2017年04月27日

関西では流れなかったようですが
テレビで坂本先生がわが社の事を話されていたそうです

内容は常に仰っていることで
『経営は5人の使者を大切にすること』
1.社員とその家族
2.仕入れ先、外注先の社員とその家族
3.顧客
4.地域社会
5.株主

坂本先生 009坂本先生 010坂本先生 011坂本先生 012坂本先生 013




























有り難い限りです

最近では【5方良しの経営】とも説かれています

1.良い会社
2.良い仕事
3.良い仲間
4.良い上司
5.良い家庭

tenhiko1875 at 17:00コメント(0)トラックバック(0)耳寄り情報 

2017年04月07日

1875年創業の我が社
滋賀の甲賀の牛飼という田舎で創業
《前挽き鋸》を製造していました
素材は島根の安来から玉鋼を仕入れ
それをフイゴで熱して叩いて伸ばしていました(鍛造)
板にしたら刃を付けて、焼き入れ
背の所をしっかりさせる様に叩きます
硫酸で酸洗をして、砥石で研磨します
ざっとこんな工程で出来上がりです

その前挽き鋸がNETオークションで出ていたそうです
親しいN物産の部長が落札したとの連絡がありました
昨日現物を持参してくれました
P1180553
過去の経営危機の時に
すべて処分をしてしまい1枚も手元にありませんでした
創業123年記念冊子を作る際、様々なルートに手を廻し
10枚10万円で購入した前挽き鋸
たった1枚天彦銘がありました
それとは比較にならないほど今回の物はきれいに保存されていた
北海道の開拓に使われたものと思われます

何よりうれしいのは部外者が気に留めていてくれたことです
P1180549
















実は5月6日に封切りさせる映画【たたら侍】
この玉鋼がテーマになっています
業界が協賛していますが前評判は高いそうです
谷野社長、村上先生 006


tenhiko1875 at 16:47コメント(0)トラックバック(0)耳寄り情報 

2017年04月06日

今年も3人の新入社員が入りました
平成29年度事業年度式・入社式
冒頭サプライズがP1180491だれも予想しなかった
期末賞与(やり甲斐賞与)を渡すことに
一瞬ざわつきました
前期は社員の決めた目標には未達でしたが
経営必要利益はクリアしています
ルール的には研修旅行の見送りと
決算賞与は見送りでした


しかし
周辺環境が厳しくなっている中だから
『乗り越えるエネルーギー資源を創ろう』
役員一致で決めました

続いて”だるまの開眼式”
P1180492年度初めに片目を入れて
経営必要利益目標クリアすれば
もう片目に目を入れることにしています
P1180495
いよいよ
事業年度式へ
改めて
新年度方針を伝えた
『価値の追求』
社員を信じたい!

新入社員へ辞令を交付
相思相愛で入社してくれた3人
我が社の風土にピッタリの彼や彼女たちです
P1180502P1180504P1180505








緊張感が伝わってくる
実は入社前研修を
2泊3日京都の禅寺で受けています
学生時代には考えられない座禅とかやってきます
社会人への覚悟のようなものを教えられます
これがすんなり入社できる自分になります



昇格者の辞令交付と
永年勤続表彰をして、式は終わりました
恒例の記念撮影
花壇をリニューアル
その前で全員、新入社員、昇格者、永年勤続者と記念写真
P1180535P1180538P1180540

tenhiko1875 at 13:58コメント(0)トラックバック(0)天晴社員へ 

2017年03月29日

昨日(3/28)入院していた病院でMRIと診察を受けました
主治医から
『頭の中は全て正常になりました。後遺症が残っていた左目も動体視力が完治しています。』
お墨付きを頂きました
次回は半年後のチェックです

会社も来週から新年度がスタートします
キリの良いタイミングで完治診断をもらいました

主治医先生には心から感謝したい
正に命の恩人です

皆様には大変ご心配をおかけし、復帰へのパワーを送って頂き感謝の気持ちで一杯で
本当にありがとうございました

先週の3/21にありました”日本でいちばん大切にしたい会社大賞”表彰式で中締めをさせてもらい
皆さんの前でV字万歳三唱をしました
まさに完治への万歳でもありました
全社会議・経営学会 024全社会議・経営学会 032

tenhiko1875 at 15:13コメント(0)トラックバック(0)ひばりの独り言 

2017年03月03日

いきなりフォトコンテストが発表された
水面下で何かやっているなとは薄々感じてたんですが
昨日発表されました
フォト・ササオカ 014フォト・ササオカ 016フォト・ササオカ 015



















