この後、一行は東海バネ工業に移動され、夜は宿泊のホテルで懇親会。社員数名と合流し、ワイワイガヤガヤやりました。
ここでも塾生の鋭い質問に、お酒どころではなくなりましたが・・・

突然!西岡先生が「本日のメインイメント樋口さんに美空ひばりをお願いします」
えーっ!カラオケ設備も無いのに?
勿論、この偉大な先生に盾突くことなど出来るはずも無く一席
見事、失敗!
改めて、私の芸はお酒の力を借りた上だと認識した次第です。

しかし、貴重な貴重な、充実した、夢見たいな一日を過ごせました。感謝
集合
(写真はクリックすると大きくなります)

tenhiko1875 at 12:12コメント(0)トラックバック(0)天晴社員へ耳寄り情報 
Profile

tenhiko1875

社員の本音はこちら
過去ログ