トキメキ委員会が水面下で
社員の幼いころの写真を集めていたそうです
いきなり貼り出され
さて誰でしょう?という質問です
「本当に我が社の社員ばかり?」
『これは男?女?』

白黒写真は年齢〇〇歳以上と
分からない

超難しい
全問正解はありえない

発表が持ちどおしい

tenhiko1875 at 17:34コメント(0)トラックバック(0)天晴運動 

2017年02月24日

12月の手術で本来なら1月に開催するお祝いの会が
2月23日になりました
天彦賞の濱田君はタイへ出向中で参加出来ません
成長賞の竹中さん、檜木さん
特別賞の水田君
新人賞は同数で永山さんと榊原さん
女性が4名、男性1名の対象者で毎年恒例のお祝いの会を持ちました
会場はいつもの ル・クロ本店

受賞者お祝い 004
シャンパンで乾杯スタート
田中シェフのおいしい料理が出てくる
私の快気祝いも兼ねてとの趣旨にありがたい限り
受賞者の顔も凄く明るく
話も弾む
新人賞の二人も完全に天彦イズムに浸っている
良い空気感で進んでいる



トイレから席に戻るとサプライズが
受賞者お祝い 011新人の榊原さんが
「社長・快気祝いです いつもありがとうございます」
手紙らしきものが入っている袋を渡された
英語で書いてある・・・何なんだろう?
「何かわかりませんか?」
『・・・・・・・・・?』
「枕です 頭に合わせてオリジナル枕が出来るのです」
「手術されたので、良い枕が有ればゆっくお眠りになれるかと思って・・・」
『すごく嬉しい!枕の事考えていたところやった』
涙腺に変化があるのを感じながら
ウルウル・・・・・・

「お祝いの鯛です!」っと出てきた
受賞者お祝い 009
一気に盛り上がりました
素晴らしい田中シェフのサプライズ
クリームソースが絡んで抜群に美味しい
最後にあのデザートが
受賞者お祝い 007













6:30スタートで気がついたら10:00
こんな素晴らしい仲間との時間
あっという間の3時間半
充実しました
ありがとう



tenhiko1875 at 16:30コメント(0)トラックバック(0)天晴社員へ 

2017年02月14日

今年に入って益々女性活躍推進やダイバーシティの問題が大きく取り上げられている
弊社への見学や講演依頼も増えています
果たしてその焦点は何なのでしょうか?
月刊誌「潮」3月号に坂本光司先生が弊社の事を掲載して頂きました
u201703_1[1]徳島・江津 041









掲載された内容はわが社のほぼ全てを捉えてくれています


厚生労働省がくるみんマークを
経済産業省がダイバーシティのマークを
共通している点は家庭と企業の両立支援です
どちらも頂き、ありがたいことですが、
わが社が目立っていることが素直に喜べないものがあります
社員が幸せになることをテーマにやれば普通に進む方向が見えます

我が社の拘りに有給消化の促進があります
そもそも有給休暇の意味は何でしょう?
厚生労働省のHPには下記の事が書いています
「年次有給休暇とは、一定期間勤続した労働者に対して、心身の疲労を回復しゆとりある生活を保障するために付与される休暇のことで、「有給」で休むことができる、すなわち取得しても賃金が減額されない休暇のことです。 」
この中に記されているゆとりある生活を保障するために付与されるここに注目しなければならないと思います。
私は社員に『有給は病気で取らないで、元気に休もう。そして家族に喜んでもらおう』と言っています
休暇制度の中で特異なのは
7月〜9月の間で2日取れるリフレッシュ休暇
年度初めに10日の休みを申請するメモリアル休暇
子供の学校の行事(入学式、卒業式、学級参観、運動会等々)は全員休むようにしています
また、元気で休む為に
35歳以上は人間ドックを受けます 35歳以下は生活習慣病を毎年受けます
更にお守りの意味で全社員にガン保険をかけています

福利厚生の充実もダイバーシティで大切なテーマと認識しています

企業は永続が重要で、業績ありきではないと思います


tenhiko1875 at 17:44コメント(0)トラックバック(0)ひばりの独り言 

2017年01月31日

西宮戎で一番福の福男がわが社に来た!
1月30日8:30朝礼開始後数分して
突然ドアが開き黄色い法被姿の男性が福の字の額を抱えて入ってきた
何時ものように朝礼をしている最中の出来事
本来の朝礼はすっ飛んでしまった感じ
大サプライズ!
(実は仕組んだ張本人は私)
『みなさん!今年の福男が福をまき散らしに来てくれました^0^』
『存分に福をもらってくださーい!』
スマホのシャッターがあちこちで
やっとみんなが何が起きているのかを察知したよう
P1180429








石切・福男 024福男の鈴木隆司君(専修大学)
「みなさん、この度福男になりました鈴木です よろしくお願いします」
パイロットを目指している彼
中々の好青年
神奈川出身の彼はテレビ等で知り、一度出てみようと夜行バスで西宮入り
1月10日午前0時のくじ引きで5番を引き
見事、一番福をゲットしたらしい
手に持っている福の字は村上画伯が毎年書いて贈られる

厳しい環境が予想される今年、この福男にあやかりたい
P1180441
P1180430P1180431P1180432P1180433P1180434P1180435

tenhiko1875 at 14:13コメント(0)トラックバック(0)耳寄り情報天晴運動 

2017年01月19日

入院中に自分の人生を振り返ることが出来て、本当に徳を得た気がします。
生かされている自分を知り、沢山の人達に心の会話をさせて頂いている自分は幸せ者です。
最も影響を受けているお袋の事も振り返りました。大きな不良債権で一転して生活苦に陥った我が家が、このお袋の天然さに助けられました。
食べる物に困ってた我が家なのに、笑いの絶えない毎日だった。
兎に角、世のため、人のため。他人のせいににしないお袋。
私に教えた2つ、「罪を憎んで人を憎まず」「騙されるのは一時の苦しみ、騙すのは一生の苦しみ」忘れたことがない。
15年前お袋がお風呂で急死した。日頃からぽっくり死にたいと言っていたが、本当にそうなった。88歳。
そのお通やを思い出した。
和歌をこよなく愛していたお袋、お通やに兄姉達と皆んなが作ってみようとやり出し、とうとう夜明けまでやり続けることに。改めてお袋の上手さを知った時でした。
その後、偲ぶ歌集としてお袋の和歌の最後に我々兄弟の作も載せました。

お袋の辞世の句
「八十八まで生かされたりし吾が命
神に謝しつつ豆を数へん」

因みに私の句
「出棺のその時までにとめぐらせつ
ただ「おおきに」になにも悔いなし」

お恥ずかしい(^。^)お袋 004

tenhiko1875 at 12:55コメント(0)トラックバック(0)ひばりの独り言 

2017年01月11日

17年末年始 163あけましておめでとうございます
今年もよろしくお願いします

昨年末は67年の人生を大きく変えた出来事がありました
生死の境を越える大手術(開頭手術)を受けました
幸い名医に出会い、無事成功しました
2万人に1人という奇形血管を焼き切ったそうです
16日間の入院生活で12月30日に退院しました
人生を振り返る貴重な時間を過ごしました






新年を迎え、生かせてもらったお礼に伊勢神宮に参拝しました
17年末年始 24217年末年始 246
今回の参拝は一味も二味も違いました
パワースポットで気を頭に受けました






1月5日初出式です
冒頭の新年の所感を話している内に涙がこみ上げてきました
『こんな素晴らしい社員とお互い様経営出来ている』と
社員第一主義は正しかったと実感しました
P1180325P1180327

恒例の年間賞を表彰
天彦賞:濱田君
成長賞:檜木さん、竹中さん
特別賞:水田君

新人賞:永山さん、榊原さん
(10年ぶりの新人賞2名です)













そして1月10日 十日戎で今宮神社へ営業中心にお参り
本殿でご祈祷してもらいました
今年収めたお賽銭小切手は
5029円・・・幸福
1015円・・・天彦
過去我が社の小切手がニュースに流れたことが有りました
提灯も奉納させて頂きました
ご利益よろしくお願いします
ルイボス 002ルイボス 001





tenhiko1875 at 13:47コメント(0)トラックバック(0)ひばりの独り言 
Profile
社員の本音はこちら